見習い募集!「手作りの地球儀」をつくりませんか?(ロンドン)

地球儀をつくる職人、と聞いてもあまりピンとこないかもしれません。でも、ロンドンの老舗地球儀メーカー「Bellerby & Co」は、一つひとつをハンドメイドで作っているそう。「素敵だ…」と思った人に朗報です。Bellerby & Coは現在、見習い職人を募集中です。

マジメに求人を紹介すると、とても細かい作業なので、手先が器用で根気のある人を求めていて、採用後には半年〜1年の研修があるとのこと。

なかなか息の長い話になりますが、何年も修行をして熟練の職人になると、BBCやハリウッドのセットで使われている、大きな地球儀がつくれるようになる(!)そうですよ。

一つひとつを
手作りで。

Medium 861bc6ae56ba9ea881d33ed74da8bc904d5ab0f2

Photo by Ana Santl

なんともロマンを感じるのが、すべて手作りの地球儀であるということ。そんな会社は、世界でもここだけではないでしょうか。伝統的な手法を用いつつ、昔の地球儀のレプリカだけでなく、オリジナルのデザインも展開。

地道にコツコツと工程を進めていくので「作業自体を好きになれる人」じゃないとなかなか続かないそう。

Medium 513cf88437998b90abae883bb572d6121d8e887e

Photo by Andy Lockley

必要なのは
根気と忍耐と愛

Medium f145fc4e38274492dfe5f1d13513a271f365fd36

Photo by Gares Pon

応募資格は「自分の手で何かをつくったことがある人」。前職やバックグラウンドは関係ありません。もちろん、WEBデザインやCAD、フォトショップができる人は有利になりますが、この仕事に一番必要なのは根気と忍耐力、そして、この仕事に対する「愛」です。

自分で何かをつくるのは好きだけど、職務経験がないという人は、ポートフォリオと履歴書を送って、「なぜこの仕事がしたいか」や「自分が今までしてきたこと」をアピールしてみましょう。

Medium ba11eece6051abfb926aa08c8f91a400321d93f2

Photo by Bellerby Co Globemakers TeamShot

彼らは小さなチームで仕事をしているため、もちろんコミュニケーション能力も問われます!オープンな話し合いでいかに新しいアイデアを出せるか、が重要。

とてもアーティスティックな仕事ですが、地理の知識はなくても大丈夫。在籍している専門家がしっかり監修してくれます。

いっそ、ロンドンへ。

そのサイズも、さまざま。小さなものは直径22.9cmから、大きいものはなんと直径129cmまで。シリーズごとにデザインが違っていて、今は5シリーズを展開中。

Medium 2a558f3480205627c461f6d62c3189d3e7265f0d

Photo by Bellerby Globemakers

Medium e10b6adf73d576d23518fa47e76979ef92bd86dd

Photo by Bellerby Globemakers

Medium 69d8d263f250e8119419d4c33a88152c8a6b9c31

Photo by Bellerby Co Globemakers

Medium 4f61a9af67c6caa3165a47934f5b1fe268a8dead

Photo by Bellerby and Co Globemakers

1年という見習い期間は短いんじゃないかと思うほどの、職人技。ロンドン在住であることが条件ですが、息の長い仕事を求めて、いっそ移住してしまうのもありかも?

Top Photo by Gareth Pon
Licensed material used with permission by Bellerby & Co Globemakers, (Twitter), (Instagram), (Facebook)
北ロンドンのストーク・ニューイントンにある小さな工房「Belleby & Co.Globemakers」。ここは、完全ハンドメイドで地球儀を製作す...
今ロンドンで話題となっているレストラン、テーマは「解放」。なんと裸で食事ができるんです。いまだ完成を見ないため設計のコンセプトから想像するほかありませんが...
ロンドンの中心地。テムズ川沿いのナイン・エルムズ上空に世界初となるガラス製の透明なプールが建設されるそうだ。25mプールが2棟の高級マンションの屋上を結ぶ...
まな板の上に置かれた姿は、まるで本当のスイカのよう。間違えて食べてしまいそうな、キュートなハンドメイドソープを紹介しましょう。「Soaptopia(ソープ...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...
ロンドンで美食が集まるエリアとして、ここ数年で急激にホットスポット化したモルトビー・ストリート・マーケット(Maltby Street Market)。こ...
イギリスにはこんな言葉があります。「朝、8時12分の気分でその日1日がどんな日になるかが決まる」。1日のはじまりを気持ちよくスタートさせるために、一人の男...
ロンドンに対する印象は「東京の少し先にある街」。2002年から2005年までロンドンに住んでいたのですが、その時に「ああ、これが日本にもあったらいいなあ」...
現地時間で9月2日。炎が立ち上るロンドン・テムズ川周辺の様子を撮影した画像や動画がSNSに溢れた。投稿内容をいくつか見てみよう。「ロンドンが燃える姿を眺め...
スペイン・バレンシア南部の街エルチェは、実に1,000以上の靴工場が軒を連ねる、履物産業がさかんな地域。この街で家族経営を営む「CP Slippers」は...
カナダ生まれの「ロンドン・フォグ」は、今や欧米でも大人気のドリンク。アールグレイティーにバニラシロップ、温めたミルクを合わせ、ふわふわのフォームミルクをの...
電話ボックス…、ではありません。ここはポップアップのサラダ屋さんなんです。ロンドン中心部にある、大英博物館から約100メートルほどに位置する公園、ブルーム...
パーティーや家飲みで、絶対役立つアイデアハックを紹介しましょう。グラスの中にスノードームをつくってしまう、驚きのアイデア。ポイントは炭酸を注いだ時のしゅわ...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
 「私のような摂食障害や自尊心で苦しんでいる人たちのために立っています。ありのままを受け入れてくれるのなら、身体にハート(♡)を描いてください」1枚のサイ...
『スターウォーズ』をテーマにしたポップアップレストランが、ロンドンに9日間だけの期間限定でオープンするそうです。しかも場所はギリギリまで秘密で、48時間前...
駅に着いてから、「家にSuica忘れちゃった!」と気づくことがあります。そんな事態も、これさえあればなくなるはず。だって、手をかざすだけで改札が通れちゃい...
ハンブルグを拠点に活動するセラミック・アーティストのAngelina Erhornさんがつくってるのは「Origami(折り紙)」を模した食器シリーズ、。...