「アイスバケツチャレンジ」の象徴的アイコンが米博物館で永久展示

アイスバケツチャレンジを覚えているだろうか。ALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究支援と、この難病を広く世の中の人に知ってもらう目的で、2014年アメリカから世界中に広まった、あのソーシャル・ムーブメント。

その始まりとなったバケツが、「国立アメリカ歴史博物館」へと展示されることになった。

すべては、
このバケツから始まった

現在、最初のモノとされるバケツが展示されているのは、スミソニアン博物館群のひとつ、国立アメリカ歴史博物館内。スミソニアン協会が恒久展示と位置付けている「Giving in America」の展示品のひとつに、この国で生まれ世界へと広まっていったソーシャル・ムーブメントのシンボルが加わったことになる。

Giving in Americaは、アメリカの歴史の中で社会貢献活動の象徴的アイコンをスミソニアン協会が独自に選定し展示したもので、他にも1800年代の募金箱や、小児麻痺の救済を目的に1930年代に集められたDime Can(10セント硬貨を缶に入れて募金)などがある。

こうした当時の募金活動と同じようにアイスバケツチャレンジも、人から人へ、コミュニティを外へ外へと広げていったことに意味がある、と同展示の担当キュレーターはCBS Newsのインタビューに答えている。

バケツの特定はいかに?

ところで、あれだけの社会現象となったこのチャレンジの始まりのバケツを、どうやって見つけ出し、定義づけることができたのか。興味はどうしたってそこに行ってしまう。

が、まずはSNSで最初に拡散させたのは誰か?そちらに焦点を絞ってみたい。すでに世間でこれまで言われてきている通り、米プロゴルファーのChris Kennedyであるとする見方が大半。だか、どうやら彼が最初にバケツの氷水を被った人物ではなかったようだ。

TIMEの記事によれば、彼の妻のいとこにあたるJeanette Senerchiaさんの夫がALSを患っていたそう。Kennedyはこの男性のため、ALSを広く知ってもらう啓蒙活動の意味も込めて、 Senerchiaさんに氷水のバケツを頭から被るアイデアを考案。それを実行した人物こそSenerchiaさんだった。2014年7月16日のことだった。

つまり彼女が使ったバケツが、一連のムーブメントの最初の“アイコン”ということで決着したと、DCistは報じている

一般人、セレブ、ミリオネア、大統領、人種も職種も超えておよそ1,700万人がチャレンジに参加したと言われるアイスバケツチャレンジ。氷水を被って指名して、そちらのアクションばかりに注目が行っていた印象もあるが、 ALS協会は、これまでに120億円近い寄付が寄せられていると発表している。

2016年7月25日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の発症の原因となる遺伝子が新たに見つかったと発表されました。「Nature Genetics」に掲載され...
2014年の夏に話題となった「アイス・バケツ・チャレンジ」は、インターネットの影響力も加わったことで世界中に拡散され、大きな社会運動へと発展しました。氷水...
それが第3週の日曜日「National Ice Cream Day」、つまりは「アイスの日」。知ってた?単なるアイス好きの国民だから、なんて結論付けるのは...
失恋経験はありますか?忘れられない思い出の品は?ここは、“過去”の新しい家。「Brokenships Collection」は、かつて壮大に燃え上がったで...
世界的なクラフトビールブームの火付け役と言われているアメリカで、その歴史をアーカイブするための人員が募集されています。求人を出したのは、同国を代表する研究...
皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまっ...
暑い日に欲しくなるのがアイス。でもどんなに日差しが強くても、どんなに体を冷やしたくても、絶対に食べたくないアイスがあるんです。台湾の大学生グループ「100...
社会現象となった昨年夏の「アイスバケットチャレンジ」。各界の著名人から市井の人々まで、だれもが頭から氷水をかぶりました。「Elite Daily」に掲載さ...
企業が商品化したものの、売れずに市場から姿を消した、「失敗作ばかりを集めた博物館」が、スウェーデン南部ヘルシングボリに今月7日オープンした。開発企業からす...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
ごはんのお供として食卓に並ぶ“アレ”を使うだけで、普通のバニラアイスがトルコ風になる。今回紹介するのは「ビエボ」に掲載されている、そんな裏ワザです。なんと...
アメリカでは7月は「アイスクリーム月間」。さらに第3日曜日は「アイスクリームの日」。だからか、7月にインスタグラムに流れてくるのはアイスクリームのポストば...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
オルタナティブ・ファクト(もうひとつの真実)なんて言葉も登場する昨今。いろんなことを簡単に知ることができる一方、事実を知ることも難しくなってきているのかも...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
まだ10歳のとき、初めて目にした「iMac G5」に一目惚れした少年。おもちゃのミニバイクと家の除雪機とで、物々交換して手に入れた人生初のパソコン。それか...
私がディレクションを担当している〈3SUN(サン)〉から発売しているバッグ、「BAILER(ベイラー)」というシリーズです。自分でも50Lのネイビーと25...
路上にバケツをズラっと並べる一人の青年。彼が手に持っているのはドラムスティック。どうやら海外で活動している路上パフォーマーのようですが、その驚異的なテクニ...