ルーヴル美術館のピラミッドにあこがれ「ガラスの暖炉」が完成した

1989年、ルーヴル美術館中庭のナポレオン広場に設置された、建築家イオ・ミン・ペイによる「ルーヴル・ピラミッド」。当初、古典建築の前に近代的なモニュメントはふさわしくない、など賛否両論のセンセーショナルなお披露目となったが、それもいつのまにやら、パリのランドマークとしての位置付けに、落ち着いた。

なんて古い話を持ち出すのも、ルーヴル・ピラミッドの美しさに触発され、デザインした暖炉があるということを伝えたいがため。名前もそのまま「LOUVRE」だそう。

ガラスのピラミッドの中で
ゆらめく炎があったかい

3b009be0ec725fbf56403a4723eba52bc941133e99fc9ad7609992c3c698266058d7b67c03e588e487bef26bbfa52f445689ae68d73348fd556c33eb

これが、くだんのピラミッド型暖炉。「あれ?」なんて思わないで。
673枚のガラスはいくぶんコンパクトになったが、四角錐を形成する4枚のガラスにも、幾何学的美しさをどことなく感じるではないか。

台座の中心に灯る炎が、360度どの角度からも楽しめるというのもポイント。さらに言えば、どこへでも持ち運びができるポータブル暖炉だというのもおもしろい。

イタリアの暖房器具メーカー「BioKamino」は、バイオエタノール燃料を使った無煙暖房を専門に手がけている。このLOUVREもそう。燃焼させるのは体に有害な物質を出さないセラミックファイバーのみ。煙もすすも出ない次世代ヒーターとして注目されている。もちろん匂いも気にならない。

6dd5cfb08eb411970840dd4800d02bbb6f4310ccB73ec6a18be1705bea18546d12b1ec3a10dd2de6

火を消すときは、付属のスティックでバーナーの開口部を閉じるだけ。

33e9dc56dab559e7618e88097561dd556e731426

サイズは縦横74cm、高さは63cm。多少場所を占領するかもしれないが、LOUVREを囲むように人が集まってっくるリビングもすてきじゃないか。ガラスのピラミッドのなかでゆらめく炎を見ていたら、時間の流れもきっとゆっくりに思えるはずだ。

いまのところ参考商品のようで、公式HPからは価格をうかがい知ることはできないが、いつか都心のセレクトショップに並ぶ日が待ち遠しい。

Licensed material used with permission by BioKamino
世界で最も有名な美術館と言えば、たくさんの人々が口にするのがパリにあるルーヴル美術館だろう。そのルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極...
これは、メキシコのデザイナー、Juan Carlos Ramos氏が描いたモダンなピラミッド形住宅のコンセプト。ビジュアルインパクトがかなり大ですが、住み...
2015年10月25日、エジプト考古庁が新しいプロジェクト「ScanPyramids」を始動すると発表した。世界各国の最新技術を活用して、ピラミッドを傷つ...
アウトドアが魅力的なのは、なぜでしょうか。自然に触れられるから?美しい風景を眺め続けられるから?食べ物が美味しいから?ノルウェー北部に暮らす5人家族は、2...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
海水温が上昇する夏のこの時期、夜の砂浜を歩いていると青白く光り輝いてみえることがあります。あれは海洋性プランクトンによる発光。その明かりを丸いガラス玉に閉...
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...
美術館って、うとうとしてしまう。座った途端に「待ってました」と重くなる瞼に逆らうのは、至難の技だ。すやぁ……と、眠りに落ちる様子を捕らえるためだけに、美術...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
人生のうちで一度はオーロラを生で見てみたい。そんな人も多いのではないでしょうか。でも「行くまでに過酷なんでしょ?」「ずっと外で待っててもオーロラが出なかっ...
ガラスの球体に宇宙を閉じ込めたペンダントトップを知っていますか?手のひらの小さな球体をじっと眺めているだけで、無限の広がりを感じさせる。これは、美しい!小...
まるで「海に漂うクラゲ」のようなガラスのアートを制作したのは、現在、イタリアのルッカを拠点に活躍するアーティストDaniela Forti。溶けたガラスの...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
なぜかいつもスマホの液晶がバッキバキの人っていますよね。注意しているつもりが、うっかり落としちゃって…。気休め程度に保護シールを貼っていても完全に防ぐこと...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
むかし図鑑で見た結晶のカタチや、化学反応の不思議な色あい。彼女の造形や色彩をみたとき、真っ先に思い出したのはそれです。ドイツのガラス工芸家Heike Br...
好きな俳優さんは? と聞かれて「山田孝之」と答えておけば、質問者が男子であろうと女子であろうと、きっと95点だ。役柄が怖い、不気味、といった理由で苦手な人...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てる...