アナタに必要なのは「ToDoリスト」じゃない

「ToDoリストなんて、ロボットのためのシステムに等しい」、こう断言するのは、脱サラしてミレニアル世代に向けたコンサル会社を立ち上げた、起業家Daniel Dowling。

「するべきこと」を洗い出したところで、それをこなすことはタスクに過ぎない。取り入れるべきは「好きなこと」、つまりはLoveToDoだというのが彼の主張。でも、その長〜い考察は、洋の東西も触手もを問わず、シゴトとの向き合いかたを改めて考える、いいキッカケをくれるものでした。

ToDoは「タスク」でしかない

2980bb11dd3b82d713e97d1aa5d57afecdd3d66b

人間は自立するにつれて、お金を稼ぐためだけに機械的に働くようになる。これは経験から言えること。それこそがオトナの人生?単にタスクをこなすだけが本当に人生なのでしょうか。私は機械的に“こなしていく”だけの日々にほどほどウンザリしていたのです。

もっと「人間的」な仕事がしたい、それが辞職の理由。それまでのToDoリストに別れを告げ、新たにはじめたもの、それが「LoveToDoリスト」でした。

有史以来、人類はポジティブな感情に従うことで繁栄をつづけてきたはず、つまり、同じように私だって自分が好きなことに熱中できれば、今よりもずっとキャリアアップできるのではないか、こう考えた訳です。では、その仮説がどのように実証されていったのか、まずはそこからお話ししていきましょう。

タスクをこなすだけならば
機械と同じ

仕事でいくら業績を伸ばしても、本当の意味でのシアワセは手に入らない。それに気づいた私は、生き方を大きく変えることにしました。それまでの私は身を粉にして会社に貢献する、“できた従業員”といったところ。

けれどToDoをこなすだけでは、そこそこのアイデアしか生まれてはきません。私のクリエイティビティはまったく発揮されず、そんな毎日に充実感を覚えることもなかったわけです。自分はまるでロボットのようだ、といつも悶々とした想いを抱いていました。

窓からPCを投げ捨ててこのままどこかに逃げ出してしまいたい…そんな衝動もたびたび。結局、心にフタをすることができず、こうして仕事を辞めることに。

「自分のために働くこと」
の意味

67bc81edac586193b8abfaefe88c64a967728f7d

さて、仕事から解放され「ひとり」となって、すぐにはじめたのがLoveToDoリストです。これが私に「自分のために働く」ことの本当の意味を教えてくれたのです。

自分がやりたいと思うことをどこまでも追求する。例えば本当にいい記事を丸1日、あるいは1週間かけて書く自由さえも手に入る。つまり、タスクだけの仕事から解放されたことで、私は自分の好きなものに多くの時間を割けるようになったのです。

しかし、そこには重大な落とし穴が。

自由を知ってからというもの、私の生活は「ある恐怖」に脅かされることになりました。私たちは自分で何かを生み出さない限り、生きていくのはほとんど不可能。これは、フリーランスになりたての人がよく直面する問題です。「なんとか食べてはいける。だけど常に不安」、みたいな。

けれど、自分の人生を生き、そして自分が好きなことができればスキルも高まる。それに気づいたおかげで、私はその恐怖を乗り越えることができました。生活費を稼ぐために試行錯誤する過程で、結果的に「生産性」とか「想像力」も身につきましたから。

モチベーションを高めるには
好きなことに時間をとる

例えばハイキングに山へと出かけたとき、斬新で突拍子もないアイデアがふと湧いてくることがあります。デスクに向かってカンヅメになる代わりに、ビーチバレーするときにも。競争心が芽生え「もっと良くしよう」なんて気になるんでしょうね。

常にこういう感覚があるときは、大きな商談でも上手くいったり、執筆活動がはかどったり。自分にとってプラスに働きます。また、ランチを食べた後で横になり、ぼ〜っとただ雲を眺めてみるのもいいでしょう。沈黙がひらめきを与えてくれることも多いものです。

