新時代を賢く生き抜くために、身に付けるべき「5つのチカラ」

わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。そんな新しい価値観の時代の、新しいライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投資事業を行い、東京とハワイに拠点を構え、デュアルライフを送る筆者が、「制約にしばられない生き方とはなにか?」について紹介します。

01.
他人を巻き込み自分を律する
「タイムマネジメント力」

2_242699236

会社員時代のわたしは、夜7時以降に働いたことがほとんどありませんでした。疲れから集中力も落ち、良い仕事はできないことがわかっていたからです。では、どうしてそんなことが可能だったのでしょうか。それは時間管理を徹底したからです。どれだけ長く机に向かうかということよりも、本人がやりやすい環境や時間帯で仕事をした方が良い結果が出ることがあるのです。

それでは、タイムマネジメント力はどうすれば身につけられるのでしょうか。

①「締め切りをつくる」
実際の締め切りとは別に、自分の中で締め切りを作り、その中で終わらせようとするというものです。それだけでは負荷が弱いので、わたしは「人に会う」という設定を付け加えました。他者を巻き込むことでさらに緊張感を持って仕事に取り組むことができます。

②「時間割をつくる」
学校の時間割のように、スケジュールを埋めていく方法です。たとえば火曜と木曜の朝は8時から仲間とトレーニングというように。仕事や遊び、ランチやディナー、読書の時間まで細かく時間割を作るのです。自分で作った時間割は外部から強制的に作られたものと違い、心地よいものなのです。

02.
仕事を頼みたいと思わせる
「パーソナルブランド力」

45950657

「営業=売り込み」だと考えている人は案外多いのではないでしょうか。本来の営業力とは、「うちの商品を買ってください」と自分から売り込みにいくことではなく、相手に選んでもらうようにするのです。

売り込みをせずにお客さんが向こうから来るようにするには、自分のパーソナルブランド力をつけることが大切です。その第一歩としては、他の誰でもなくあなたに仕事を頼みたいと思われることです。そのために何をすればいいか。それは、スキルを磨きつつ、世の中に知ってもらう作業を続けることです。

わたしの知り合いに日本でトップ5に入るほどの人気の美容整形クリニックを開業している医者がいます。なぜお客さんが集まるかというと、売り込みをまったくせず、患者さんが知りたいと思う情報だけをホームページに載せていたからです。たとえば、脂肪吸引とはどういうものか、リスクはどうか。さらに、患者さんからの相談を受け、回答をネット上に載せることで情報を充実させることで信頼を得ています。

世の中に自分のことを知ってもらうには、売り込みではなく情報やノウハウを提供することが大事なのです。

03.
働く場所の制約から解放!
「モバイルIT力」

181964354

集中できる場所や、アイディアが湧きやすい場所は、人によって、またはその日の気分によって、いろいろ変わるものです。つまり場所にしばられないで仕事をする方が、仕事がはかどるのではと思います。

場所にしばられない自由な働き方を今はノマドワークと言います。「ノマド」は「遊牧民」という意味で、定位置を決めずに自由に移動しながら仕事をするワークスタイルです。このスタイルは、どんな場所でもインターネットに接続さえできれば仕事の環境を瞬時に再現できます。会議はスカイプのチャット、ひとりの作業はクラウド上でできます。

もしあなたが、働く場所にしばられたくないと本気で考えるならば、ITを使いこなすスキルや、そのために必要なものに投資すべきです。ITのスキルは一度身につけてしまえば、一生もののストック型のスキルです。常に進化し続けるものなので、最新の情報はたえずアップデートしていく必要がありますが、逆に言えばこれをちゃんとやれば、人と差をつけられるということなのです。

04.
発想の転換がすぐにできる
「流される力=ドリフト力」

-0982492929

IT化やグローバル化が進むと同時に、終身雇用が保障されない不確実な世の中となった今、さらなる激動の時代に突入していくことでしょう。

このような環境の変化に柔軟に対応していくには、時には流されることも必要になってきました。これをドリフト力といいます。そう聞くと自分の軸がない人をイメージするかもしれませんが、むしろ逆で、不確実な世の中にあっても自分の軸となるものがあるから流されても大丈夫なのです。

かつてわたしはCPAの資格を取得して、海外で働くことを目指していましたが、自分には向いていないことを自覚。そのとき躊躇せずすぐに方向転換したことで、今度はインターネットに興味を持つように。もしそのとき柔軟な発想がなかったら、大きなチャンスを逃したでしょう。

わたしたちは自分のやりたいことや、進むべき道をすべて把握できているわけではありません。したがって、自分の可能性を信じて、さまざまなことに挑戦することも必要なのです。

05.
会社の仕組みを自分でつくる
「生き残れる力」

75126222

「独立するのがいいか、それとも会社員がいいか?」について、学生によく質問されます。

自分がどういうタイプの人間かわからずに行動すると、成果が上がらなかったり、ストレスをため込むことに。誰かが教えてくれるものではありませんが、独立するのが向いているかを見極める方法はあります。

ひとつは、ビジネスを始めて3年くらい稼げなくてもいいと思える「覚悟」を持てるかどうか。自分でビジネスをするとき、思い通りにならないことが多々起こります。それに耐える覚悟が必要になります。

次に、資金がゼロになったときやトラブルに巻き込まれたとき、「精神的に参らずに生き残れる能力」があるかどうか。会社を上場したとき、インターネットの掲示板で否定的なコメントを目にして参ってしまうなら、独立はしないほうがいいでしょう。

さらに、「会社の仕組みを自分でつくれる人」が独立に向いています。仕組みとは、起業から実務に至るまでのビジネスのノウハウなどのこと。独立するにしても、会社員でいるにしても、自分を知ることは大事なことです。

7つの制約にしばられない生き方
コンテンツ提供元:本田直之

フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。新しい価値観を持った、ライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投資事業を行い、...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
新しい行動を促す自己啓発記事は数あれど、それらのほとんどは実践するのが難しい印象。たとえ一歩を踏み出せたとしても、継続するのはハードルが高いものです。でも...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。そんな新しい価値観や時代、ライフスタイルとはどのようなものか。ここでは、日米のベンチャー企業へ投資...
いつ、どんな時代だって“母は偉大なり”。仕事に家事に育児に、しなやかに生きる母の背中から「人生で大切なことを学んだ」とライターStacey Becker氏...
わたしたちが暮らす現代社会は、いま大転換期を迎えています。そんな新しい価値観の時代の、新しいライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投...
コンピューターやインターネットの発達にともない、近い将来、人間が仕事を奪われてしまう「テクノ失業」が問題化するかもしれません。しかし、仕事は減るばかりでは...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
「自己憐憫」とは、いろんなことが上手くいかないときに、ついつい「わたしって何て可哀想なんだろう」と憐れんでしまうこと。経験がありませんか?自己憐憫をしても...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
これまで50作にも及ぶ著書を記して来た本田直之氏。そのなかの22作をピクアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY シ...
本田 直之/Naoyuki Hondaレバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO|サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)|明治大学...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
ここは、NYにあるHouston StreetとMott Streetの交差点。フォトグラファーのジェイソン・ワイチェが撮影したのは、なんと自己啓発の文言...