砂が動き続ける「テーブル」に1億6,000万円以上の支援が!

砂の上を、鉄の球が転がっていく。その軌跡が描く模様は、まるで枯山水の庭のよう…。

鉄球の軌跡をモーターで制御
美しい模様を描く

3607435b1dcce36ed257719102480969fc617ccd8eefbe6a6eb7c760ad411ae1de008e527c8a1ee9

テーブルの中に収まったこの印象的なキネティックアートは、Bruce Shapiro氏が開発したもの。それぞれ動径と角度を担当するふたつのモーターと磁力を使って、鉄球の軌跡を制御。一定のパターンで動かしていくことによって、美しい模様を描きます。

412558b04201ef9bff1a2022aae7cf9c8ec8f7ae

鉄球はまるで同じフレーズを繰り返す音楽のように、砂の上を何度も一定の規則で行き来することによって、模様を描いていきます。

Wi-Fiを通じてスマホから操作できるため、曲に相当する模様を指定するファイルを好きな順番で組み合わせて、自分の好きな「プレイリスト」をつくることもできるそう。

現れては消えていく模様を見ていると、なんだか自然と瞑想状態に入っていけそう。

枯山水を思わせる姿と
「シーシュポス」という名前

C40da18a02757636dcce202c6bedda3b4864a359

たとえば、最も有名な枯山水のひとつである龍安寺では、砂に模様をつける作業は修行の一環として学僧が行うそう。一方、こちらのテーブルの題名は「シーシュポス」。ギリシア神話で、神を謀ったが故に山から転がり落ちる岩を、山頂へと押し上げる宿命を背負った人の名前です。延々と模様を描く鉄球が、シーシュポスの神話を思い起こさせることに由来。

開発者であるShapiro氏は、動画の最後にアルベール・カミュの「シーシュポスの神話」から、こんなフレーズを引用しています。

「高みに岩を押し上げる困難は、人の心を満たすに充分だ。シーシュポスは幸福に違いない」

ひたすら坐禅に打ち込み、移ろいゆく心を見つめることから悟りに至ろうとする禅の思想を形にした枯山水とは、単に外見が似ているだけでなく、洋の東西を超えて深いところで通じ合っているのかもしれません。

5日で7,000万円を集める
人気プロジェクトに

3cbe6578334417bdb5f8612c04d283950c0b64ff

このテーブル、クラウドファンディング「Kickstarter」で公開された直後から大人気に。なんと5日で70万ドル(約7,000万円)を集めました。現在はその額を160万ドル(約1億6,000万円)まで伸ばしています。

サイズは直径60cm、90cm、120cmの3種類。価格は使っているモーターの種類などによっても異なりますが、2016年10月14日時点で残っている最安値のプロジェクトは795ドルから。

+190ドルで日本への発送にも対応しているので、興味がある人はチェックしてみては?

Licensed material used with permission by Bruce Shapiro
ベルリンの、とあるアートギャラリーの入り口に大きな砂文字のアートが飾られました。まるでギャラリーへの侵入を妨げるように置かれています。なぜ、こんな邪魔にな...
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
一見、なんの変哲もないように見えるこのテーブル。じつは、4本の足のうち1本だけ、あえて高さを変えてあるのです。当然、そのままだと傾いてしまいます。「えっ、...
近年、音楽好きの間で再評価が進む、アナログレコード。じつは日本を含む世界中で若者を中心にブームとなっており、ここ数年爆発的に生産量が伸びているそうです。レ...
スーパーで買ったアサリ、塩水に漬けて砂を抜くことは料理の基本で言われていますが、砂抜きの先にある、さらにうま味成分を引き出すテクニックについては、あまり言...
ブランコ・テーブルなら、仕事の打ち合わせも、ゲストを読んでのディナーも楽しくなるに違いない。ディスカッションにも花が咲き、会話も弾むだろう。何よりも童心に...
地球温暖化によって海面が上昇している。その影響によって、海岸侵食が進み世界中のビーチから砂が失われつつある。ビーチの砂は、とても大切なもの。例えば、海沿い...
のんびりお酒を飲めるバルコニーを持つことが、ひとつの夢。でもテーブルとチェアを置くだけのスペースを確保するのは、なかなか難しい。そんな人にピッタリな「バル...
箸置きはもういらない!と言わんばかりの便利な道具が開発されました。ひし形に設計されており、持ち手を重くすることで、テーブルに置いても先端部分が浮く仕組み。...
スプーンやフォークなどのアンティークシルバーを取り扱う「Langfords」が、世界各国のテーブルエチケットをまとめています。左のALWAYSには「やるべ...
レコードプレーヤーに革命が起きた。これまでレコードを聴くには、ターンテーブルの上にレコードを置くのが常識だった。しかし、この「LOVE」は、真逆。何と、レ...
焼き鳥屋さんでは定番の「砂肝(砂ずり)」。食卓にあまり登場しない理由は、料理のレパートリーがそれほど多くない、あるいはそもそも調理法が分からない、といった...
イタリアのミラノでは、毎年4月になると「ミラノサローネ」と呼ばれる国際家具見本市を中心に、様々なアイデア製品やデザイナー作品などを集めた展示会が街中で開催...
「いっそ空を飛んで、この渋滞を抜け出せたらいいのに…」。そんな空想が、いよいよ現実のものとなりそうです。モナコで開催されたカーショー「Top Marque...
まず、下の写真を見てください。部屋には木材で作られたインテリアが並びますが、これらには“ある秘密”が。実は、手前の大きなテーブルや奥の椅子、像を置いたサイ...
「Sandusa(サンドゥサ)」は、サーファーでもあるエンジニアのバズ・ブラウン氏が2010年に設立した、オーストラリア発のブランド。そのビーチタオルが備...
個性豊かな廃材を利用した手作り家具は、独特のビンテージ感と一点ものの風合いで人気を呼んでいます。ここに登場する家具や雑貨も、やはり廃材をリメイクしたもの。...
Kickstarterに登場する商品は、とにかく幅が広い。なかには「これ誰が欲しがるの?」と思えるハテナグッズまで登場するのもクラウドファウンディングなら...
料理を注文してからのちょっとした合間に、こんな催しがあったら素敵ですよね。なんとテーブルをスクリーンにして映像を投影、アニメーションがスタートしちゃいます...
ここで紹介するのは、54億円が当たった瞬間をおさめた貴重な動画。わずか26秒ですが、人が歓喜する様子を鮮明に捉えています。「ギャー」「オーマイガー」宝くじ...