なかなかとれないその疲れは、「姿勢」からきているかもしれない。

座っている時間が長く、運動不足であればあるほど、姿勢も悪くなってしまいがち。すると、背中や腰が痛くなるだけでなく、消化がうまくいかなくなったり、頭痛の原因になってしまうこともあるそうです。さらにストレスで憂鬱になったり、疲れやすかったりするのも、もしかしたらここに原因があるのかも。

Little Things」が紹介している、姿勢を良くして体の内側から美しくなるための「6つのチェックポイント」を参考にしてみては?

01.
まずは猫背になっていないか、
鏡でチェック。

まずは、自分の姿勢がどうなっているか、鏡を見てみましょう。そして、いつも通り立ってみてください。次に肩を後ろに下げるようにして、顎を引き、まっすぐ立つように意識してみましょう。それだけで、鏡に映る姿はずいぶん変わるかもしれません。

同時に、重心の位置についてもチェック。つま先に体重がかかっていたら要注意。猫背になって、重心が前に傾いていたら、足全体で体の重さを支えるようにするべしとのこと。

02.
背もたれに背中を
預けて座る

Medium fd21f6c1295cc9a1adb8c64c85c82754c273e79b

デスクでパソコンに向かっていると、気がつけば前かがみ、かなりの猫背になっていませんか?頭が前に出てしまうと、支える背骨に負担がかかり、背中の筋肉が緊張して疲れやすくなってしまいます。

椅子に深く腰掛けて、背もたれに背中を預けてみましょう。多くの椅子は、こうした姿勢で最も快適に、そして健康的に使えるように設計されています。車のシートの場合も同じです。ヘッドレストにきちんと頭がつくような姿勢を心がけましょう。

03.
寝ている間の
姿勢にも気をつける

Medium 3d336ddf99a777fe77574616ab116bfc9179096f

ときおり寝返りを打つことがあるにせよ、寝ている間は起きているときとは比べものにならないくらい同じ姿勢でいます。そのため体に負担がかかる寝方をしていると、起きたときに体が痛い…なんてことも。

横向きだと背中が丸まってしまったり、片方に負荷がかかって体が歪んでしまいがちなので、仰向けにまっすぐ寝るのが一番いい姿勢です。

04.
耳、肩、おしりを
一直線に

Medium 8f95e2ee25845261bbcd15517b1db7cfafe937e5

横から見たときに、耳、肩、おしりが一直線になっているのがいい姿勢と言われています。頭の上から糸で吊り下げられているイメージをして、ピンと姿勢を伸ばして歩くようにしてみるといいとか。

また、ポケットに手を入れていると、肩が前に出てしまうことによって、背中と肩甲骨のまわりの筋肉に負担がかかってしまうようです。

05.
ちゃんと自分に合った
「椅子」を選ぶ

椅子によって、座ったときの姿勢は変わります。でも共通して言えることは、背中全体をサポートしてくれるのが「いい椅子」だということです。

オフィスワークにせよ車の運転にせよ、座っているときは長い時間同じ姿勢になります。深く腰掛けて背もたれに背中をあずける正しい姿勢で座ったときに、ちゃんと支えてくれるのが「自分の体に合った椅子」。高級なものである必要はありませんが、できるだけ自分に合ったものを選ぶようにするといいそうです。

06.
ハイヒールは
できるだけ控える

Medium d4f23f035e593127b69f0b165a9c349313c98130

確かにハイヒールは、正しく履きこなすことであなたの脚を美しく見せてくれる効果があります。でも、それで姿勢が崩れてしまっては本末転倒です。どうしてもハイヒールを履かなくちゃ、というときもあるかもしれませんが、なるべく控えたほうがいいでしょう。

ハイヒールは重心が前になって、つま先に負荷がかかります。履く場合は重心を後ろに持って行くように意識してみてください。

Licensed material used with permission by Little Things
「猫背の人は実年齢よりも老けて見える」とはよく言いますが、他にも、やる気がなさそうに見えたり、自信がないように見えるなど、とにかく良い印象を与えません。こ...
猫背が癖になってしまい、貧相に見えると周りから注意されがち…。そんな悩みを解決してくれるかもしれない、姿勢矯正ガジェット「UpRight」を紹介します。1...
日本人のおよそ5〜8%が、睡眠時間6時間以下のショートスリーパーだとか。「一日8時間」なんて長いこと言われ続けてきましたが、睡眠は長さよりも質、という声も...
寝ても寝ても疲れがとれない……。という人は、「Little Things」でAngel Chang氏によって紹介されているリストをチェックしてみてはいかが...
通勤電車の中でふと周囲を見渡すと、ほとんどの人は下を向いてスマホに夢中。職場でも長時間PCと向き合い、帰宅してからもデジタルな生活は終わらない。なるほど、...
重い荷物をどちから一方の肩にかけたり、利き手でばかり荷物を抱えていたり。昔から、姿勢がゆがむ原因のひとつに挙げられているのは、周知の事実ですよね。自分の歪...
腎臓の隣に位置する副腎。あまり注目されることのない器官ですが、ここが弱ると日常生活にいくつかの症状があらわれるのだそう。「Power of Positiv...
突然ですが、肩こりや頭痛に悩まされていませんか?もしかしたらその原因は、スマホを見る姿勢かもしれないという記事が「Spirit Science」に掲載され...
パソコン、スマホ、テレビなど、仕事でもプライベートでもスクリーンを見る時間はどんどん増えていますよね。そんな暮らしの中で「目の疲れがなかなかとれない」とい...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
たとえば、ハードな出張の合間に空港のラウンジで手足を伸ばしてのんびりしたい。こんな場面でゼッタイ役立ちそうなウォーターベッドが登場しました。それも、ただご...
オイルを使ってうがいをするだけ。手軽にできる美容法として話題のオイルプリング。けれど、「やってみた」という人はまだまだ少ないはず。良いというハナシは聞いて...
「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを幸...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
最近、なんだか疲れがたまってませんか?鉄分はとても大切なミネラルのひとつにも関わらず、世界の30%(約20億人)が不足傾向にあり、貧血症持ちなのだとか。と...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
1日30分運動すれば、もっと健康に過ごせる。そんなこと百も承知だけれど、そんな時間が一体どこにあるんだろう。忙しい現代人にとって、運動する時間の確保は深刻...
「はあ。疲れたなあ。」毎日、何気なく、こんな言葉をつぶやいていませんか?以前と比べると、仕事環境、たとえば、パソコンのスペックや、インターネットの速度が上...
いつ、どんな時代だって“母は偉大なり”。仕事に家事に育児に、しなやかに生きる母の背中から「人生で大切なことを学んだ」とライターStacey Becker氏...
「まさにプロの魂を見せつけられた気分だ」。これは、この記事の主人公James WilliamさんのFacebookに投稿された、写真とコメントを目にした人...