高度10,000mの上空を「しあわせでハイジャック」した、彼氏渾身のサプライズプロポーズ

フラッシュモブをはじめ、多くの協力者を巻き込んでのサプライジングなプロポーズはよく聞く話。けれど、これはちょっと考えつかなかった。航空会社が全面協力した、おそらく史上“最高”のサプライズ。これはたまらないっ!

「アテンションプリーズ!」
プロポーズ大作戦テイクオフ

Movie by WARDA NETWORK

ウィーン在住のユルゲンさん(のちの新郎)は、密かに抱いていた「空の上でのプロポーズ」を実行するため、オーストリア航空へ直談判。これが通っちゃう、というのが日本人からすれば、うらやましい限りです。

周到に練った計画通り、ナタリーさん(のちの新婦)はこの日、同僚とビジネストリップという名目でオーストリア航空に乗り込みました。じつは、ここまでにも離陸前いくつかサプライズが仕掛けられているんですが、その様子は上の動画でゆっくりあとからチェックを。

さて、当然ですが機内はほぼ仕掛け人。ユルゲンさんを含め、両家の家族は用意されたタラップを使って機体後部へ。もちろんオーストリア航空側も全面協力で、一世一代のサプライズをサポートしています。

そして、飛行機は大空へ。やがて機内アナウンスが。「今日は特別なフライトです。どうぞみなさま、最後まで空の旅を“愛情たっぷりに”お楽しみ下さい」。

すると、ナタリーさんの前列に座っていた搭乗客が突然アカペラでブルーノ・マーズ『Marry You』を歌い始めました。ただごとならぬ状況に怪訝そうな彼女の表情を隠しカメラが捉えます。同時に、タキシードに正装したユルゲンさんが、ゆっくりと彼女の座る席へと移動を始めました。

地上10,500メートル
「Will You Marry Me?」

4b2a7c3e6954eafff7d25edf08fd35d3dc36e7e7
Photo by FELIPE KOLM / WARDA NETWORK
784dc3d379a9269d4d1851b927a98b95eba970aa
Photo by FELIPE KOLM / WARDA NETWORK

「計りきれないくらい君のことを愛している。ボクと結婚してくれるかい?」。もちろん、答えは「Yes!」。この瞬間、満席の乗客たちから割れんばかりの拍手が。オーストリア航空が全面協力した、ユルゲンさん(新郎)渾身のサプライズは大成功。二人におめでとう!

さて、これで終わりじゃないのがこの物語。ここから怒涛のウェディングセレモニーへと突入していきます。

お色直しはギャレーの中で
わずか15分のドタバタ劇も◎

A1e91d0d073594d2737260e7843b05c07a001728
Photo by FELIPE KOLM / WARDA NETWORK
54050ff0d6aeaf30eec58b7bfbcad07a9d94a476
Photo by FELIPE KOLM / WARDA NETWORK

用意したウェディングドレスを、密かに機内に持ち込んでいた新郎。けれど、ここは飛行機の中。満足に着替えをできる場所なんてありません。機内食や飲み物を準備する「ギャレー」をパウダールームに急ごしらえし、ナタリーさんの着替えをCAも手伝って、わずか15分でのお色直しがどうにか成功。

目的地までのフライト時間を考えれば、ここで長い時間を取るわけにはいかなかった、ということでしょうか。

せまい通路で指輪の交換

352e9b638d82d9e85616e8433431f66e6419314e
Photo by FELIPE KOLM / WARDA NETWORK
8ca49303237a2bfa7862a9ac804a3b41dbf253f7
Photo by FELIPE KOLM / WARDA NETWORK

二人の結婚を見届けるため、同乗してくれていた神父の前で、誓いの言葉を口にするふたり。そして、指輪の交換。キス。再び、祝福のあたたかい拍手が機内を包みました。

A313352bc8d76b935d219033e51ad3ae0c2d6375
Photo by FELIPE KOLM / WARDA NETWORK

すべての乗客に、シャンパン(もしくはジュース)とハートをあしらったクッキーのプチギフトが配られていきました。

もちろん、最後は
ブーケトスも!

