「軽さは1kgを切れ」パナソニックが20年挑戦し続ける、ビジネスマンの相棒作り

20年という時間は決して短くない。

ここで紹介するのは、2016年に誕生20周年を迎えたパナソニック「レッツノート」の歴史。誕生からずっと「ユーザーの声」を反映させたモノづくりを貫いてきた姿勢には、はっと目を見開かされるものがあった。

20年分の印象的なトピックスを、2分で振り返ってみたいと思う。きっとパナソニックの、ひいては日本のモノづくりの心意気に、触れられるのではないだろうか。

01.
すべてはここから始まった。
“モバイルPCの元祖” AL-N1

5c1f7b509b0a81f7d44e09b9be500ca213d299f7

1996年、初代レッツノート「AL-N1」が生まれた。もちろんそれ以前にもノートPCはあったが、「AL-N1」ほど軽量・スペック・価格のバランスを有し、モバイル、つまり移動しながら使いこむパソコンとして戦えるプロダクトはなかったのだ。

「miniの部屋」に寄せられた「いつも最高のスペックのものがほしい」というユーザーの声。その期待に応えて生まれた「AL-N1」は完成度の高さを評価され、マーケットで大きな注目を浴びたのである。

02. 
「トラックボール」って見たことある?

C676390b8c8b580509d52bf8662b6de75ffe7ef1

「AL-N1」の後続機、「AL-N2」にくっついてきたのが、くるくる操作できる「トラックボール」。斬新かつ機能的な操作性が大きな反響を呼び、当時のレッツノートの外せない特徴となった。

しかし軽量化の波の中で、99年には姿を消してしまうことに。見たことがない人も、多いかもしれない。

03.
どこでもインターネット可能に
PHS内臓のモバイルPC

Aa1a5cc9bb7cfd323b25bffe6b43f08fa5e1e42b

今でこそ当たり前になっている無線通信だが、パソコンにPHSを内蔵させ、どこでもワイヤレスで通信が出来るようになったのが「CF-A1」の登場だ。1999年のことである。

「正直、時代を先取りしすぎました。でも、“モバイルPC”を進化させるためには必要な開発だった。想いは今でも変わりません」と、当時を知る担当者は言う。

04.
35万画素だけど、
CCDカメラ付けちゃいました

4773efb3915ff49b0fe65951e00c315086db1b0e

今から18年も前に、「モバイルコミュニケーション」の将来を見据えてこのCCDカメラ付きPC「CF-C33」が生まれたというのだからすごい。ちなみに、関西の某人気探偵番組で、遠く離れた友人と話がしたいという依頼にレッツノートが擬似テレビ電話として使われ、お茶の間に感動を届けたこともあるそうだ。

05. 
「軽さは1kgを切る。
やりきれなかったら、明日からの仕事はない」

事業部の責任者が掲げた目標は「約1.5kgある重さを1kg未満にする」こと。レッツノートはモバイルPCだ。その真価は、「軽さ」と「駆動時間」とは絶対に切り離すことができない。

冒頭のプレッシャーの強い言葉からも、社運をかけた重大なミッションであったことが分かるだろう。

06.
そして生まれた
象徴的な「ボンネット天板」

E969dff7c6cf2eec8e3513c9262b0440c18ec3e8

自動車の構造を、こんな小さなモバイルPCに応用しようなんて、誰が思いついたのだろう。この発想のお陰で、レッツノートは大幅な軽量化を実現した。本当に、1kgを切ったのだ。

平らな金属板にプレスラインを入れ、凹凸させたレッツノートの天板を見たことある人は多いはず。2002年に初めて登場した「ボンネット型天板」は、今もなお軽量・強化のために研究され、進化し続けている。

07.
満員電車を想定した「耐 100kgf」

昔はモバイルPCの液晶破損がとても多かった。ユーザー調査をすると、満員電車での通勤をしている人に、破損が多いことが判明。

一体どれだけの負荷がかかっているのか?開発者自ら外圧が測定できる特注スーツに身を包み、特注バッグをもって何度も満員電車に乗り込んだという。こうしてデータ収集した結果、出てきた数字は「耐 100kgf」(※kgf=重力キログラム)ボンネットの設計は、すべてゼロから見直し。基盤もあえて完全固定しないなど、抜本的な構造調整が必要だった。

「満員電車」という日本人ならではの環境課題に応えるなんて、まさに日本のメーカーがつくる、日本人のためのパソコンという感じだ。

08.
落下耐久試験、
どれくらいの高さから落としてると思う?

