Googleマーケターからのキャリアチェンジは、手づくりキャンドル屋さん!?

得てしてアロマキャンドルは、安いものかハイエンドで高価なものかで二極化します。買ったはいいが、「もったいなくて使う気になれないのでは意味がない」。こう考えたGoogleの社員が二人、会社を辞めてイチからつくり始めたリーズナブルなキャンドルが、ちょっとした話題になっているようです。 

Googleの元マーケターがつくる
低価格のアロマキャンドル

Medium 1198be5fa2fc76826ea2ffb9098e87f5df0d7ef0Medium f58403d1130080393d3ae48f6870cc02a4d84a60

 Googleを退職して手づくりアロマキャンドルのクラフトメーカーをブルックリンに立ち上げたのは、Stephen TracyとHarry Doullの二人。

2014年、初めて顔を合わせたとき、話の流れで登場したアロマキャンドルの話題で意気投合。あまりに高価なものばかりでデイリーユースと呼ぶには程遠いという想いが一致したんだとか。それから1年後、温めていた計画を実行すべく、ブルックリンに倉庫を借りて起業。「keap」がスタートしました。

デザイン経験もない、マーケターとデータサイエンティスト。けれど、彼らにはGoogleで培ったビジネスモデルをキャンドル製作にも生かしていくのです。

フィードバックで改良を重ねる
「ユーザー中心設計」が生きた

Medium 8a20a33d35e156ae9ca63ec350af40e5fd4262d5Medium ada1a7237bcb19fa0f6a55557375b138f0d73f8a

まったくの畑違いの事業を始めた二人が、最も気を配ったのが「デザイン」だそう。デザイナーを雇ったものの、自分たちのカラーを打ち出すうえで、ユーザーのフィードバックに基づいて改良に改良を重ねていく日々だったとか。

デザインの各段階において、エンドユーザーのインターフェースに注意を払ってデザインしていくこと。そうした「ユーザー中心設計」こそ、前職で彼らが培ってきたノウハウだとTracyは強調します。

製品のための素晴らしいアイデアを持っている。そのことが需要なんじゃなくて、それを届けたいエンドユーザーたちのことを理解していることの方が、よっぽど大切なんですよね」、とこんな具合に。

失敗や問題をどう解決していくか。Googleでの実践は、彼らのキャンドルづくりの原点に生かされ、ビジネスモデルとなっていったようです。

香りのイメージをネーミングに

Medium e2621f26051d299a0682ff41d7e2e0136c1f2a74

「波」

Medium d9e9a465d4fa9ca98040403c824344f7848ddf09

新鮮な空気、潮の香り。太陽に焼けた砂の匂い。誰もがみんな海にあったかい思い出があります。このキャンドルは、そこにあなたの気持ちを連れていく香り。

シーソルト、ガルバナム、シーウィード、アニス、シクラメンなど。

「森の山小屋」

Medium 10c894b8921ca78adc8e0cefc75f53a487172f1e

朝露おりた苔を踏みしめながら歩く森の中。風の冷たさも心地いい秋の日のハイキングを連想させる香り。

ヒノキ、シダーウッド、コケ、ナツメグ、パロサントなど。

「温泉でリラックス」

Medium e50e20562949a70cf43162155a5d7625fcd183bc

体ばかりか心までリラックスさせるスパ。うっとりするハーブ香の水を熱々の岩石にかければ、さっきまでの疲れも忘れてしまう。そんな心地良い香り。

スギ、ユーカリ、ミカンの花、ラベンダー、ユズなど。

「晴れた日のグリーンマーケット」

Medium d8c80900c5e8875be80bfabc766b12d6c6afa27a

週末の朝、マーケットの横を通ると、山のように積まれたハーブや果実からむせかえるようなアロマ香が立ち上ります。収穫に感謝したくなるフレッシュなよろこびを表現した香り。

