マフィアに愛された「タルト」。失敗のはずが、なぜ大成功に?

ナポリの真南、ティレニア海に浮かぶ小さな島・カプリ島。イタリアきっての観光地「青の洞窟」でも有名なこの島が発祥のチョコレートタルトがあります。その名は「トルタ・カプレーゼ」。

小麦粉をはじめ、穀粉をいっさい入れないでつくる珍しいレシピに、健康意識の高い欧米人たちは、「グルテンフリーのケーキ」として注目しているようです。

さて、ここではトルタ・カプレーゼのレシピ、ではなくこのタルトの誕生秘話にご注目。起源について諸説あるようですが、「Food 52」で紹介されていたマフィアと密接な関係のあるこのエピソードが最高。

マフィアとスイーツの
蜜月な関係

Medium eebe8e0dbf7f747bf0a736b6312601124034de8b
Photo by Emiko Davies

それは、今からおよそ100年前1920年代のこと。3人のイタリア系アメリカ人のマフィアたちが、風光明媚なカプリ島を訪れた時のこと。

彼らはボスであるアル・カポネの命を受け、この島にスパッツを買いに来ていました。今のものと違い、当時のスパッツは短い靴の上からかぶせるように装着するもので、19世紀末から20世紀初頭にかけてファッションとして流行していました。

ピンストライプ地のスーツにフェルト製の中折れ帽、そしてこのカプリでつくられる白いスパッツが、この時代のアル・カポネのトレードマークだったようです。

致命的なミスから一転
結果オーライが生んだ味

さて、この島には腕利きのケーキ職人がいました。Carmine di Fioreがその人。ある日、彼はアメリカからやってきた例の3人に、チョコレートとアーモンドのタルトをつくることに。

そこで、ある事件が起きたのです。

じつはCarmine、マフィアたちの雰囲気に萎縮した訳ではないでしょうが、本来ならば材料に入れるはずの小麦粉をうっかり入れ忘れたことに気がつかず、タルトを焼いて彼らに提供してしまいました。

ボウルに用意されたままの小麦粉を目にしたときは、すでにあとの祭り。すると、テーブル席からCarmineを呼ぶ声が。自分の失態を責められる、きっと生きた心地がしなかったはず。なんせ、タルトを振舞っているのはフツーのお客ではないのですから。

ところが…失敗は成功のもと?マフィアたちは、これまで口にしたこともない甘く濃厚なタルトをいたく気に入り、Carmineを厨房から呼び出してまでレシピを聞きたかったと伝えたそう。

外はサクサクの食感、なのに中は驚くほどにしっとり。この日、マフィアが感激した味こそ、のちにトルタ・カプレーゼと呼ばれるものだった、というお話です。

5つの材料を混ぜて焼くだけ

Medium 4374efbae6b8f288cd07f4b49ace2acf77d7ae5c
Photo by Emiko Davies
Medium 13b8743373b4e88a1a559f5e11b026bded93d25f
Photo by Emiko Davies

アーモンドプードル(粉末にしたアーモンド)にチョコレート、バター、砂糖、あとは卵。すべて同じ量にして混ぜて焼くだけ。レシピなんてなくてもOK、材料さえ覚えておけばすぐにだって作れちゃうはず。一応、丁寧につくり方を書いてくれている、Emiko Daviesさんのレシピをこちらに。

シンプルながらデカダンを漂わす見た目とユニークなエピソード。今度はブラウニーでなく、こちらを試してみてはいかがでしょう。

Licensed material used with permission by Food 52
ビジュアルは、どこからどう見てもデコレーションケーキ。でも、その実態は…これは、見て楽しい、食べて楽しい、笑顔があふれる新しいかたちのサラダ「ベジデコサラ...
辛く悲しい失恋。そんな苦い記憶も、ニューヨーク在住のデザイナーIsabella Giancarlo氏の手にかかれば“甘い思い出”に大変身!その方法は単純明...
小さな八百屋「ミコト屋」が扱う果物は、1年中手に入るわけではありません。そんな旬の時期にしか出会えない、とびきりおいしい果物を使ってケーキをつくる「MER...
ケーキを作りたいけれど、手間がかかりすぎるし、失敗がこわい……。そんなふうに感じたことはありませんか? いま流行りのビスケットケーキなら、超カンタンで、オ...
ロシア人パティシエ、Olga Noskovaさんのケーキが海外メディアやSNSで話題。なぜかというと、まるで鏡のごとく光沢がーー。つやっつやのピッカピカ!...
成功までの長い道のりで、つい忘れてしまいがちなことがあります。でも、そのポイントを覚えておけるか否かが、その後の結果を大きく左右することに。「I Hear...
ここで紹介するのは、クロワッサンとマフィンを掛け合わせたハイブリッドスイーツ、その名も「クラフィン」!クロワッサン×ドーナツから成る、ニューヨーク発のクロ...
この、美味しそうにデコレーションされたチョコレートケーキが、いまからクルクルと回転していきます。すると…メチャクチャ不思議!楽しい仕掛けがぎっしり詰まって...
色鮮やかなフルーツを使ったこだわりのタルトが人気のキル フェ ボンから、とても贅沢な“冬限定”商品が登場しました。その名も「特選 白イチゴ〜初恋の香り〜の...
先日2016年2月11日、サンフランシスコ発のチョコレート専門店「DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオンチョコレート)」の日本1号店が東京...
お米が旬をむかえ、全国から新米の便りが届きはじめました。ほかほか炊きたてごはんの美味しさは、わざわざ書くまでもなく。そこで、ここでは「五平餅」にすることで...
フランスで「魔法のケーキ」と話題を集めたレシピがあります。混ぜて焼くだけの楽チン工程。シンプルなレシピなのにスポンジ、カスタード、フラン(フランスのプリン...
おもちにきなこと黒蜜をかけて食べる、山梨のお菓子「信玄餅」。その進化版とも言える「水信玄餅」は国内でも話題になりましたが、さらにこれにインスパイヤされた「...
光あるところには必ず影があります。しかし、イチロー選手はその影の部分、すなわち一流アスリートならではの苦しみやプレッシャーすらも、みずからの技量の向上や精...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
アメリカでは、アイスクリームショップだけでなく、レストランやダイナーでも色とりどり、形もさまざまなアイスクリームケーキが販売されています。1カットだけ食べ...
コンデンスミルク、バター、ココアパウダーだけでつくるブラジルの定番チョコ「ブリガデイロ」。家庭でもつくるほか、どこのお店でも手に入るほど生活のなかに浸透し...
栄養価の高い人気者として、完全に市民権を得た“森のバター”ことアボカド。「FOODMATTERS」には、すでに広く知られているものから「そうだったの!?」...
考えてみれば、たしかにめちゃくちゃスゴい話。だって、本来バスケのフリースローは5.8m(スリーポイントラインからだって6.25m)だ。そもそも、どうすれば...
「テオブロマ・カカオ」これは、チョコレートやココアの原料となるカカオの学名。その意味は、“神様の食べ物”。「もう我慢する必要なし」とばかりに、あらゆる研究...