「普通の人」が成功するために必要な9つの力

世の中には沢山の「成功法則」に関する書籍がある。

そこには多くのポジティブワードが散りばめられている。
「常に笑顔」、「楽観的になる」「大きな声で挨拶する」、「ツイていると思い込む」、「苦難をチャンスと思う」、「やりたいことを口に出す」、「自分がワクワクすることだけをやる」、「いい言葉だけを口にする」――。

それらはいかにも成功者を作り出せそうだし、私がお会いした成功者の中にも、こういうことを実践されている方も確かに大勢いた。
けれど、こういうことが出来るのは、元々、自分に自信のある、『成功する素質』を持っている人たちだ。
言い換えれば、元々、勝負強い人、幸運体質・成功体質の人である。
ほっといても、自ら成功をつかみ取ってしまう人、小学校時代の同級生に「あいつならやると思った」と言われるような人たちである。
一方で、普通の人、または、「え?あの人が?」という地味で目立たず、オドオドしているような人、何をやっても空回りで失敗だらけだった人が、大成功したり、大きな運を引き寄せたりするケースに時々出会う。
彼らは、いわゆる、きらびやかな分かり易い「成功者」ではないため、なかなかメディアに出てこない。

だから、彼らの成功法則は伝わりづらい。けれど、多くの人が知りたいのは、そういう人たちが何をしてきたのか。まさに、ここに私たちが参考にすべきポイントがあるのではないか。

私がこれまでに出会った、驚くような「シンデレラストーリー」を叶えた「普通の人たち」がやっていたこと、そして、彼らに共通していたことは、こんなことだ。

1.地味で目立たなくてもいい

ordinary002

頑張って朗らかな性格を演じてみたり、無理におしゃべりになったりしない。
地味だって悪い印象ばかりじゃない。地味で目立たない人は、頼りなげで、そんな人にこそ周囲の人は力を貸したいと思うもの。
真面目だし、裏切らなそう、信頼できそうだって思わせればいい。

2.人の言うことを素直に聞き入れる

アドバイスには眉唾のものもある。自分の意に沿わないものもあるだろう。でも、とりあえずその通りやってみる。
その愚直さに、アドバイスしてくれた人も応援せずにはいられなくなるはずだから。

3.誰かになろうとはしない

ordinary003

○○みたいになりたい、○○みたいに成功したい、○○みたいに輝きたい。
そんなふうにロールモデルがいてもいい。 しかし、それは貴方ではないし、貴方がそうなるべきでもない。 貴方は貴方らしく、貴方の色でいることが、周りに「貴方の魅力」を最も与えることになる。

4.人生のボトムラインを知っている

騙される、人に裏切られる、お金を取られる、会社がなくなる、大事なものを失う――。
こういった絶望の淵に立った人にしか持てない視力がある、底力がある、優しさがある。

5.動き続けることで、運を引き寄せる

動き続けることの必要性を説く人は多い。それは、ひいては圧倒的な努力を意味するからだ。
また同時に、人は動き続けることで自分の周りに「風」を作る。 空気を淀ませない。 空気を動かすことは、運気を動かすことでもある。

6.誰も見ていなくても、人の嫌がる仕事が出来る

ordinary004

人が嫌がる仕事の中にこそ、ビジネスチャンスは埋まっているもの。だって、誰も見つけに行こうとしていないのだから。
「お天道様は見てる」と人は言うけれど、何より、「自分自身」の欺瞞を許せない人の品格は必ず伝わる。

7.目の前にあることを一生懸命やる

つまらなくても、馬鹿にするなと思っても、目の前の事に腐らないで向き合う。どんなに簡単、くだらないことと思っても、目の前のことをバカ正直にやる。
そんな人に運は訪れる。 神は細部に宿るから。

8.人がいい

ordinary005

「お人好し」は、時にだまされたり、利用されたりすることもあるかもしれない。けれど、人を信頼する時、何かを任せようと思う時、一番のベースになるのは「人のよさ」だ。
その「よさ」が、悪い人に「悪用」されるんじゃなくて、いい人に見つけられて、「善用」されればいいだけだ。

