電子レンジをフル活用!3食+デザートまで。お手軽レンチンレシピ6選

日本家庭のほぼ一家に1台が保有していると言われる、家電の王様「電子レンジ」。平成21年度とちょっと古いデータですが、総務省が発表した「全国消費実態調査」によれば、普及率は97.5%だとか。スマホの比じゃありませんね。

料理上手から初心者まで、電子レンジは本当に強い味方です。フル活用すれば、3食レンジ料理だって当たり前。買ってきたものを温めるだけじゃレンジがかわいそう。国内外からお手軽レシピをご紹介!

01.
丼椀で作っちゃう!?
カリカリベーコン

Medium 4d44941bbb4c8aafdcb4e8edbacb434a84a4bf4f

ベーコン:3枚

アメリカの朝の定番、カリカリのクリスピーベーコンを驚きの方法で作るレシピを紹介しているのは健康情報サイト「Greatist」の「あなたが知らない電子レンジレシピ集」。もはやエンターテインメントとしか言いようのない驚愕のレンジハックです。

レシピ通りにいくと、レンジの中にボウルを逆さまに入れ、その上にベーコンを敷くようです。これでチンすると余分な脂がボウルを伝って流れ落ちるそう。でも、ステンレスや金属容器を電子レンジに入れるのに抵抗感ありますよね。なので、ここでは、お茶碗を使うことにしてみました。大きめの丼茶碗があればベター。

まずは、レンジの真ん中にキッチンペーパーを敷く、その上に丼椀(もしくは大きめのお茶碗)を裏返しにセット。最後にベーコンを椀の上に乗せて1分チンするだけ。余分な油が椀を伝って流れ落ち、あのカリカリ感に仕上がります。

02.
週末のブランチには
ふんわり卵蒸しパン

ホットケーキミックス:50g卵:1個砂糖:適量水:50ml

ちょっと時間のある週末の朝にはレンジで作る蒸しパンはいかが。蒸し器を使わないから、レンジパンかも。
耐熱カップに卵を割り入れ、砂糖、水を加えてかき混ぜる。ホットケーキミックスを加えかき混ぜたら、ラップをして500wで2分加熱。ふんわりもちもちの食感が病みつきに。

03.
ノンフライだから超ヘルシー
ポテトチップス

Medium ecf881df09bcf0e501a95c89a4e8f95fe1406c3d

じゃがいも:2個塩:適量

ポテトチップだってレンジでつくっちゃいましょう。こちらは市販のものよりヘルシーだから、量を気にせず食べられるはず。じゃがいもの皮をむき、薄くスライス。レンジにクッキングシートを敷いてスライスしたじゃがいもを重ならないように並べたら、まんべんなく塩をふって500wで4〜5分加熱。ほどよく焦げ目がついたら完成です。しっかり冷ましてから、カリカリを楽しんで。

04.
わずか10分で完成
お手軽ホットピクルス

ニンジン:1/2本セロリ:1/4本きゅうり:1本お酢:50ml水:100ml砂糖:大さじ2ローリエ:1枚マスタードシード:適量クローブ:適量とうがらし:1本コショウ粒:適量

こちらも「Greatist」に掲載されたレシピ集から。たったの10分でピクルスができるって!?確かにピクルス液を煮立たせてから野菜を入れて作るのが一般的ですが…。そもそもホットピクルスという発想が斬新すぎ。

野菜はお好みの大きさにカットしておきます(スティックがオススメ)。耐熱ボウルにお酢、水、砂糖、スパイス類を投入し、野菜を漬ける。ラップをして500wのレンジで約8分。温かいままでも美味しいし、冷やせばより味がしみ込みます。

05.
定番マッシュルームと
チーズのリゾット

Medium 1125ec12fdebb81ec56d9a60b71c872b3e51fb6a

米:1合ワイン:80ml水:40ml固形ブイヨン:1/2個にんにく:1/4片 玉ねぎ:1/4個マッシュルーム:4個バター:適量 パルメザンチーズ:適量 塩:適量 コショウ:適量

どうやら海外では、リゾットを電子レンジで作るのが当然(?)だったりするようで、レシピサイトを見てみれば、あれもこれもと美味しそうな写真が並びます。たとえば「food network」のこのレシピ。電子レンジリゾットなのに見事な出来映えです。
それもそのはず、ポルチーニ茸にエシャロットを加えて最後はパルメジャーノ・レッジャーノをまぶして…。本格スタイルはレストランで味わうとして、ここでは、日本の食材に置き換えてみました。

