片手に持って、立ったまま書ける。僕の大切な黄色いノート。

普段使いのノートとして、〈コクヨ〉の測量野帳をいつもカバンに入れています。

その名のとおり、もともとは屋外での測量用として誕生したこのノート。1959年に発売されて以来、今も変わらぬ姿で愛され続けている〈コクヨ〉のロングセラーアイテムです。

片手に持って筆記しやすいように考えられた硬い表紙と上着のポケットにも入るコンパクトなサイズ感が絶妙で、取材ノートにもぴったり。

そして何より値段がリーズナブルなのもうれしい。

まとめ買いして、つねにストックが切れないようにしています。また、写真のように案件のタイトルを入れたり、使い始めた日付を入れたり。

カスタマイズとまでは言えないけど、簡単に自分仕様を楽しめるのも、このノートの魅力。

ちなみに僕は本文用紙が方眼紙になった“SKECTH BOOK”と呼ばれるタイプを愛用しています。

Fee30f03a11c5464b57cf5e76393a6fc7aec3364Eeebce90cf717a538be30aa570d022fd615a5451B06617701f826d6e66cfa880818ab0fdaae72d2e

柴田隆寛/編集者
編集事務所Kichi主宰。クリエイティブコミュニティMOUNTAIN MORNINGメンバー。webビークル『P Vehicle For New Days』編集長。創刊から39号まで、マガジンハウス『&Premium』のエグゼクティブディレクターを務める。

いろんな人がモバイルしているモノを紹介していくプロジェクト『ビー』の記事です。TABI LABOで毎日1本ずつ記事を公開していきます。

Photo by 元家健吾
通常のソレとはまったく異なる形状のウォーターボトル。まるでノートのようなビジュアルに、多くの人が虜になっている模様です。なるほど、確かにその気持ちわかりま...
普段、何気なく使っている道具。しかし、誰だって手に馴染んだ替えの効かないものや、仕事に使うならこれでなくてはダメだというものが1つや2つあることだろう。も...
「Rekonect Notebook」は、冊子の真ん中にあるノド部分から各ページを自由に着脱できるノートです。まずは以下の動画を見てみましょう。ノドの盛り...
ゴッホやピカソ、ヘミングウェイなどアーティストたちに愛されてきた伝説のノート、モレスキン。黒い表紙をゴムで留めるデザインはシンプルで2世紀以上愛されている...
子どもの頃、塗り絵が好きだったという人も多いかもしれませんが、近頃海外では大人の間でブームになっているそうなんです。没頭することでストレスを発散し、リラッ...
一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...
自分にとって“移動”というのはとても重要なことで、だからこそ、機動性のためにもできるだけモノを持ちたくない。仕事上、ノートPCとスマホは仕方ないとして、現...
以前、TABI LABOの記事でも紹介した、代々木八幡の『HININE NOTE(ハイナインノート)』は、表紙や中身の色や素材、綴じ方はもちろん、ノートを...
2016年元日、一人の女性のつぶやきがTwitter上で拡散され、大反響を呼びました。【拡散希望!】と彼女が呼びかけた背景には、おじいちゃんの作った「方眼...
ありとあらゆるモバイルバッテリーが市場に溢れかえる昨今、僕のモバイルバッテリー探しに終止符を打ってくれる理想のものが見つかった。「RAVPower」の20...
ノートの中身を見られるのはすごく恥ずかしい。僕は、仕事でミスしたことやもらったアドバイスを書いているから、誰にも読まれたくない。その内容が日記だと、なおさ...
スタイリストの仕事は、撮影現場でタグを切るとか、細々した作業がいろいろあって、こういったマルチツールは必須なんです。で、VICTORINOXといえば、ハン...
左利きのあなた、こんな悩みがありませんか?利き手が左の人にとっては避けられないジレンマ。ノートの書き方を変えるわけにもいかず、悩みの種ですよね。でも、そん...
手書きの質感が大好きなアナログ派におすすめしたい、スマートデバイスがあります。ペンも紙も自前でOK。それなのに描いたものがちゃんとリアルタイムで保存できる...
電卓って、いいよね。でも、なかなかいいのがなくてね。それで、めっちゃ探して、海外から輸入している文房具屋さんの通販で見つけたのが、これ。カバーをパカッと取...
人の行動を変える専門家として活動している永谷研一さんの著書『できたことノート』では、物事がプラスに転じる方法を紹介しています。気がつくとマイナス思考になっ...
僕の仕事道具はズバリ「石」です。建築物は、計画段階から完成まで時間がかかるものですから、施主さんと出来上がりのイメージを共有するために、打ち合わせ時に建材...
毎年4月に新しいスケジュール帳を買っている人も多いはず。でも今年は自分で作ってみるのもアリかも?必要なのは好きなノートとペンだけ。わざわざ好みのスケジュー...
気になったことを忘れないように書き留めておく。そんな本来の役割を全うするだけなら、何もこんなサイズである必要がない。だからこれは、インテリアとして飾るため...
お気に入りのハンカチです。水彩画のような、淡く重なった色合いが綺麗でしょう。これを持っていると、周りの人からおばあちゃんみたいだねって言われるんですけれど...