答えは【76cm】。一般的なデスクの高さと同じくらいだ。

従来のシリーズでは、30cm程の落下耐久だったところから、大きく飛躍した耐久性能。ユーザーはどこでモバイルPCを使っているのか?を考えたら、必然的に追い求めるべき性能だったという。

09.
ハードユーザーの味方
「キーボード全防滴」

ビジネスで長時間パソコンに向き合っている人ならきっと共感してもらえると思うのだが、どうしても作業をしながら飲食したくなる瞬間がある。ダメだと分かっていても、だ。うっかりコーヒーを引っ掛けてしまい、冷や汗をかいたことは何度となくある。

水漏れは精密機器の最大の敵。ユーザーの利用シーンに目を向け、望まれるものはカタチにする姿勢が、ここにも強く見えるのではないだろうか。

61cc49d3a56e19d456acf42ee8023b9167b3efdc

10.
モバイルの新発想
「ハンドル付きPC」

59a1bcf8bb273a9d5a951f248ed7e413d06912aa

モバイルPCに、ひょこっと持ち手がついているモデルを見たことはあるだろうか?このユニークな「ハンドル付きPC」は、やっぱり見た目による好き嫌いがあったと担当者は笑う。「軽いこと」だけを追求していれば、ハンドルは要らない。だけど、実際に利用したユーザーからは「軽さを引き替えにしても、あまりある便利さ!」と喜びの声が多数寄せられたそう。

じつはこのハンドルには、パナソニックがずっと温めてきた技術が詰まっており、他社がマネしようと思ってもそう簡単には出来ないそうだ。当時のレッツノートを代表するモデルとなった。

11.
革×精密機器のコラボは、
カンタンじゃなかったけれど・・・

020824f032115617649fa43f7fa71f3fc5b34831

モバイルPCを市販のケースに入れて持ち運ぶのなら、オフィシャルジャケットを付けてしまおう!として生まれた「ジャケット付きレッツノート(CF-J9)」。取り替え可能なジャケットもオプション展開した。……が、正直あんまり売れなかった。

しかし製品は決して中途半端なモノではない。革製品という、精密機器とはまったく無縁の素材を商品化するために、まったく新しい品質管理の基準を設け、従来のレッツノートと等しい耐久性を実現していた。

それでも売れなかったから、シリーズは1型で終了。なんとも潔い。

12.
もう一日無敵。
「16時間駆動バッテリー」が実現

2012年当時、HDD搭載のモバイル(ノート)PCとしては世界最長クラスのバッテリー性能を持つレッツノートが生まれた。

現在発売されている最新のPCと比べても、まったく遜色ない、むしろ圧勝の長時間駆動で、本当に丸一日戦えるビジネスの相棒となった。

13.
タブレット?PC?
どっちもイケる「2in1」

Cfb07e65f6e806ae496cf93a7dbef67d5a7b9d63

タブレットパットが一斉に市民権を得はじめた2012年ごろ。買いはタブレットか?モバイルPCか?という議論が多くあった。

2012年、レッツノートはマーケットニーズに応える「2in1」タイプを発表(CF-AX2)。画面がくるっと360°回転して、PCがタブレットに変形する。

14.
どこまでもこだわりたい人のために
どこまでも追求する
「プレミアム・エディション」

16a81674e7f1603eccdb091998883a8a689aaa03

ビジネスユースのPCとなれば、求めるスペックはひとによって大きく違うもの。どこまでもビジネスにストイックにこだわりたい人のために、レッツノートが応えたのが「プレミアム・エディション」だ。

外観やスペックが異なるだけでなく、“オーナー”のためのアフターサービスも特別仕様。無償クリニックや、盗難補償、通常より長い4年の保証期間など、万が一の時に、仕事を止めてしまう時間を1秒でも短くするために、手が尽くされている。

Panasonic Storeでしか購入できないことも、プレミアム感を感じさせるポイントなのではないだろうか。

15.
「軽い」「頑丈」「長時間」
20年変わらない設計思想

主戦場はビジネス。求められているのはモバイルPCとしての最高性能。ユーザーの要求を突きつめていった時、設計思想として残った骨組みは「軽い」「頑丈」「長時間」の3つだった。この3つはそれぞれ相反する要素。技術的に全てを実現させることは、とても困難だが、それこそが開発者を奮い立たせる原動力だったという。

一方で、「もしお客様がこれ以外のものを求めるようになったら、結構あっさりと新しい思想に挑戦すると思いますよ」とも。

16.
ユーザーの声は、ダイレクトに聞く。
カスタマーセンターは、工場にある。

もちろん、ユーザーの声をすみやかに開発・製造に反映させるため。

「コールセンターの責任者は、生産スタッフが担当しています。私が知る限り、こんな体制他にはないです」と、開発担当は自信を覗かせる。名実ともに、「ユーザーの声に耳を傾ける」ということだ。