A710b632e2082857be5deecc9874ae01f9e62555

目的地のアテネ国際空港へ着陸すると、非常扉のハッチを開けた向こうには、オーストリア航空乗務員が一列に。どこまでも粋な計らいです。最後はナタリーさんのブーケトスで、チャーミングなサプライズ・ウェディングは幕を閉じました。

B702e5b57d2ce9a5c4655689639a660a61edf802

後日、Facebookにこう投稿したナタリーさん。

「ウィーンを出発するときは、彼を置いて友だちと二人バケーションのつもりでした。でも、再び地上に降り立ったとき、まさか自分が妻になっていようとは。私たち夫婦のために協力してくれた航空会社と、すべての人に感謝します」。

作戦大成功に終わったユルゲンさん。ギリシャでこのまま「ハネムーン」、それも計画のうちだったんでしょうね、きっと。

Top Photo by FELIPE KOLM / WARDA NETWORK
Licensed material used with permission by cherriesandbanana
上空10,000メートル!航空機の中で結婚式を行ったカップルが話題に!More ABC US news | ABC Health News2014年11月...
今年4月に公開されてから2か月余りで動画再生回数300万回越えを達成した、話題のカップルがいます。オーストラリア在住のAnnaさんがプロポーズされて一番驚...
飛行機での空の旅。上空では味覚に変化が起こるというのはよく聞くハナシ。どうやら高度と気圧が大きく関係しているようですが、まさかその変化した味覚に合わせて「...
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
花婿のタイラーさんと花嫁のチェルシーさんの結婚式。ブーケトスの時間がやってきました。「1、2、3、せーのっ」と、投げると思いきや…ブーケを投げずに手渡しを...
花束を手にするだけで、自然と笑みがこぼれてしまうのはなぜだろう。花はいのちある生き物だから、ひだまりのように、ぽかぽかとあたたかい気持ちになるのだ。では、...
この動画は、いわゆる結婚式の一日を映したものですが、ちょっと普通じゃないウェディング・ムービーに仕上がっています。なぜかと言えば、全編に渡って犬の視線で捉...
Facebook内でよく動画を見ますか?今では1日になんと80億回も動画が再生されており、急成長しているとFacebook社は伝えています。しかし、この発...
「これさえやっておけば、一生しあわせでいられる」。そんな方法があれば苦労しないのに…と悩んでネガティブになってる間に、またひとつしあわせを見落としているか...
カールさんは、結婚10周年を記念して妻のローラさんにフラッシュモブで感謝の気持ちを伝えることにしました。合唱した歌はブルーノ・マーズの「Just The ...
「しあわせ」が、どこか遠くにあるものだと思っていませんか?大切なのは、まず考え方を変えることです。「Elite Daily」の人気ライターPaul Hud...
愛情は、態度で示すよりも言葉で伝えるほうが簡単だったりします。女性ライターのRafaelina Siriさんが「Elite Daily」で書いた「彼女を喜...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...
中学生の頃、ひとりで初めて乗った飛行機。通路側の座席から必死に窓の外を見ようとしている私を見かねて、知らないオジさんが窓側の席を譲ってくれました。ホントに...
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
一般的におおらかでマイペースとイメージされているのがB型の特徴です。また、B型は日本人の中で3番目に多い血液型 (A型39%、O型29%、B型22%、AB...
誰だって、しあわせになりたいはずです。なのに、いつも「不幸」を感じている人は、感情のコントロールが苦手なのかもしれません。「Elite Daily」では、...
ニコさんとマイケルさんは、恋人同士。このジムで出会ったふたりは、今日も仲良くトレーニングをしています。すると突然ビヨンセの曲がかかり、トレーニングをしてい...
ごく普通のカップルの結婚式が、メディアで話題となり、「式の動画が涙を誘う」と注目を浴びているのは、いったいなぜ?それは、このカップルが4年半の長きに渡り貫...