いま猛烈にほしい家がある。それは、UAZ。

トランスポーター(移動手段)としての車には、もう多くの人の興味が失われているとおもう。誰もが車をもてる時代をへて、今はカーシェアリングなんてあたりまえ。UBERなんて定額制をはじめたし、これからは自動運転だってあたりまえになる。
 
移動するためのインフラとして車は、すっかり僕らの生活に溶けている。だからこそ、トランスポーター(移動手段)としての車に、僕らはどんどん興味がなくなっている。

そんななかで、移動できる「家」としての車が最近じわじわ盛り上がりを見せている。

#vanlifeって知ってる?

最近TABI LABOでもよくとりあげるけど、VWのワーゲンバスを改造して旅にでたりスポーツ選手やIT企業の社員がバンで暮らしたり、新しいミニマルな、またはカッコいい暮らし方の象徴として、VANタイプの車が注目されるようになってきた。

こういうカルチャーの最前線はInstagramで「#vanlife」っていうキーワードを検索すると、本当にかっこいい写真がたくさん出てくる。それを見るたびに、バンはただのトランスポーター(移動手段)じゃない、最高にイケてる家だよね、って思ってた。

しかも、好きなときに好きなところに移動できる、家。

#vanlifeするなら、僕はやっぱりUAZが欲しい

僕はいま、猛烈に欲しい車がある。それは、UAZ。
これは僕にとっては、10年以上憧れ続けている、VAN。
移動できる「家」として、今1番欲しい車。
Medium 4ebc2ca254fb9f5cf00079d0e961865a87f405ae

東京に少し窮屈さを感じてる僕は、UAZが欲しくてたまらない。#vanlife とまでは言わないけど、すこし気を抜くために、東京を囲む大自然を満喫するために。

好きなところに、好きな時に出向き、好きなところでご飯を食べ、好きなところで眠る。

そんな開放感と自由を感じるために、僕はやっぱりUAZが欲しい。

わかる人にはわかる、UAZの魅力

UAZは元々はロシアの軍用車。だけど、ロシアだけではなく、東欧でもいろんなところで走ってるわりとポピュラーな車。バスとして使われていたり、トラックだったり、救急車だったり、様々なシーンで大活躍。

古いVW好きや、カルチャーを愛する人ならわかるとおもうけど、こんなキュートなフォルムの車が、しかも!現行車で存在することに、心の底からリスペクトしている。
 
Medium d3e8fe629e69bad73687eb9b2dcfe8de248b66a3Medium 4463f8c4b3a7f655b9d0496e071f250dffda2766
このフォルムで、このアナログな装備。最近の新車に乗ってる人たちからすると、手間暇かかりすぎて、なんじゃこりゃ。となるレベル。たぶん、お尻が痛すぎて、乗れないはず。
 
でも、その手間暇とアナログ感を楽しめる人だけが、こんなキュートでいけてるUAZとともに、#vanlife をスタートさせることができる。

車は改造するといろいろできる。
いや、家にもなる

僕が昔宮崎に住んでいたときは、ハイエースの後ろ側をベットに改造して、乗っていた。これがものすごい便利。車中泊はもちろんのこと、キャンプに行っても、テントをたてる機会が激減。
 
コンロや移動先で調達した食料を積んで、最高にきれいな海の近くで料理したり。もう、本当に「移動する家」っていう言葉そのままだ。ポイントはキャンピングカーみたいな立派な設備を備えていない車でも、インフラ(コンビニでのトイレや道の駅、温泉など)が整っていれば、全然不自由を感じない。道の駅やコンビニが増えたことによって、キャンピングカーでなくても、車中泊しながら日本を旅することは、いま本当にすっかり定着している。
 
VANがあれば、僕らは移動しながら、暮らすことができるし、好きなときに好きなところに行くことができる。

つまり、少しだけ自由になれる。

東京で#vanlifeするために、
僕はやっぱりUAZを買う

日本で唯一UAZの輸入代理店をしている、新宿にある岩本モータースに6年ぶりに電話をした。
 
僕は6年前に、UAZを買うことを本気で検討していた時期があり、色々問い合わせていたことがあったので、担当の岩本さんも覚えていてくれた。記事にもしたいので、色々問い合わせていたところ…。
 
