成長するにつれて本当の意味がわかった、メンターからの「7つのアドバイス」

優秀なスポーツ選手に名コーチがつきもののように、人がより良く生きるためには自分のメンターになってくれる人の存在が必要です。

Inc.」に寄稿するライターのNicolas Cole氏は、幸運にも仕事で素晴らしいメンターに出会う機会があったそうです。彼は、これまで出会った中で一番信頼の置ける人だと言うRon Gibori氏からたくさんのことを学びました。

01.
いつだって
別の方法がある

F5356ac935f94f73662bce3ef155f49807a7f24a

初めてIdea Boothへ出勤した日、ロンはFlipboardに自社を掲載するにはどうしたらいいか調べるように僕に言った。それで、Googleで10分くらい調べてから「調べたけど、できません。こういう方法や、こういう方法ならできますが、指示されたことはできません」と報告したんだ。

そうしたらロンは笑って「いつだって、別の方法があるはずだよ。それを探しなさい」って言ったんだ。ロンが正しかったよ。20分後に、ちゃんと解決した。その日から「できません」って言いたくなるようなことが起きたとき、ロンは「Flipboardだよ」って言うんだ。

02.
すぐ賛成されるアイデアは
リスクがないだけ

自分のアイデアを説明した瞬間に相手からポジティブな反応が返ってきたら、そのアイデアは単に無難なだけだって思ったほうがいい。本当に世界を変えるようなアイデアっていうのは、相手に疑問を抱かせて、質問が生まれるものなんだ。そうして、より良いアイデアに発展する余地がある。

言った瞬間に賛成されるようなアイデアは、大きなムーブメントになるためのリスクが足りないってことだよ。

03.
肩書きには
なんの意味もない

82e273ba7e6c7d74abd5dd9fdea2de735dcef328

大卒で就職したばかりの頃、自分よりも高給取りの人が羨ましくて、「早く名前の横に書く肩書きがほしい」って思っていた。ロンにも、「どうしたら肩書きがもらえるのか」って聞いていたんだけど、彼はこう言うだけだった。

「肩書きなんて関係ない。目の前の仕事にちゃんと集中しなさい」

そのアドバイスの意味がわかるまで、時間がかかった。自分の仕事の腕じゃなくて、肩書きに頼る人が意外に多いってわかったんだ。仕事の成果じゃなく、肩書きにものを言わせようとする人もいる。本当に、肩書きなんてほとんど意味がなかったんだ。

04.
"物"が本当の満足感を
与えてくれることはない

これもやっぱり新卒すぐのときに思っていたんだけど、成功したらかっこいい車、服、それからセクシーな女性を手に入れたいって思っていた。このときロンは、

「成功を持っている“物”で測るべきじゃない。いくら物を持ったって、それで満たされるわけじゃないよ」

って言ったんだ。

高給レストランの前に止まったフェラーリを指をくわえて見ていた新卒社員としては、なかなか受け入れがたいアドバイスだったけど、それもロンが正しかった。物を持っても次の物が欲しくなって、永遠に満たされることはない。自分のやっていることを好きになって、もっとやりたい、楽しいって感じられるようにすることのほうがずっと満たされることだったんだ。

05.
良いアイデアは
机の上からは出てこない

Bc032694d55c2237f83bb7182b1d70a95bc258c4

僕は毎日のルーチンワークに追われがちなんだけど、ロンはいつでも新しいことにチャレンジしていた。確かに、クリエイティブなインスピレーションって、部屋の中に閉じこもってばかりいては出てこないんだ。

たとえば、変わったレストランでディナーを食べてるとき、ブルース・バーでライブを見ているとき、美術館に行ったとき、公園を散歩しているとき、ヨガ教室でヨガをしているとき。

そういう風に普段と違った環境に身を置いたとき、新しいアイデアが生まれるものなんだ。

06.
「やります」と言ってから
どうやるかを考える

ここ数年の僕の一番の変化は、まったく知らないことに対しても「イエス」って言えるようになったことだよ。考えてみれば、自分がすべてを把握しているシチュエーションに出会うことのほうが少ないし、「よく知らない」という理由で「イエス」をためらっていたら、たくさんの機会を逃してしまう。