つまり、好きなことで満たされたLoveToDoリストに従って生きることは、自分の生活や仕事の充実感を何倍にも膨らませてくれるのです。

自分と向き合うことで
リラックスして仕事にも望める

Dee05ea348c01d5166596ba4da8f09221a038c18

とはいえ「ただ好き勝手に生きればいい」というものじゃない。

私はこれまで以上に規則正しく過ごしているし、今までにないくらい生産的になります。取材と同じくらい情熱的にギターの練習をする。そういう意味では、いわゆる普通のToDoリストもこなさなければいけません。たとえば「〇〇さんと会う」とか、「××の件で電話する」といったような。

だけど、以前ほどひっ迫したり、嫌な気持ちになることはありません。退屈なタスクの中にさえ楽しさを見出してしまうほどに。このモチベーションの向上は、まさしく青天井。どんなことだって、ポジティブに捉えることができているからです。

週末が来れば、あらゆることから解放されます。仕事のことを考えて忙しくしないで済む、だからめいっぱいリラックスして「充電」に充てられる。そうして好きなことだけを好きなだけできるのです。リラックスして仕事に臨むこと、それが最高のパフォーマンスを発揮するためのただひとつの条件なのですから。

「好き」を組み込むには、
しっかりした自制心が必要

実際、好きなことに充てられる時間を増やすだけなら、仕事を辞める必要までありません。もちろん、毎週水曜日の午後にこっそり職場を抜け出してバイクツーリングに出かけるならば、話は別。上司がいい顔をする訳がありませんよね。

忘れていけないのは、「仕事はあくまでも仕事」だということ。すべてが楽しくうまくいくなんてあり得ないし、大変なこともあるから給料が発生する訳で。

つまり、ただのToDoリストに「Love」を付け加えるのは、楽しくするための万能な方法にはなり得ないのです。それまで何となくデタラメにやっていた「楽しいこと」を、意識的に、そして規則的に行うための戦略。そして、より活力的に「ひらめき」を得るための手段。もちろん、そこには自制心が求められることを忘れないで。

自分の「好き」を集める
LoveToDoリストのつくりかた

50b64f3bddd3cb9fa71d54089006be5c69a1eece

では、ここから具体的な手順について紹介していきます。

リストをはじめるにあたって、今日一日の仕事の後にでも、1時間くらいかけて「自分を元気付けてくれるものが何なのか?」を考えて書き出してみましょう。毎日続けられるものの中から最も好きなこと、そこからスタートしていきます(一度もやったことがないものはまだ加えません)。

すぐにアイデアが尽きてしまったら、昔やっていたことを思い浮かべるのもOK。子どものころの体験でも、楽しかったことであれば何でも書き出していきます。

これができるようになったところで、今度はもう少しだけ広げていきましょう。トライしたことがなくても、心惹かれるものがあれば書き入れて。

さあ、次はいよいよ実行に移すとき。

来週のうちに 現実的に達成できそうなものをリストから2つ3つ選んでみます。そして、自分の予定の中にLoveToDoを組み込んでみましょう。カレンダーに書き込んだ瞬間から、あなたの「願望」や「好きなこと」はれっきとした「予定」になりました。電話でのカンファレンスやプロジェクトの締め切りと同じように、「守る」必要が生まれてくるのです。

ちなみに私のLoveToDoリストはこんな感じ。

・瞑想をする
・書きものをする
・全力で走る
・30分ごとにパソコンから離れ、腕立て伏せ
・小説を読む
・ギターを弾く
・歌を歌う
・犬と遊ぶ
・感謝を示す
・雲を見上げる

必ずしも一日のうちにすべてをやり遂げる必要はありませんが、たいていの場合、ほとんど消化できるはず。リストに組み込まれることで、それが「定期的なアクティビィティ」になっているので。