バジル、ミント、コリアンダー、ヒヤシンス、キュウリ、いちじくの葉など。

そうそう、このKeapのキャンドルは購入すると慈善団体「SolarAid」を通じて、電気を使えない環境で生活する人々に、太陽光で動くランプが寄付される仕組み。こんなチャリティに参加できるのもいいですよね。

残念ながら、今のところ米国国内のみの出荷だそうですが、今後国外への配送も視野に入れているそう。価格は1つ35ドル(約3,500円)なら、普段使いにもアリでしょ。

Photo by Will Mebane
Reference:Co.Design
Licensed material used with permission by Keap
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
5年間ノンストップで移動し続ける飛行機!!海外でWi-Fiが繋がらなくて困った事ありませんか? その悩みFacebookが飛行機で解決するみたいです。いま...
どうやら全自動走行車の開発は順調と見える。つい先日も、米テキサス州で、全自動走行車として初めてとなる商用車(大型トラック)の公道テストが認可されたというニ...
インターネットをどこでも使えることは私たちにとっては当たり前のことですが、世界では違います。都市部から離れた農村や山岳部など、未だ整備の行き届いていない地...
勤めている会社の駐車場にトラックを停め、その中で生活をする。そんな少し変わった23歳のGoogle社員が、世界中で話題になっています。120万円で購入した...
あのGoogle EarthがついにVRに対応。その親和性の高さは、言わずもがな。世界の絶景を、よりリアルに楽しめるようになりました。こちらが、同サービス...
Googleマップといえば、建物の内部に入れたり、3Dグラフィック機能が追加されたりと、機能向上は日進月歩。唯一の難点は、ときたま感じる動作の重さでしょう...
1998年の創業以来、イノベーティブな企業の最先端を走るGoogle。同社は新たな取り組みとして、独自のデータや研究に基づいた、HR分野の改善に役立つ情報...
アフリカ・ケニアの自然保護区に、「Googleストリートビュー」が新たに加わりました。ただ、赤土の道をガイドしている訳ではありません。今回のプロジェクト、...
「アイデアに価値はない。それを実行できてはじめて価値になる」。そう言い切るのは、Google CEOのラリー・ペイジ。起業家のジェームス・アルトゥーカー氏...
Googleが開発を進めるモジュール式スマホ「Project Ara」の最新映像が公開されました。ユーザーが使いたい機能をモジュール形式で本体に付け替えて...
2015年11月3日、Official Gmail Blogで紹介されたメール管理アプリの新機能が話題に!なんと、Gmailが受信したメールの内容を理解し...
ネット社会で生きる私たちが研ぎ澄ますべきは、どのようなキーワードを組み合わせて検索するかというセンス。ではどうすれば、検索キーワードを思いつくようになるか...
未来の食事は、一体どのようになっているのでしょうか。一粒飲むだけで、すべての栄養が取れる万能サプリ?はたまた点滴だけで食事を済ませてしまうスタイル?未来に...
Google創業者ラリー・ペイジ氏が、母校ミシガン大学の卒業式で行ったスピーチが素晴らしいと絶賛されている。 「ものすごく大きい、バカみたいな夢を見ること...
当たり前のように、「ググる=検索する」と認知されているこのご時世。文字を打ち込む一般的なものはもちろん、最近では、音声認識による検索もポピュラーなものにな...
マンハッタンのロウワー・イースト・サイドに登場したポップアップレストラン。お客のほとんどがスマホを片手に料理を楽しんでいます。インスタ投稿用にパシャパシャ...
アラブ首長国連邦(UAE)にある「砂漠のリゾート」として知られるリワ砂漠。その砂漠をグーグルのストリートビューで撮影した画像がこちらだ。ゆらゆらと歩くラク...
ニューヨーク北部にある農場で暮らしているJason Ambrosinoさんは、凍傷によって足が動かなくなってしまった仔ウサギに、手づくりのスケボーをプレゼ...
「おじいちゃんおばあちゃん×最新のIT」という組み合わせは、ときに想像の斜め上をいく話題を振りまいてくれます。イギリスのリヴァプールに住む86歳のおばあち...