おひとりさま用簡単リゾットのご紹介。玉ねぎとにんにくをみじん切りにし、耐熱容器に米(洗わなくてもOK)、ワイン、水、ブイヨンとともに入れる。ラップをして500wでレンチンすること約10分。熱々を取り出したらバター、チーズ、スライスしたマッシュルームを投入、ざっくりと混ぜ合わせれば完成。お好みでパセリを加えて。

06.
簡単なのに本格派
チョコレートブラウニー

ホットケーキミックス:100g卵:1個牛乳:100mlココアパウダー:30gチョコレート(板チョコ):4片バター:30g塩:適量

アメリカの家庭料理を紹介するサイト「Simply Recipe」から「マグカップで作るブラウニー」を発見しました。レンチン+マグカップの波、今や日本だけではありません!お手軽で簡単を追求して電子レンジでアレンジクッキングしてみました。

ボウルにホットケーキミックス、卵、ココアパウダーを入れて混ぜる。あらかじめ溶かしておいたバターとチョコレートを合わせてざっくりかき混ぜる。耐熱容器に流し入れ600wで約4分。あら熱が取れたら出来あがり。

ここで紹介するのは、見た目も華やかでおいしい朝食たち。でもじつは、すべて電子レンジであっという間に作れるものなんです。こんなメニューが食卓に並んだら、朝か...
マフィンやフレンチトースト、チョコブラウニー。いまや、マグカップで作るスイーツは誰もが知るところ。でもこの動画、グラノーラやなんとピザまで、すべてマグカッ...
外出先で「電子レンジがあればな〜」。こんな経験、一度はあるのではないでしょうか。でもあの大きさと重さ、そして電源…車に積んでアウトドアへ持って行くにしても...
夏になるとコンビニから姿を決してしまう「肉まん」ですが、ときどき無性に食べたくなりませんか?自分でつくるとなると一見むずかしそうですが、じつは簡単。材料も...
15時のおやつに絶品“自家製クレープ”はいかが?実は、フライパンで焼くことなく、もちもちの生地を作る方法があるそうですよ!魔法のレシピをTwitterで紹...
バルの定番メニューのひとつが、このスペイン風オムレツ「トルティージャ」。むずかしい料理ではないんだけれど、ジャガイモを茹でる手間や、フライパンでひっくり返...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
甘いものが大好きな人も、普段そんなに食べない人も、カラフルで気分の上がる「SWEET TOAST」は、ステキな1日のはじまりにぴったり。誰もが食べたくなる...
ロサンゼルス発「エッグスラット」は、ポテトと生卵を使った、今年セレブが最も注目した朝食。パンケーキ、エッグベネディクトに次ぐ、“第三の朝めし”として日本で...
まな板の上に置かれた姿は、まるで本当のスイカのよう。間違えて食べてしまいそうな、キュートなハンドメイドソープを紹介しましょう。「Soaptopia(ソープ...
シュウマイはお弁当にも便利でおいしいけど、いざ作ろうとするとけっこう手間がかかります。でもじつは、「ちくわ」を使って簡単にシュウマイを作れる方法があるんで...
カフェスイーツや焼き菓子として日本でもおなじみのアップルクランブル。これ、イギリスで昔から愛されている定番おやつ。タルトやパイよりも簡単につくることができ...
家庭で作ったうどんやサラダをより美味しくーー。そんなときに活躍するのが温泉卵。でも、いざ作ろうとすると、意外と面倒で時間がかかるものですよね。ただし、@T...
一年中半袖で過ごすことができるタイですが、温かくして食べるデザートが意外に多いんですよね。ここに紹介する「グルアイ・ボッチ」もあつあつのタイ風ぜんざい。調...
一般的なポップコーンのつくり方は、熱したフライパンに油やバターを溶かして、ポップコーン豆を弾けさせていく方法。それをもっと手軽に、さらに風味豊かなアレンジ...
『光を灯す/future with bright lights』と題された動画は、電気設備工事などで知られる総合設備企業「関電工」によるwebムービー。な...
寒くなればなるほど恋しくなるのが、もったり濃厚なポタージュ。これをつくろうとすれば、普通はミキサーやフードプロセッサーの登場、となるワケです。でも、ミキサ...
樺沢紫苑/Zion Kabasawa精神科医、作家。札幌医科大学医学部卒。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務。米国シカゴのイリノイ...
あなたは、1日何通のメールを送りますか?あなたの部署を合計すると?会社全体では?毎日、世界中で数え切れないくらい送られている電子メール。それは、全世界合わ...
最近のオーガニック志向は、口にする食材ばかりか、衣類や化粧品、洗剤や石けんにも。こうした健康ブームを受けて、アメリカで話題となっているのが、自家製歯磨き粉...