世界に先駆けヘルシンキで「無人運転バス」の運用がスタート

日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを繰り返してきました。2016年9月、いよいよ公道に運転手なしの無人バスが走り出します。

世界初!ついに
無人バスが公道を走る

Medium a186f14926a3034a83bbd6142d3abc1b063eade1Medium 124b361b48e1fa08fe5fba3863c78a1ea4bf7bfb

日本とは異なり、フィンランドでは公道を走るのに法律上、乗り物に必ずしも運転手が載っている必要はない。世界初の無人バスがこの街を走ることになったいきさつは、この法律が大きく関係していました。

スキー場のゴンドラのような見た目のこの乗り物EZ10は、フランスのスタートアップ企業「EasyMile」が開発したもの。車体の前後左右に搭載されたカメラやセンサーで現在地を把握しながら、あらかじめ地図上に登録した目的地へと向かって移動するそう。

Medium 0f521e19903866fe89a86b7681943aa02643a3e0Medium 25a884d3250dbbcc12477ffb4b381aefc207e681

EZ10には運転席がないだけでなく、前後の概念もありません。通常走行はおよそ時速20キロほど。ちょっとのんびりですが、公道を走る以上、周りの自動車のペースを乱さないため、最大時速は40キロまで出るんだとか。

ちなみに、定員は最大12人乗り(着席6、立席6)。座席には限りがありますが、コンパクトな車体にすることで、狭い道でもス〜イスイ。同じルートをインプットすることで2台、3台と連なって走行する予定もあるようです。

「危ない!」ときは自動停止
4台のカメラ&人感センサーが
人や車、障害物を感知

Fa64f63cc3ff8fec447e91b263aefb77094f1f8434d5e169a137ccaa4d6456c8b1c98806db3dc9df

けれど、やっぱり無人運転で気になるのは接触や衝突による交通事故。そこは4つのカメラと人感センサーによる鉄壁のセーフティーガードで、距離に応じて減速/停止をすることで事故を未然に防ぐことができる、と開発メーカーはEZ10の安全性能に太鼓判。

また歩行者だけでなく、交差点では「お先にどうぞ」、すれ違う車を待ってから再び動き始めるというから、結構かしこい子なんですね。

早ければ、
今年9月から実用スタート

Medium 748a0520be293b16940194c8f022b6940a7bc2db

SOHJOA-Helsinki 2016 : Copyright Metropolia UAS

「無人バスは将来的に公共交通のオプションになる」と、EZ10導入プロジェクトのチームリーダー、メトロポリア応用化学大学のHarri Santamala教授。世界に先駆け、今まさに公道での試験の真っ最中。このままいけば2016年9月中頃より、実用が始まる予測を「TechRepublic」が伝えています。

日本でも無人バス体験

Medium 278d060a63208730e950d03e7d5214d8671f4bf2

Robot Shuttle 2016 - Japan : Copyright DeNA Japan

さて、すでにニュースなどで報じられているようにEasyMileとディー・エヌ・エー(DeNA)が業務提携を結び、今年8月から日本でも無人バスの試験運用が始まりました。上の写真はそのお披露目会。六本木ヒルズの私有地を無人のバスが降ってくるところ。

無人運転バスを使った交通システム「Robot Shuttle」を、まずは公共施設や私有地、テーマパークなどで試験運用し、自動運転サービスを目指していく予定だそう。イオンモール幕張新都心(千葉県)に隣接した豊砂公園の敷地内にて走行。

公道での実用化は、まだ数年先のようですが、未来の交通機関として活躍する日が待ち遠しい。

Reference:TechRepublic
Licensed material used with permission by EasyMile
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...
フィンランドの首都ヘルシンキにある観覧車。実はこれ、フィンランド国民にとって重要な“文化”を体現したものになっているそうです。どうでしょう、なんとなく想像...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
2015年11月24日(火)に、ある夜行バスを利用した@tmcwkさん。どうやら、この日担当してくれた運転手はどこか様子が違ったそうで、そのアナウンス内容...
中国・南京長江大橋で、一人の女性が橋の上から自殺を試みようとしていた。が、たまたまその場を通りがかったバスの運転手はとっさの判断で緊急停止し救助に向かった...
唯一無二の存在感。熱心なファンを持つクルマは数多くあるが、そのなかでも最高の人気を誇る、フォルクスワーゲンタイプ2。通称「ワーゲンバス」とも呼ばれるこの名...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。...
自動運転の開発が進んでいる。国内に限ってみても、2020年の東京オリンピックまでに「ロボットカー」を実現させようという国家戦略特区プロジェクトもある。安全...
運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買...
数々の逸話をもつカーブランド。先日、自動運転船舶のコンセプトが話題になりましたが、自動運転車両のコンセプトデザインにもビックリ。とにかく画像を見てみて下さ...
身近な乗り物の一つに、バスもあげられます。通勤などでバスを利用している人にとって、夢の中にバスが出てくるのは、それほど違和感はないでしょう。日常が夢に入り...
いま、NYで最も注目を集める観光バス「THE RIDE」を知っていますか?“動くミニシアター”とも形容される、この街ならではのエンターテインメントが、乗客...
とある交差点の様子を写した写真が、Twitterで話題です。なんでも、自動車の運転が苦手な人は、なかなかこの“違和感”に気付けないのだとか。さすがにみなさ...
あるひとりの「タクシードライバー」が来たおかげで、この町の住人の生活は大きく変わりました。一体どんなことが起きたのか。そして、彼が休まずに働き続ける意外な...
未来の車はきっとこうなるはず!そんなイメージをそのまま具現化した車両の開発が進められています。これまでにも、いくつか飛行できる車のニュースはありましたが、...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
そんなバカな!と思うかもしれません。が、本当なんです。この製品は、これまでの風呂の概念を覆すポータブルバスタブ「XTEND」。ドイツ人デザイナー、Cari...