「知らないってことは、怖いことじゃない」ってわかってから、僕は「自分ならなんとかできる」って信じるようにしてるんだ。

07.
本当にクリエイティブなら
人の評価は気にならない

0e56b2afba4435bcd733bec5e665e6ca7f097107

僕がロンから学んだ最大のレッスンは、クリエイティブなことをやろうとしている人の最大の敵は、「評価に対する恐怖」だってこと。

でも、本当にクリエイティブなことをしている人なら、自分のやるべきことに集中しているから、他人からの評価なんて気にしている暇はないはずなんだ。

Licensed material used with permission by Nicolas Cole
あなたの周りにもきっといる、クリエイティブで斬新なアイデアをどんどん生み出す人。彼らのように仕事をするためには、キレのある頭脳と集中力が必要ですが、それ以...
あなたの周りに、何をやっても「うまくいく人」がいるかもしれません。彼らは、どうして成功を収めることができるのでしょうか?きっとそれは、心の中に持っているい...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
岩佐 大輝/Hiroki Iwasa1977年、宮城県山元町出身。大学在学中の2002年にITコンサルティングを主業とする株式会社ズノウを設立。東日本大震...
どういう人生が成功といえるのか、分からない若者たちへ──。アメリカの20代に人気のウェブメディア「Elite Daily」で紹介されていた「成功の形」に関...
今ではフリーランスのノマドワーカーとして知られ、多方面で活躍中の安藤美冬さん。しかし26歳のときには、人生のどん底にいたと語っています。そんな安藤さんが立...
自分の人生をどう捉え、どう演出していくか。節目の年齢、40歳を迎えたライターCat O'connor氏は、20代、30代に向けてアドバイスを送ります。彼女...
赤ちゃんが出てくる夢は基本的に吉夢とされることも多いです。なぜなら、赤ちゃんはお母さんと深いつながりのある存在だから。しかし、つながりが深いからこそ、夢の...
フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...
アカデミー賞からグラミー賞の獲得まで、幅広い活動の中で成功をおさめているウィル・スミスですが、その影には彼が大切にしている哲学がありました。「ウィル・スミ...
何かに流されながら、なんとなく生きていませんか? 面倒だから今この流れに乗ってしまおう…なんて考えていると、表面上は取り繕えていても、後でつらい思いをする...
「成功したい、成長したい」と多くの人が思っているはず。でも実現できない時、きっと失敗を恐れて行動していないのでは?成功や成長は、行動の先にしか成り立ちませ...
本当にクリエイティブな人たちが、絶対にやっていない行動。そんな興味深い内容を、ライターNicolas Cole氏が「Inc.com」にまとめています。この...
人として成長するためには、何か大きなことを成し遂げなければならないように思いがち。でも実際のところ、成長と一番大きく関わっているのは、日々の生活習慣です。...
隣の芝生は青く見える、と言いますが、あなたがどんなに成功していたとしても、世界一になるというのは、なかなか難しいものですよね。どんなことにだって、上には上...
「I Heart Intelligence」において、ライターのEevee G氏が、クリエイティブな人の19の特徴について書いています。人とは違った視点で...
いつも物事を一歩前に進めてくれるポジティブな人って、一体どんな共通点があるんでしょうか?その考え方を参考にすれば、前向きな行動ができるかも!1.座右の銘は...
「クリエイティブでイノベーティブな発想とは、生まれ持った特性ではない」そう書いているのは、心理学業界で精神の成熟度を測れる指標として知られている「EQ(心...
学生時代、評価ばかりを気にして、生活のリズムを変えてまで学業に励んだ経験はありませんか?それが人生の目標であれば達成したと言えますが、人生でもっと大きな成...
弱みを克服することも大切ですが、もっと大事なのは、あなたの強みを最大限に活かすこと。たとえば、夢を賭けた過酷な競争で知られるアメリカの起業家たちの間では、...