次は一週間単位で見ていきます。

毎日はできないような大きなこと」を設定するのはこっち。

アロヨモノーリス(スペイン)でハイキング
・週2日はバレーボールの練習に参加
・週2回はロッククライミングに行く
・土曜日はダブルスの試合に出る
・合唱の練習に行く
・甥っ子、姪っ子と過ごす
・河辺にある一番高い木に登る

プロの歌手でもない限り、ToDoリストに「歌う」なんて項目は、まず入らないはず。仮にそれが「本当にやりたいこと」だったとしても、実際にスケジューリングして「行動」まで落とし込んでいる人は、きわめて少ないのです。

といった具合に、ToDoリストに「好き」を加えることで、仕事にも身が入るようになり、かつて煩わしく感じていた「雑務」でさえ楽しめるようになる。これがLoveToDoリストの効果なのです。

Licensed material used with permission by Daniel Dowling
これから登場するのは、21の質問です。どうぞ正直な心で、それぞれの問いに答えてみてください。自分でも気づいていない心の声に耳を傾けるきっかけに。01.毎週...
人生を成功させたいなら、自分の中で常に持っておくべきリストがある。そう記事の中で指摘するのは、「Lifehack」のライター、Djordje Todoro...
時間や場所などに拘束されないフリーランサーたちの生活は、一度は憧れるワークスタイルかもしれません。でも、複数の仕事を掛け持ちしているからこそ、時間と収入の...
新しい行動を促す自己啓発記事は数あれど、それらのほとんどは実践するのが難しい印象。たとえ一歩を踏み出せたとしても、継続するのはハードルが高いものです。でも...
仕事、プライベート、人間関係など、30代は人生における大きな決断をすることが多い年代です。中でも35歳は人生のターニングポイントであり、人生戦略を見直すべ...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
夜遊びも好きなパーティガール、と聞くと、チャラチャラした女の子というネガティブなイメージを抱く人も多いかと思います。でも彼女たち、じつはしっかり者なのかも...
ヴァージン・グループの創設者、リチャード・ブランソン。彼は航空事業にモバイルビジネス、さらには宇宙旅行のサービス開発など、多岐にわたる事業を起こし成功して...
私たち人間は、必要以上に物事を難しく考えてしまう生き物のようです。生活、人間関係、目標に、TODOリストと、とにかく複雑にしがちです。もっとシンプルに生き...
ついこの前2017年になったばかりかと思ったのに、もう4月。新年に立てた目標も、いつのまにか春がきて…と、時間が過ぎるのは本当に早いですよね。時間は刻一刻...
私たちは何か目標を立てるとき、何か「する」ことを考えがちですよね。おそらくみなさんも「今年は絶対にこれをやる!」と抱負を決めたことでしょう。でも「Brit...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
「これまでの人生を振り返ったとき、ムダを費やしたことは一切なかった。効率的な事ばかりしてきた」なんて人はいないでしょう。高田晋一さんの著書『自己啓発の名著...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
早起きして朝から動き出せば、人生はもっと豊かなものになる。といったような「朝活のすすめ」は、世にごまんとあります。じゃあ、早起きすればそれでいいかといえば...
たとえ二人が一緒に過ごしていても、その理由が「愛」か「執着」かでは大きな違いがあるもの。でもコレって、自分ではどちらなのか判断しにくいですよね。そこで、大...
体が休んでいる間も、脳と潜在意識は「夢」を介して私たちに働きかけています。シカゴの心理療法士Jeffrey Sumber氏の言葉を借りれば、潜在意識の側か...
仕事も人間関係も順調なのに、何だか気分が上がらない。そんなときは、面倒くさいと思っても自分をハッピーな気持ちにしてくれる人やコトを、いま一度振り返ってみま...
世の中は1%の大成功者と99%の凡人たちで構成されている。とはいえ、肩を落とすことはない。自分の「特性」とおかれた「環境」を理解できれば、間違いなく成功で...
ビジネスパーソンにとって、応用力がある人になることは、ひとつの重要な要素です。事業変革パートナーの安澤武郎さん著『ひとつ上の思考力』では「法則を見出せるよ...