「人の印象」って、何で決まると思う?

第一印象を大きく左右する顔のパーツと聞いて、「目」を思い浮かべる人は大勢いるはず。もちろんそれはそれで正なのですが、髪型やヒゲも十分なインパクトを与えることが分かりました。

その証拠がこれらのポートレート。グラフィックデザイナーMarco D’Abramoの作品は、世界的に知られた人物を、目と鼻を描かずに表現したユニークなもの。それなのに、意外と誰なのかがハッキリと分かっちゃうんです。

01.

02.

03.

04.

05.

06.

07.

08.

09.

10.

11.

【正解】
01.ドナルド・トランプ
02.ヒラリー・クリントン
03.スティーブ・ジョブズ
04.オードリー・ヘプバーン
05.サルバドール・ダリ
06.マリリン・モンロー
07.チャールズ・チャップリン
08.マイケル・ジョーダン
09.ウディ・アレン
10.ウーピー・ゴールドバーグ
11.デヴィッド・ボウイ

ちなみに、その他の作品はこちら。改めて「人の印象」って、いろいろな要素で構成されているんですね〜。

Licensed material used with permission by Marco D'Abramo, (Facebook), (Instagram)
パーティや飲み会の場で話の中心にいる人を見たとき「自分もあんな風におもしろくなれたらなぁ」と思ったことがあるかもしれません。「The School of ...
文化にとって、嗜好品はとりわけ大事なもの。なかでもビールは世界中でもっとも親しまれている嗜好品のひとつ。楽しくビールを飲んでいるときに、思ってもいないアイ...
私は今まで2000人以上の男女の、魅力を引き出すお手伝いをしてきました。そこで気づいたのは、自分に自信がない人ほどコミュニケーション下手であるということ。...
セックスをする夢を見るということは欲求不満なのかと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、夢占いにおいては必ずしも欲求不満のあらわれとは言えません。セック...
大音量のミュージックに乗って暗闇でバイクをこぐ「FEELCYCLE」や、同じくBGM&暗闇で行う格闘系フィットネスクラブ「b-monster」のように、昨...
社会に出ると、たくさんの出会いがあります。しかし「続く関係性」を育むのはなかなか難しいものです。そんななか相手に「今後も会いたい」と思ってもらうために必要...
オトコの趣味なんて人それぞれなわけだから、一概にこれが正解!なんて言いません、もちろん。でも、「Elite Daily」女性ライターBrianna Cha...
「今日初めて会った人、どんな人だったっけ…?」初対面の人にも、印象に残る人と残らない人がいる。その差は一体どこにあるのだろう? 世界各国で活動していると、...
ここに紹介するのは、女性ライターNiki McGlosterが集めた著名人12人のメッセージ。さまざまな分野で世界に影響を与えてきたパワーウーマンたちの「...
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
あなたの周りに、存在感のある人はいますか?なぜかは分からないけれど、何となく周囲に一目置かれている人。姿を見せるだけで、その場の空気を変えられる人。地位や...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
Jamesさんは四児の父。それぞれ6歳、4歳、2歳、1歳の四人の娘さん、それに奥さんと一匹の犬、一匹の豚と一緒に暮らしています。そんなJamesさんがツイ...
ANA(全日空)のCA(客室乗務員)を25年間にわたり務めてきた里岡美津奈さん。その間には、天皇皇后両陛下や各国首相・国賓の特別機をアテンドした経験も。そ...
キスの夢は、愛情面でのコミュニケーション欲求を暗示します。好きな人と話をしたいというごく自然の欲求から、セックスをしたい、という大胆な欲求まで、愛情面に関...
これは「Expanded Consciousness」に掲載された、ジョークや著名人の発言などを抜粋したもの。一瞬考えさせられますが、ウィットに富んでいて...
これを見てパッと思い出したのは、2008年北京五輪の際に話題を呼んだメインスタジアム、通称「鳥の巣」。あの巨大な建築物を、かな〜〜〜りコンパクトに、そして...
「Japan Info」に紹介されたこの記事の妙味は、典型的な「日本人労働者を11の種族にカテゴライズ」している点。社会人が、これほど個性的な人種に分類で...