このボトルを手にすることで、タンザニアにどう水が生まれたのか?

世界で初めて、消費者への「節水」を呼びかけるために生まれたエココスメがあります。

売り上げの一部は、水不足に苦しむ地域への支援活動に使われている。きっとここまでの情報は、アパレルやインテリアのセレクトショップでボトルを手にした人ならば、知っている情報。もちろんデイリーユースの人たちだって。

これは、もう少し先のお話です。

寄付や支援プロジェクトによって、誰の生活に変化を与えているんだろう。目の前にあるボトルが、私たちの毎日の節水を呼びかける。そうして、ムダに失われずにすんだ水が、場所を変えて、タンザニアの子どもたちの暮らしを変えようとしていました。

「私を使っている間は水を止めて!」
世界初“節水”を呼びかけるコスメ

7e1ea0db2fa1cc546e16e15e0a0761290e42b9d2

製品名は「STOP THE WATER WHILE USING ME!(ストップザウォーターホワイルユージ ングミー!)」。なんとも長いネーミングですが、このブランドネームこそコンセプトそのもの。

「私を使っている間は水を止めて!」

ボディ、ヘア、オーラル、これらの製品を使っているあいだだけでも、流しっぱなしのシャワーや蛇口を止め、節水を心がけてほしい。環境先進国ドイツに誕生したブランドは、日本でも2012年より取扱いが始まりました。

もしかしたら、こうしたメッセージ性よりもエココンシャスなデザインや、人も環境にもやさしい天然オーガニック原料のほうが注目されてきたかもしれません。

Ec6c401fc7ca512fef8833756d438aef2d52dfc3

では、水を守る彼らの具体的なアクションとは、どんなものなのでしょう。みんながセーブした水を、水で苦しんでいる人たちに届ける。「GOOD WATER PROJECT」の活動をご紹介。

タンザニアの子どもたちの
暮らしを変えた水の集めかた

26d3185490fd52d23541ffda4d53615dfde6d6a0

アフリカで清潔な飲み水の確保が難しい国のひとつタンザニア。村からいちばん近い井戸まで何キロもの道のりを、一日に何往復もしなければいけないこともあるそうです。

この地に、水を寄付することに決めたGOOD WATER PROJECTのメンバーたち。北タンザニアにあるエンダボク村の小学校に、霧を集めて水をつくるフォグコレクター(霧の収集器)を設置するプロジェクトに支援をしました。

63dacf507fc813afc3bdad2f41fb6934f31585d0B834d50524e5b58d7af7058c4d339a20befed6abF46f133f8d7849be1986cd859ea8765c448a9bf0

山から吹き下ろされる風に含まれる湿気をネットが受け止め、霧を集めて飲料水に変換する、ごくシンプルな構造は、何の動力も必要としない持続可能な方法です。子どもたちも総出で不織布を張る作業のおてつだい。

夕方にタンクをセットするだけ。これで、最大で一日に4,000リットル、年間約146万リットルもの飲み水が確保できる計算です。

井戸を堀り地中の水をくみ上げるのではなく、空から水を集めて飲料水にする。「タンザニア・スカイ・ウォーター」と名付けられた手づくりのフォグコレクターで得られる水が、村の子どもたちにたくさんの時間をもたらしているそうですよ。

水を節約して、水を寄付する。

日本にいると、「水不足」という問題になかなか関心が向かないのが正直なところ。けれど世界には何億人もの人たちが、今日を生きるための水に困っている事実があります。

水を節約して、水を寄付する。製品のコンセプトや彼らの取り組みに、少しでも共感できる人は、ブランドページをのぞいてみてはいかがでしょう。オンラインショップに限らず、GOOD WATER PROJECTの活動報告も。

たとえこの製品を毎日使っていなくても、蛇口やシャワーから流れつづける水に、きっと意識が向くようになるはずだから。

Licensed material used with permission by STOP THE WATER WHILE USING ME! 公式ブランドページ
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
世界の水のほとんどは海水だ。そのうち人間が利用可能な淡水はたったの数%ほど。しかも、そのほとんどが北極や南極で凍っている氷塊である。それだけ安全に利用でき...
燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクは、ガソリンを使わずに走れて、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるとい...
死ぬまでに一度は行っておきたい。そう思えるホテルが世界中にはいくつも存在します。ここで紹介するのもそんなホテルの中の一つ。タンザニアのペンバ島に存在する「...
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
アラブ首長国連邦(UAE)は、世界でも特に水不足が深刻な国。ここ最近は干ばつの影響もあり、ますます大きな問題となっています。その解決のために、「Natio...
「The Magic Water」は、特殊な技術で抽出したアルカリ性の水のクリーナーです。つまり、原料は水オンリー。界面活性剤どころか、水以外は一切使って...
確かにこの発想は一理あり。空気に触れると酸化が進み、徐々に劣化してしまうのは、醤油も化粧水も同じ。だからこそ、馴染みのある“あの真空ボトル”に詰めこむこと...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
カリフォルニア州ロサンゼルスの映画館で、ミネラルウォーターを使ったあるドッキリが仕掛けられました。満席の館内、スタッフがミネラルウォーターを無料で配りはじ...
通常のソレとはまったく異なる形状のウォーターボトル。まるでノートのようなビジュアルに、多くの人が虜になっている模様です。なるほど、確かにその気持ちわかりま...
その理由は、「THE PINT」がボトルであり、グラスでもあるから。水やジュースはもちろん、トランスフォームさせてコーヒーやビールだって楽しめるため、ちょ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
London’s Royal College of Artの学生、「Simin Qiu」さんがデザインした「水道」のアイデアが美しくてとても機能的!こんな...
もしも、どんなに汚れている水でも、すぐに飲料水に変えてしまう魔法のボトルがあったら…。アメリカに住むマイケル・プリチャードさんは、2004年スマトラ島沖地...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
リトアニア共和国の首都ビリニュス在住のイラストレーターEglė Plytnikaitė氏は、自身のイラストを使ってFacebook上で、あるプロジェクトを...
水や砂糖など、身近にある材料を使って描いた作品が注目を浴びているイギリス在中のAravis Dolmennaさん。どれも遊び心いっぱいで、絵本の中のような...
「Warka Water(ワルカウォーター)」は、電気を使わずに大気中の霧や雨露を集めて飲み水を確保できる竹製の装置だ。設置や移動が簡単で、低コスト。しか...