“成功体験”を増やすために知っておくべき7つのコト

「成功したい、成長したい」と多くの人が思っているはず。でも実現できない時、きっと失敗を恐れて行動していないのでは?成功や成長は、行動の先にしか成り立ちません。そうは言っても、難しいですよね。でもね、自分を信じる気持ちと、モチベーションがあればきっとできるはず。そんな行動を促す、私もしてきた7つの方法をお伝えします。

01.
「自分」というブランドに
先行投資し、価値を高める

what i want to do

いまや自分自身が商品であり、プロデューサーであり、広告塔や営業マンにもなる時代。そこで、自分というブランドに先行投資することでブランドの価値を高めましょう。

その先行投資とは、お金だけでなく、時間やエネルギーも一緒です。ブランドの価値はどれだけコツコツと小さなものを積み重ねてきたか。エルメスだってシャネルだって、コンセプトに沿った打ち出しから、信頼を積み重ね歴史を作ってきたのです。自分というブランドのコンセプトを明確にし、そのコンセプトを強めるものに、お金や時間、エネルギーをコツコツ投資していくと、気づけば大きな揺るぎないブランドになっています。

 02.
自分をクリアに保ち
成長させるためには循環させる

お金は水や血液と同じく、「循環するもの」だと思っています。とどめていたって濁るだけ。消費することで、そこにスペースができ、また新しいものが入ってきて流れができます。

それはお金だけでなく、愛や感謝、知識も一緒。もらったら、もらった分だけ与える。時にそれ以上に与える…こうしたことを繰り返していると、常に自分の中には余分なもの・古いものがなく、クリアな状態を保つことができ、成長します。

 03.
利益は惜しみなく還元する

what i want to do3

私は「利益は惜しみなく還元する」というスタンスでいました。正直、「ちょっと惜しいな」という気持ちはあります。でも、惜しいと思うくらいのものを手放すと、もっと頑張ろう!と思えて行動を促せるのです。だからお金も、なくなってもいいかな、というくらいの金額だったら投資はしません。ちょっとドキドキするくらいの投資をすると、コミットする力が増し、モチベーションのスイッチがオンになります。

04.
派手な失敗を
「恐怖モチベーション」に変える

一般に成功者と言われる有名企業の社長だって、巨万の富を築いた富豪だって、大きな失敗を乗り越えたからこそ今の地位があるという人がほとんど。失敗が大きいほど、学びも大きくなり、成長のチャンスとなるのです。痛手を被ることで、「もう二度とこんなことになりたくない」と、これが「恐怖モチベーション」となります。中途半端な失敗は、浅い傷で済むかもしれませんが、同じ過ちを犯す可能性大。「自分は試されているんだ」と思って、ゲームに挑む感覚で勇気を持って行動し、失敗もチャンスに変えましょう。

05.
当たり前のことに
心を込めて、地道に向き合う

what i want to do3

ビジネスにおいて、数ある企業のなかから自分や自分の会社を選んでもらうには、技術や商品力、サービスもさることながら、やはり「人間力」が重要です。

人間力とは、今すぐにつけようと思ってつけられるものではありません。小さな信頼を積み重ねていくことです。小さな信頼を得るためには、目の前のことをひとつずつ、丁寧に向き合っていくしかないのです。売上げが伸びない場合は、たいてい心が散漫な状態。ですから、そういうときほど、当たり前のことに心を込めて地道に向き合うのです。

 06.
「成功している私、なりたい私」
をイメージして行動する

映画「プリティ・ウーマン」をご存じですか?コールガールがレディとして振る舞ううちに、本当に素敵なレディに変身していくといったお話です。私にもこれと似たようなエピソードがあります。

サロンオーナーや美容家に憧れていた頃、当時はお金も人脈も、実績もありませんでした。それでも、「お金がないので、質素な生活をしています」とか、「私はまだ自信がないのでできません」なんてオーラは一切出しませんでした。実際になくてもあるように振る舞い行動していたのです。

