たった5枚入り「超贅沢ポテチ(約5,800円)」は、最高のビールに合わせるおつまみだった

どんなに美味しいクラフトビールをつくったとしても、それを飲むときのおつまみにまで消費者は気を配ってはくれない…。スウェーデンのあるクラフトビールメーカーは、そこに歯がゆさを感じていた。

最高のビールには、最高のおつまみがあってこそ。ついに、彼らは自分たちのビールに合う最高のポテトチップスを独自に開発。これがとんでもなくスゴかった。

世界一のビールに合う
世界一の“ポテチ”

Medium be8699b50317a1a1da613515254f675cf6f89d13Medium 3ebc0159a06a49d36f98f0c95ce1c281249809d3

クラフトビールメーカー「St. Eriks brewery」が手がけたポテトチップスは、日本円にしておよそ5,800円という代物。しかもこれ、たったの5枚入りでの値段だというから驚き。 

ポテトチップスがたんに塩っぱいだけものもだったり、パリパリの小気味いい音をさせるだけのものに終わってしまっていないか。本当においしいクラフトビールと合わせるのに、そんなポテトチップスで満足していないか。

こんなことを考えるビールメーカーは、世界広しといえど、おそらくはここだけ。どこまで本気だったのかは定かでないが、コストも一切度外視したプロジェクトがスタートした。

 「The world's most exclusive potato chips. (世界で最も気品のあるポテトチップス) 」、と彼らが公言するとおり、今回のミッションは、世界一おいしい(と自負する)ビールメーカーが、世界一のポテトチップス(おつまみ)をつくること。

食のトップチームが集結
マツタケにトリュフの香り

Medium 04a68ab8731315c5fe7bf737b580c47750c9e5a2Medium 5de11e97d4dc549677aea04ef9628ede6f3404bc

こだわりは素材から。ベースのポテトに選んだのはNordic ammarnasポテト。これにまとうフレーバーがまたすごい。秋の味覚マツタケに、トリュフ、スウェーデン中部レクサンド産玉ねぎに、クラウンの名を拝するディルなどが使われている。

これらの食材を厳選し、味つけの総指揮をとったのが、スウェーデン料理界を牽引するトップシェフたちによるナショナルチームだ。その味は看板商品である「インディアン・ペール・エール」と完璧にマッチするよう配合された自信作だとか。

化粧箱に入れられた過保護な贅沢ポテチは、実のところ100セットのみ限定販売だったが、リリースされるやまたたく間に噂が広まり、発売後すぐに売り切れてしまう人気ぶり。もはや、1枚あたり1,160円近いポテチがどんなものだったのか。その味を想像をするほかない。 

Medium d206c6fdf331fecb86433add52101444d5fe084c

飛行機で例えるならファーストクラスの味わい。なのにおつまみがその味を殺してしまっていては意味がない。その味にふさわしいスナックとして、分かる人にだけ試して欲しい──。

ブランドイメージを逆手に取ったこの強気な戦略が功を奏した。しかも合わせてビールの売れ行きまで伸びたとなれば、今回の作戦を企てた張本人たちは、今ごろさぞかし盛大にグラスを空けていることだろう。

 

Licensed material used with permission by S:t Eriks Brewery
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。先日、同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
中目黒には、こだわりのクラフトビールとフードが味わえるお店がたくさんある。ここでは、とくに今週末訪れて欲しい場所を紹介する。というのも、ある4店舗で「Po...
ビールのおつまみの定番といえば、枝豆。とくに夏は食べる機会も増えますよね。茹でて塩を振るだけでもおいしいですが、ひと手間加えるだけで絶品おつまみに変身する...
2016年3月1日から始まった、フロリダ企業「World of Beer(WOB)」社による夏季限定インターン募集が注目されています。大まかな業務内容は、...
ビールを飲みたいけど、カラダを鍛えているからちょっと控え中。そんな方に朗報です。米でいま話題になっているのは、プロテインが入っているビール「Supplem...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
海外旅行に行ったなら、その国の言葉で「こんにちは」「ありがとう」「ビールください」が言えれば、その旅は素晴らしいものになるでしょう。さらに「乾杯」まで言え...
雇用者が毎月手にしている給料明細。マス目に従って数字が羅列しているだけの、あの四角四面の紙、その最古と呼べるものの画像が大英博物館から発表されました。落書...
世界的なクラフトビールブームの火付け役と言われているアメリカで、その歴史をアーカイブするための人員が募集されています。求人を出したのは、同国を代表する研究...
コーヒーメーカー?と思ったら大間違い!なんと、これひとつでビールの醸造プロセスをひと通り再現できるのだとか。「MicroBrew」は自分だけのオリジナルビ...
長い長い登山道を登った果てに辿り着く、美しい山頂の景色。そんな広大な自然の中で飲むビールは格別!という人も多いかもしれませんとはいえ、山頂でお酒を楽しむの...
この時期、居酒屋のお通しで出ることもある「生落花生の塩茹で」。落花生(ピーナッツ)と聞けば乾いているイメージだけれど、新鮮な生のものを殻ごと塩で茹でると、...
ここで紹介する過ごし方は、忙しい毎日を送っている人にオススメするものです。心身ともに疲れを感じているなら、恋人も家族も忘れて、まずは一人の時間をつくること...