365日、「地球」と向き合い続けるロンドンの職人たち。

いつか一軒家を買ったときは、絶対に“彼ら”の地球儀を置きたいと思っている。

取り扱いのある文具屋さんに行けば、入手するのが特別難しいわけではない。けれど世に出回っているほとんどは、工場で大量生産されたモノ。

Bellerby & Co Globemakers』の地球儀は、型取りから全て手作業でつくられている。手の温もりを買い手のもとまで届けられるのは、本当に珍しいことなのだ。ここで働く人たちが、「唯一の職人」と呼ばれるくらいに。

4e1b3e86daa138e4b900c03e909696bffb558fdf1f1671ea5c5a7144b07a62dd133da56ef4e21923364557b677881fcb58b6613173a4c0a5b8dc080eE01f8c18a61f8f18daf588fd2b990125701e3ad2Ce1e56cf77709c614b5c662e0aaedb54852ae202D16ff734fba8e977d83681427853cbcf0b298e3c
Photo by Jade Fenster

0.1mmの誤差も許さない、
完璧な「地球」をつくる。

1f96e3d390e6dd0548a20ee8f119aaa66b89bcba
Photo by Bellerby Globemakers(YouTube)

はじまりは約10年前。創設者であるPeter Bellerby氏が、父の80歳の誕生日に地球儀を贈ろうと探し回ったときに、意外とあか抜けたモノが見つからないことに気がついた。

「無いなら自分でつくろうと思って取りかかったけれど、結果としてわかったことは、スペルや位置が、間違った状態で世に出回っている地図が多いということ。そもそも、ほとんどの地球儀は完璧な球体ではなかったのだ」。

そうして完璧な球体、経線、スピンさせる時の最適な角度……こだわり続けた結果、出来あがったのはなんと2年後だったと言う。

その後、彼はひとりで工房を立ち上げ、いまでは15人の職人たちを抱えるまでになった。『Bellerby & Co Globemakers』の地球儀は、プレミア品として扱われるようになり、ハリウッド映画でも使われている。

地球儀を回すたび、
ストーリーが生まれる。

C238e65dcdfd8f748136a8a3f6ed930c2c5d908f
Photo by Jade Fenster

ギリシャ神話や星座、ときにはイギリス王室が主催する競馬「ロイアルアスコット」のイベント用など、彼らはオーダーしたものを地球儀に描いてくれる。

太平洋にラブレターを書いたり、支柱に名前やメッセージを彫ることも。

8c7ca73617f04388fda4234f917df49d89609b452b26f53f781e4329736600ed117f9511577b3e44A3885821252f86d61f3fdfd364135ca1e0fe755e
Photos byJade Fenster

ひとつとして同じ表情をしていない地球儀には、それぞれのストーリーがある。真心を込め、描かれた絵や文章を読みながら回せば、子どもにとっては、絵本のような存在になる。世界中に散りばめられた思い出を話す、パートナーとのアルバムにもなる。

手に取る人とデザインによって、役割はきっと変わっていく。そんな地球儀をつくれるのは、彼らだけだろう。

Licensed material used with permission by Jade Fenster / Bellerby & Co Globemakers
地球儀をつくる職人、と聞いてもあまりピンとこないかもしれません。でも、ロンドンの老舗地球儀メーカー「Bellerby & Co」は、一つひとつをハ...
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...
オーストラリア、タスマニア州に住む12歳のキャンベル・レマスくん。なんと彼、病気で苦しむ子どもたちのために、自分のお小遣いをつかってテディベアをつくり、プ...
ロンドンの中心地。テムズ川沿いのナイン・エルムズ上空に世界初となるガラス製の透明なプールが建設されるそうだ。25mプールが2棟の高級マンションの屋上を結ぶ...
全11系統ある東北の「伝統こけし」。宮城県はそのうちの5系統が存在する、全国屈指の“こけしどころ”です。ここで紹介する映像は、大崎市に自身の店「こけしの岡...
今回は、これぞ匠の技!という動画をご紹介。酷く錆びた出刃包丁が、職人の手によって、みるみるうちにキレイになっていきます。日本が世界に誇る、包丁研ぎの技術。...
現地時間で9月2日。炎が立ち上るロンドン・テムズ川周辺の様子を撮影した画像や動画がSNSに溢れた。投稿内容をいくつか見てみよう。「ロンドンが燃える姿を眺め...
まな板の上に置かれた姿は、まるで本当のスイカのよう。間違えて食べてしまいそうな、キュートなハンドメイドソープを紹介しましょう。「Soaptopia(ソープ...
ブエノスアイレスのカーペット工場で作られているこちらのウールラグは、敷くだけでその場が芝生みたいに様変わり。とくに、木目状の床材と相性バツグンです。ところ...
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...
2008年、東京・南青山のビルの一室にオープンした靴磨き専門店「Brift H(ブリフトアッシュ)」。その創立者の一人が、明石優という人物だ。目の肥えたハ...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
ロンドンに対する印象は「東京の少し先にある街」。2002年から2005年までロンドンに住んでいたのですが、その時に「ああ、これが日本にもあったらいいなあ」...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
『スターウォーズ』をテーマにしたポップアップレストランが、ロンドンに9日間だけの期間限定でオープンするそうです。しかも場所はギリギリまで秘密で、48時間前...
カナダ生まれの「ロンドン・フォグ」は、今や欧米でも大人気のドリンク。アールグレイティーにバニラシロップ、温めたミルクを合わせ、ふわふわのフォームミルクをの...
“人間の巣”をつくり続ける職人、Jayson Fann。好きだけでは食べていけない。というセリフをよく聞くけれど、大人が本気で“遊び”を極めたら、仕事に変...
デザートカフェ「MILK TRAIN」の昨年の夏から販売しているスイーツが、ロンドンで爆発的な人気を呼んでいる。綿あめ×ソフトクリームという、「天国」を連...