常に「成功している私、なりたい私」をイメージし、その自分に発言や行動を委ねていたので、思ったよりも早くその夢は実現できたと思っています。

07.
小さな成功体験を積み上げれば
高いハードルもラクに越えられる

what i want to do3

今の生活をガラッと変えたくても、ハードルが高くて二の足を踏んでいませんか?私が変化を恐れないのは、「ちょっと冒険してみたら、案外大丈夫だった!」という小さな成功体験を積み上げてきた結果です。たとえば、一人旅に出てみる、コミュニティーに参加してみるなど、身近なことからチャレンジして、変化に対する免疫力をつけましょう。身体と同様に、習慣やマインドも、日々、「新陳代謝」が行なわれているのです。

好きなことでお金を稼ぐ方法~楽しみながら成功している人の38の習慣
コンテンツ提供元:長谷川朋美

シアトルに拠点を構える広告代理店の創業者にしてCEO、Jayson DeMers氏が、成功するために20代のうちに知っておくべきコトを「Inc.com」に...
隣の芝生は青く見える、と言いますが、あなたがどんなに成功していたとしても、世界一になるというのは、なかなか難しいものですよね。どんなことにだって、上には上...
「言霊」という単語があるほど、言葉の力は偉大です。前向きな言葉をつぶやけば、不思議と気持ちがポジティブになる。そんな経験をしたことがある人も多いのでは?つ...
成功までの長い道のりで、つい忘れてしまいがちなことがあります。でも、そのポイントを覚えておけるか否かが、その後の結果を大きく左右することに。「I Hear...
学生時代、評価ばかりを気にして、生活のリズムを変えてまで学業に励んだ経験はありませんか?それが人生の目標であれば達成したと言えますが、人生でもっと大きな成...
どういう人生が成功といえるのか、分からない若者たちへ──。アメリカの20代に人気のウェブメディア「Elite Daily」で紹介されていた「成功の形」に関...
岩佐 大輝/Hiroki Iwasa1977年、宮城県山元町出身。大学在学中の2002年にITコンサルティングを主業とする株式会社ズノウを設立。東日本大震...
成功者。彼らに共通するのは、優秀であること、努力家であること、それぞれの分野で道を究めていること、そして、運も味方につけられること――。成功者たちはまた、...
人生どの地点で成功を収めるかは人それぞれ。まだ何も手にしていない!という人は、ぜひこの記事をチェックしてみては?その内容は、「あなたが“遅咲き”で成功を手...
現代物理学の父と称され、2016年2月に観測された「重力波」を100年前に予測していたなど、今でも科学に大きな影響を与えているアインシュタイン。彼は人生に...
人生を成功させたいなら、自分の中で常に持っておくべきリストがある。そう記事の中で指摘するのは、「Lifehack」のライター、Djordje Todoro...
光あるところには必ず影があります。しかし、イチロー選手はその影の部分、すなわち一流アスリートならではの苦しみやプレッシャーすらも、みずからの技量の向上や精...
成功するためには失敗しなければならない。何だか、逆説的な話ですが、成功した人は、みな口を揃えてこう言うから不思議。「失敗は成功のもと」と、日本でも古くから...
世の中には沢山の「成功法則」に関する書籍がある。そこには多くのポジティブワードが散りばめられている。「常に笑顔」、「楽観的になる」「大きな声で挨拶する」、...
20年以上勤めていた会社を、いきなりクビになったTyler C. Beaty氏。その後、彼は一念発起して起業。成功者の仲間入りを果たしています。Beaty...
成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報...
「WittyFeed」のFacebookで興味深いイラストが紹介されていました。それは、成功する人としない人の、行動や習慣の違いをシンプルに表したもの。画...
ベストセラー作家のTravis Bradberry氏が、度胸をつけるためにするべきことをまとめています。記事によると、「度胸」こそが、成功する人とその他の...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
成功するための基本は行動することにある。これは、ビジネス誌の編集ライターJef Haden氏が「Inc.com」に寄せたメッセージ。多くのビジネスパーソン...