かつて、ここまでナチュラルなメッセンジャーバッグがあっただろうか

コーデュラナイロンで、防水ジッパー、タフでブルックリンを駆け抜ける本格派…。そんなメッセンジャーバッグが多いなかで、ひときわナチュラルな存在感を放つ、リネン素材のメッセンジャーを発見した。

表情に似合わない、タフさ

āsumは、ブルックリン発のブランドで、気張らない「エフォートレス」なデザインが信条。トレンドに惑わされず、スローなスタイルを目指している。

Medium f3a49c01c6c82fb692e8780c85736a19a6e6efb7

このとおり、その表情はミニマルながら、リネン素材のドレープ感がいい。ひねられたような優雅さは、撮影用として特別に作られたものではなく、作りそのものがこういった表情になるような縫製になっている。

ハイエンドのファッションとはもちろん違うが、ハイテクとも逆を行く。その素材感こそ、āsumを立ち上げた設立者が、これまで培ってきたところだそう。

Medium dd525f224be135a6d228a8dcfd619f36725d996f

驚きなのは、リネンなのにウォータープルーフであること。ただナチュラルなファッションメッセンジャーなだけではなく、ピストでNYをクルージングしても様になる「タフさ」は兼ね備えている。

Medium 8ebd6597d43a858f4fc8a07f080c77ba07daab31

バックパックと、メッセンジャーの2wayで使用が可能。

D8c59cbf75adc2f5beebba044090a5548a057015

この切り返しが、とてもスムーズ。

デザイナーは「プロジェクト・ランウェイ」出身

このリネンが生み出すドレープ感、マテリアルの質感は、まるで彫刻作品のようでもある。事実、āsumは、クラウドファンディングで「彫刻のようなバッグ」という売り込み文句をつかい、資金調達している。

Medium f03bd0969567a9d15ebdfa5fa231f3e1f3e413e3

デザイナーは、無名のファッションデザイナーを発掘するアメリカの有名番組「プロジェクト・ランウェイ」で活躍しているだけあって、トレンドに与することなく、今風のミニマルなデザインに仕上がっているのが魅力。

Medium e6975800cd03b94894048166aaf16d3639aa1d1a

製造できる工場を探すのが非常に困難で、ロサンゼルスでは見つからず、たまたま家族旅行で行った香港でようやく発見。古くから欧米ブランドに関わるマニュファクチャラーと知り合ったのだとか。

白シャツレベルのキレイめカジュアルに、しっかり合いそうな洗練されたデザインは、使い勝手の良さも想像させてくれる。

Licensed material used with permission by asum
メッセンジャーバッグのような形ですが、大きな違いはジャケットの下に身につけられる薄さと機能的な収納力。身につけるとこうなります。まるでガンホルダー。つまる...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
素敵な快晴の日、海へ!心躍る時間ですが、帰りに荷物が砂まみれ、なんてことありませんか?「DEZZIO」はそんな悩みを解決してくれるバッグなんです。なんと、...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
最近、クラウドファンディングで資金を募っているアイテムがおもしろいです。斬新なアイデアを形にしたモノや、海外で人気を博している(けれど、まだ日本に入ってき...
読書には、どこか知的なイメージが伴います。電車やバスの中で本を読んでいる人がいるとつい気になって見てしまう、なんてこともありますよね。そういう意味ではこの...
身につける服と同じくらい、いや、それ以上にこだわりたいのが「バッグ」というもの。どれだけ上質なジャケットを着て、シルエットの美しいパンツを履いていようと、...
恋愛から人生論まで、毎回心にガツンと響く記事を書き上げる「Elite Daily」の人気女性ライターZara Barrie氏。彼女は「バッグの中身が整理整...
トラックの幌を再利用してつくる、スタイリッシュなメッセンジャーバッグで日本でもおなじみの「FREITAG(フライターグ)」。そのトラベルバッグを無料貸し出...
通常の思考なら、ただのゴミでしかない使用済ティーバッグ。しかし、Ruby Silvious氏がアーティストたる所以は、そこに新たな命を吹き込めることにある...
ひと口にティーバッグといっても、いろんなタイプがあります。御守り型の平べったいもの、円形、ピラミッド型、お団子タイプなど。でも、これは斬新。何よりカワイイ...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
旅先で、スリや置き引きの被害にあった人はもちろん、ない人でもこれはチェックしておいて損はありません。おそらく、これ以上安全なバッグは2つとないはず。まさに...
2016年2月、サンフランシスコとブルックリンのメッセンジャーたちは、いつもと違う“あるモノ”を運んでいた。「必ず1時間以内に届けよ」という使命のもと、彼...
自然災害は、いつやってくるかわかりません。「もしも」を想定すると、防災バッグは玄関に置いておくのが理想ですよね。でも、あまり格好良くないものは押し入れにし...
日本ではなかなか出会えないローカルワインを旅先から持ち帰りたい。けれどフライトにボトルサイズの持ち込みは禁止。結局は手荷物として預けるほかありません。まあ...
オーストラリアのSofiaは、幼い頃からお古の人形に囲まれて育ちました。壊れては直し、を繰り返し、そのたびに手入れをしながら、ひとつひとつを大切にしてきた...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
所有率が130%を超える、世界一の自転車先進国オランダ。通勤・通学時には、ユーザーのおよそ半数が自転車で移動するんだとか。そんなお国柄だからこそ、衣類をス...