なんと、排ガス規制の関係で、ここ数年とりあつかいをやめていたのこと。
が、しかし、最近またロシア側から「ヨーロッパの排ガス規制に対応したエンジンに載せ替えたので、取り扱ってほしい」との連絡が岩本さんに入ったところで、ちょうど輸入再開を検討中とのこと。
 
岩本さんが扱っているUAZは、VAN TYPE3909という日本の仕様にあわせたオリジナルのカスタムタイプで、価格は約400万円。もちろん新車のUAZ。発売再開は、来年の春頃を予定。まだ、どうなるかわからないと言っていたけど、ぜひとも、再開してほしい。
 
家も車も欲しいとおもったことはないけれど、400万円で移動式の家が手に入るなら…。

実際にUAZを購入するとなると、結構な金額だし、維持費も手間もとてもかかる。すこしばかり、いやだいぶめんどくさい車なんだけど、それでも時間をかけて、街乗りも山も海も楽しめる仕様にゆっくり改造して、僕は東京で#vanlifeを楽しみたい。

来春の発売再開が心から待ち遠しい。東京で、少しだけ自由になりたい。
Licensed material used with permission by UAZ(岩本モータース ワズ・ジャポン事業部)
ScottとEmilyのManning夫婦は、大の旅好き。ふたりは大学を卒業してから新居を探していたのですが、ちょうどいい家がなかなか見つかりませんでした...
フォトグラファーであり、ロードトリッパーのMolly Steeleさんは、自由をこよなく愛する女性。彼女が行く先々で撮影した写真は、つねに自然体で、旅する...
職業や役職によってセックスに違いがある、なんてにわかには信じがたい話ですが、今回その「7つの理由」を教えてくれたのは、「Elite Daily」の人気ライ...
「プライベートでの成功が仕事の成功を生み出す」ライターMARCEL SCHWANTES氏の主張を簡潔にまとめるならば、そういうこと。成功を収めた起業家は、...
僕らはこの世界にいる。そして自らの選択次第で自由な生き方は実現する。でもあなたがその選択に迷ったとき、一歩を踏み出すきっかけになってくれるプロジェクトがあ...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
人生は、まるで旅のよう。「ホームプロジェクト」という冒険を応援したいという気持ちを込めて、フランスの工具店チェーン「Leroy Merlin」が「Life...
近年アメリカでは、「小さな家で無駄なく豊かに暮らす」新たなライフスタイルが流行。トレーラーハウスやタイニーハウスで、自分らしく生活する文化に注目が集まって...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れ...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
今から3年前。ギョームとジェナは退屈に感じていたそれまでの仕事にピリオドを打ち、旅に出ることにしました。当時は借金があり、所有していたのはたくさんの家具だ...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
これは、メキシコのデザイナー、Juan Carlos Ramos氏が描いたモダンなピラミッド形住宅のコンセプト。ビジュアルインパクトがかなり大ですが、住み...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
家に関して「常識」と信じられていることには、実は誤解がたくさんあります。それに基づいて家を建ててしまうと、住む人を不幸にしてしまいかねません。自著『住む人...
これまで50ケ国以上を旅しながらフリーランサーとして取材、執筆、講演活動を行う安藤美冬さんと、シンガポールにも会社を設立し、各地の鉱山と直接取引きをしなが...
スケーターにとっては夢の家?一般的な家で試すには色々と問題がありそうですが、家の中がスケボーパークになってる動画が登場!滑っている男性にも注目です。Lic...
BreckとKelseyのカップルは、ロッククライミングが大好き。そこでこの小さなトレーラーハウスにお引越しすることを決めたとき、自分たちらしいエクステリ...
ソウルの仁川(インチョン)国際空港近くにある新開発エリア。そこにユニークな家が誕生した。その名も、「FLYING HOUSE(空飛ぶ家)」。ちなみに、この...