自分の苗字のデザインが気になって仕方ないハンコ「GRAPH」

よくよく考えてみると、「ハンコ」はとても画一的なものだと思う。というより、そもそもそこに個性を求める人なんていなかったはず。自分の苗字が普通に押印できれば何の問題もない。そんな人がほとんどだ。

だからこそ、「GRAPH」の遊び心には面食らった。こんな印影デザイン、アリなのか。

図形と漢字が持つ
「美しさ」を融合

Medium 9b111ffbe4b16213acb78dcdc0a15de968ae221b

これまでとはひと味違う、ユニークな印影を見てほしい。OOiNN(オーイン)が制作した「GRAPH」は、キャラクターや模様の装飾ではなく、文字自体をリデザインしたタイポグラフィハンコ。決まったフォントやレイアウトでしか作成できなかったあなたの苗字を、もっと気軽に使えるモダンなデザインにしてくれる。

Medium 5c4ceaf400be88c17b6b720c1ff601d67763519d

例えば「山下さん」。これは分かりやすい。

Medium 05239f7f6a6d44fffb89aaa6460b5e9c5ddda2b0

ただし、「根岸さん」や、

Medium eb025f2cc072be1be9ecb4c324c2a760d46c04b6

「桑田さん」は複雑だ。とはいえ、一見すると何と読んでいいのか分からないくらいのほうがデザイン性があって嬉しい気もする。ちなみに、グラフィックデザイナーが苗字に合わせて一つひとつ制作しているそう。

Medium e87a0b4958e3a368c08d70618b0ae81d28ef15d3

シャチハタやボールペンタイプなどボディはさまざま。中には銀行印として使用できるものもあるのだとか。

価格帯は4,000円〜9,000円で、注文はこちらから。ただし、大量生産が難しいことから受注数に限りがあるので、どうしても欲しい人はこまめにHPをチェックしたいところ。ちなみに、年内中に都内の実店舗での販売も予定されているらしい。

自分の苗字が、どんなデザインになるのか。ドキドキしながら完成を待つ時間も楽しそうだ。

Licensed material used with permission by OOiNN
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...
意中の人がいても、いつ告白していいか、そしてどんな告白の仕方をすれば良いか、悩んでいる方も多いでしょう。今回はそんな方たちに向けて、どのタイミングで、どん...
仮にファッションで例えるとしたら「靴下」といったところでしょうか。ジャケットやパンツ、シューズなどメインとなるアイテムにこだわるのは当たり前。だからこそ、...
「私がこの世で一番愛しているのはキスよ。セックスの素晴らしいプレリュードだから」と語るのは、「Elite Daily」の女性ライターZara Barrie...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
「こんな洋服が着たいなぁ…」。女の子が描くお絵かきには、彼女たちの理想がたくさん詰まっています。「Picture This Clothing」は、そんな女...
帰省したり、久しぶりに友人と集まる年末年始は、贈りものをするのにぴったりのシーズンです。日本でつくられているものや、ちょっとした驚きのあるユニークなものな...
これは、アートディレクターの手によってリメイクされた「将棋の駒」。単純明快で、伝わりやすく、客観的な美しさも備えている。だけど…それぞれの役割を識別する“...
一緒に仕事をしていると何故か心地良かったり、仕事がスムーズに進んだりすることってありますよね。そんな「気が利く人」には必ずと言っていい程、共通する特徴が…...
他人の目や世間体を気にするあまり、本来自分の人生にフォーカスすべきはずが、いつしか周りにばかり注意が向いてしまっている。これが人生をつまらなくしている要因...
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
人々は間違った質問の仕方をしている。実体験をもとに、こう主張するJeff Haden氏は、250名の従業員を抱える工場経営者として活躍する人物。彼は、質問...
夏休みの予定が決まった人も、まだノープランな人も、今年は一風変わったアイテムで周りのみんなを驚かせてみませんか?ただでさえ開放的な夏が、もっと楽しくなるか...
結婚とは、一生を共に過ごす人を選ぶこと。だけど相手をひとりに絞ることが必ずしも「正しい」ことなのでしょうか?22歳にして当時のパートナーとの結婚に踏み切っ...
通常のソレとはまったく異なる形状のウォーターボトル。まるでノートのようなビジュアルに、多くの人が虜になっている模様です。なるほど、確かにその気持ちわかりま...
恋人がいるのに「最近あんまり会えなくて…」「まだ落ち着くつもりはないかな」なんて言ってる人、たまにいますよね。そんなこと陰で言われていたら、相手はかなりシ...
毎日使う場所だからこそ、汚れやすいトイレ。しかし、トイレには便器や換気扇など、様々な設備がついているだけに、掃除も一筋縄ではいきません。意外と知られていな...
いまだかつて、こんなにもネコ想いのインテリアがあったでしょうか?開発者の溢れんばかりの“ネコ愛”が伝わってくる、おしゃれなデスクです。これでもう、机の上が...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
よくよく見ると、マットな素材のなかにも上品な光沢が確認できる独特の質感。これらのバッグ、じつはすべて畳の縁の部分「畳縁(たたみべり)」でできているんです。...