17.
アフターサービスもすべて「日本製」
「日本製」の誇りは、強く。

レッツノートは、どんな症状であってもすべて国内の整備工場で修理される。最短3泊4日で修理が完了することもあるというから驚きだ。

大切なのはスピードだけではない。どうしてこの故障は起こったのか?を追求し、次の開発に活かすことも重要なアフターサービスの役割。日本製PCの進化は、こうした積み重ねの上に成り立っているのかもしれない。

18.
最新のXZシリーズは
レッツノート初の「完全着脱式」
PCの自由度は、もっと高く。

364eaed1f9d9fb9de92ea6aba0b4561e00916c43

そして2017年。遂に、完全着脱できるタブレット両用XZシリーズが登場した。じつは、この開発の裏には、2012年に発売された最初の「2in1」タイプのユーザーの声があった。

「2in1は良いんだけど、ちょっと重くてあまり使わなかったんだよね」という率直な意見。片手で持って操作することが多いタブレットには、キーボード部分の重量がどうしても邪魔だった。

「どちらとも取れないものではなく、どちらを取っても最高のモノづくりをしよう」。こうしてモバイルPCとしてはもちろん、タブレットとしても最高のパフォーマンスを発揮するXZシリーズは生まれたのだ。

19.
最高の「ビジネスモバイルPC」であるために
設計思想は、いまも変わらない。

62ec78c1826eff1a96e970e567a20d7896b0bf67

最新のXZシリーズには、軽量化・薄型化の波の中で、他社ではどんどん削ぎ落とされていく外部端子のポートも最大限搭載している。なぜなら、まだまだビジネスシーンでは必要とされているから。それでもタブレットモバイルPCとしては世界最軽量。76cmの落下耐久も、100kgfの重力耐久もある。バッテリーだって、本体利用時で約15時間駆動可能だ。

「軽い」「頑丈」「長時間」。この3つの設計思想は、いまも変わらない。

そしてその思想の下に通底する、「ユーザーの声」にもとづいてプロダクトをつくり続けるという思い。これだけは、どんなことがあっても、変わらない。

20.
筋金入り「ヘビーユーザー」の
声を聞こう

Forbes Japanのサイトには、そんなレッツノートを15年相棒とし続けてきた真のヘビーユーザーである、蛭間芳樹氏のインタビューが掲載されている。

あるときは日本制作投資銀行に勤めるビジネスパーソン、またあるときはホームレスサッカー日本代表・野武士ジャパンの監督「日本再建のための危機管理プロジェクト」のプロジェクト研究メンバー…etc。ダイバーシティを地でいく蛭間氏だからこそ語れるレッツノートのリアルな魅力は要チェックだ。

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37
その名は「unnurella(アンヌレラ)」。シャレの効いたネーミングに、思わずニヤっとしてしまう。さて、タイトルを読んで、少し違和感を覚えたあなたは大正...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
ゼネラル・ミルズ社のマネージングディレクターや、ベストセラー著者でもあるMainak Dharさん。その彼が20年前の自分に伝えておきたいこととは?キャリ...
働く場所に縛られない「リモートワーク」は、企業側の心配をよそに、とても効率的だという研究結果があるそうです。「mental floss」の記事によれば、社...
あなたは、今の会社で、はたらき始めたときのことを覚えていますか?不安と希望を胸に、あたらしい仕事に向き合ったときのこと。たとえば、誰よりも早く出社したり、...
とあるコンサルティング企業のCEOであるDustin McKissens氏、35歳。彼が、大学院を終えたばかりの10年前の自分に、社会人の先輩として伝えた...
まるで三面鏡のような形をした追加スクリーン「Slidenjoy」は、パソコンに取り付けるだけで、簡単にスクリーンを増やすことができるというもの。複数人で映...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
ハイテクスニーカーやアウトドアギアによく使われる表現に「ウルトラライト」がありますが、ここで紹介する椅子がまさにそれ。だって1.2kgって言ったら、牛乳パ...
人の行動を変える専門家として活動している永谷研一さんの著書『できたことノート』では、物事がプラスに転じる方法を紹介しています。気がつくとマイナス思考になっ...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
「Rekonect Notebook」は、冊子の真ん中にあるノド部分から各ページを自由に着脱できるノートです。まずは以下の動画を見てみましょう。ノドの盛り...
約20年前に発売された折りたたみ自転車「トレンクル」です。両親がサイクリング用に購入したようですが、ほとんど乗らずに実家の倉庫に眠っていたものを譲り受けま...
20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミ...
テクノロジーの進化は私たちをいろんな面から解放してくれます。ひとつは「ライフスタイル」。 固定電話からモバイルになったことでいつでもどこでも連絡が取れるよ...
ルックスのいい男性ほど、ビジネスにおいては損をしがちである。英大学の研究によるこの仮説は、デキるビジネスマンのイメージを払拭するもの。何かと得をしそうなハ...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...