9.弱虫ではない。慎重である

スポットライトは、リスクを恐れず、果敢に挑戦する者ばかりに当たりがちだ。 しかし、大事なことは、いかに成功の確率を上げるかだ。そこには、リスク回避のための努力も必要だ。 慎重になり、リスク回避をするのは、決して弱虫だからではない。

執筆者・谷本有香

経済キャスター/ジャーナリスト英ブレア元首相やマイケル・サンデル ハーバード大学教授の独占インタビューはじめ、1,000名を超える世界の著名人にインタビュー実績がある。テレビ朝日「サンデースクランブル」にゲストコメンテーターとして不定期出演中。

谷本有香さんのTABI LABOインタビュー記事はコチラ

成功までの長い道のりで、つい忘れてしまいがちなことがあります。でも、そのポイントを覚えておけるか否かが、その後の結果を大きく左右することに。「I Hear...
成功するためには失敗しなければならない。何だか、逆説的な話ですが、成功した人は、みな口を揃えてこう言うから不思議。「失敗は成功のもと」と、日本でも古くから...
学生時代、評価ばかりを気にして、生活のリズムを変えてまで学業に励んだ経験はありませんか?それが人生の目標であれば達成したと言えますが、人生でもっと大きな成...
成功者。彼らに共通するのは、優秀であること、努力家であること、それぞれの分野で道を究めていること、そして、運も味方につけられること――。成功者たちはまた、...
ベストセラー作家のTravis Bradberry氏が、度胸をつけるためにするべきことをまとめています。記事によると、「度胸」こそが、成功する人とその他の...
どういう人生が成功といえるのか、分からない若者たちへ──。アメリカの20代に人気のウェブメディア「Elite Daily」で紹介されていた「成功の形」に関...
現代物理学の父と称され、2016年2月に観測された「重力波」を100年前に予測していたなど、今でも科学に大きな影響を与えているアインシュタイン。彼は人生に...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
「言霊」という単語があるほど、言葉の力は偉大です。前向きな言葉をつぶやけば、不思議と気持ちがポジティブになる。そんな経験をしたことがある人も多いのでは?つ...
人生どの地点で成功を収めるかは人それぞれ。まだ何も手にしていない!という人は、ぜひこの記事をチェックしてみては?その内容は、「あなたが“遅咲き”で成功を手...
隣の芝生は青く見える、と言いますが、あなたがどんなに成功していたとしても、世界一になるというのは、なかなか難しいものですよね。どんなことにだって、上には上...
光あるところには必ず影があります。しかし、イチロー選手はその影の部分、すなわち一流アスリートならではの苦しみやプレッシャーすらも、みずからの技量の向上や精...
何かに失敗し、「自分はなんてダメな人間なんだろう」と落ち込んでしまったことは、きっと誰にでもありますよね。長い目で見るとその経験が成功につながることも多い...
中学、高校の頃を思い出してほしい。毎年夏になると学校や塾の先生から、「勉強で1番差がつく季節」と言われたりはしなかっただろうか?では、今はどうだろう。昔と...
発明家トーマス・エジソン。彼の失敗についての考え方はとても有名です。「失敗は積極的にしていきたい。なぜなら、それは成功と同じくらい貴重だからだ。失敗がなけ...
「成功したい、成長したい」と多くの人が思っているはず。でも実現できない時、きっと失敗を恐れて行動していないのでは?成功や成長は、行動の先にしか成り立ちませ...
成功するための基本は行動することにある。これは、ビジネス誌の編集ライターJef Haden氏が「Inc.com」に寄せたメッセージ。多くのビジネスパーソン...
20年以上勤めていた会社を、いきなりクビになったTyler C. Beaty氏。その後、彼は一念発起して起業。成功者の仲間入りを果たしています。Beaty...
人生を成功させたいなら、自分の中で常に持っておくべきリストがある。そう記事の中で指摘するのは、「Lifehack」のライター、Djordje Todoro...
成功の定義は人それぞれあるかもしれません。だけど、「成功した人」は何がそうさせたのでしょうか。ここでは、成功と失敗に対する考え方を変えることで、自殺率が下...