多重録音で世界を圧倒した「Jacob Collier」の限界突破感。

2013年に公開されたこの動画に覚えがある人は多いかも。“独りオーケストラ”や、“多重録音の天才”と呼ばれた青年「Jacob Collier」。つい先日、9月2日・3日にはブルーノート東京で公演があった。

鍵盤、ギター、ベース、ドラム、パーカッションなど、20以上にも及ぶパートを多重録音、ループさせて操る。YouTubeでは、それぞれのパートの演奏がコマ割りで見える。

駆使している楽器の数、演奏のクオリティ、作曲のセンス。音楽ファンの間でも、“わけがわからない”という声が散見される。褒め言葉だ。聞き心地は抜群。

94年ロンドン生まれ。両親は音楽家。自宅には幾つもの楽器を置いたスタジオがある。本人はどこに行けば何の音がどう響くかを完璧に把握しているという。HPを見ると、モジュラーシンセサイザーまである。

16歳のときにYouTubeで脚光を浴び、その後期待を裏切っていない。名だたるJazz界のレジェンド達にとっても異例の存在だった。

「こんな才能は見たことがない」。
クインシー・ジョーンズ

「おいおい!今のコードはなんだ?巻き戻せ!」。
ハービー・ハンコック

そのほか、パット・メセニー、チック・コリア、TAKE 6のほか、The Guardianなど主要メディアも絶賛。ライブ動画も強烈だ。“好き勝手やってる感”が半端じゃない。

リアルタイム録音した音をループさせ、ステージ上に並ぶ楽器の間をさまよう。「さてどうするか…」と言わんばかりにウロウロしながらも、次の瞬間には爆発するような展開が待っている。

ループさせたフレーズの構成を緻密に組み替えながら、楽曲は展開する。結局最後まで目が離せなかった。ステージ上で、音楽を無邪気に楽しみながら悦に入る姿を目の当たりにすれば、天才と呼びたくなるカリスマ性にも納得だ。

これを実際にオーケストラで演奏するとこうなる。

大所帯バンド「Snarky Puppy」とのセッション。専門性の高いミュージシャンが集まっているので別物だけど、彼のマルチプレイがいかに非凡かがわかるかもしれない。

これでまだ21歳だというのだから、信じられない存在だ。

Reference:The Guardian
Licensed material used with permission by Quincy Jones Productions, Inc.
ジャズの生演奏はライブハウスよりも、小さなバーなどで行われることが多いですが、そのルーツは、ジャズの歴史にあるのです。今回はちょっと変わった成り立ちをもつ...
ジャズって、なんだか難しい音楽だと思いませんか?とくにそう感じさせる要因のひとつがアドリブ(即興演奏)。スタンダードナンバーやスイングは分かりやすいのに、...
ジャズ、聴いていますか?現在人気の漫画『BLUE GIANT』を読んでも感じるかもしれませんが、特別に意識してジャズを聴いているという人は決して多くありま...
9月7日にリオデジャネイロで「もう一つのオリンピック」が開幕します。これはそのPR動画。日常生活の中で限界を感じることって誰にでもありますが、この動画を見...
映画『スウィングガールズ』では、劇中で様々なジャズが流れます。なかでも「シング・シング・シング」は、ベニー・グッドマンの代表曲として有名です。この曲が出来...
「聖者の行進」「バラ色の人生」「セ・シ・ボン」「この素晴らしき世界」など、誰もが一度は聴いたことがある数々の名曲を残し、“キング・オブ・ジャズ”と称される...
本体のマイクで録音し、あとはツマミをひねったりスライドさせるだけ。使いたい音の周波数を部分的に加工でき、鍵盤を弾けば音がでます。ふたり同時に演奏ができるよ...
「ブーブは、逆から読んでもブーブ♪」そんな歌がいま注目されています。Boobは英語で"おっぱい"という意味。楽曲のアイデアは8歳の少年のものでした。が、参...
『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオは、サウンドを可視化した斬新な映像作品だ。特定の周波数が生み出す音の...
当たり前のように、「ググる=検索する」と認知されているこのご時世。文字を打ち込む一般的なものはもちろん、最近では、音声認識による検索もポピュラーなものにな...
この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土か...
11月末から公開されているこの映画の主人公は、チェット・ベイカー。1950年代、黒人ばかりのモダン・ジャズ界で一世を風靡し、マイルス・デイヴィスを凌ぐとも...
マイクを持ってベッドに座っている女性。ですが、この人ただ者ではありません。動画開始後すぐにその凄さに気づくはず。声だけで楽曲を完璧に再現していきます…。彼...
「ディジュリドゥ」という楽器がある。オーストラリアの先住民族アボリジニが、数万年前から儀式などの伴奏に用いてきた世界最古とされる管楽器だ。そして、日本を代...
ライターを生業としている自分にとって、録音したインタビュー音源を文字に起こす、いわゆる「テープ起こし」は楽しくもあり(多分ね)、手間のかかる作業。もうカセ...
賑やかなジャズの生演奏に、フランスやスペイン植民地時代の名残を残す建築、バーガーやピザとはまったく異なる独特の食文化といった、ユニークな文化要素で有名なア...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
仕事や勉強、運動をしているとき、自分で勝手に限界だと決めつけて、諦めてしまう。すると、そこで思考はストップ。残念ながら、これではその人が持っている潜在能力...
ときおり、思わぬ弾き方で楽器を演奏するアーティストが現れて驚くことがあります。ここで紹介する彼は「エレキベース」を操るミュージシャン。しかし、一本も弦があ...
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...