「母親が一番の親友である」と気づく30の真実

「母親とその子供は、他にはない関係にある。両者の絆ほど強いものは、この世界のどこにもなく、その愛ほど瞬間的で慈悲深いものは、他に1つも存在しない」― ゲイル・ツキヤマ

B1c33fbc797f4ea9f2c5b830d7d444202191a255

母親と娘の関係は、「一生涯の愛情」と「束の間の軽視」が混じり合った複雑なものだと表現する、女性ライターのLauren Martin。

大人に成長していく過程で、さまざまな変化が起こり、やがては母親との関係がかけがえのないものだと気づいた彼女。Lauren自身の実体験を元にした長〜〜い記事ですが、その最大の根拠となる「母親が一番の親友」と思えた30の理由を書き連ねています。まずは、そちらからご紹介。自分に置き換えてみたなら…女性のみなさん、いかがでしょう?

B7871a6e1dc11d8d5e602393cddbe93fb73057bb

01.
いいことがあった時は、真っ先に母の顔が思い浮かぶ。

02.
悪いことがあった時も、真っ先に母の顔が思い浮かぶ

03.
一緒に買い物にでかけても気兼ねしない。

04.
どんなに離れていても、いつだって母は会いにやって来る。

05.
誕生日を絶対に忘れず、日付が変わると同時に連絡してくれる。

06.
こっちがダサい格好をしていると、ドン引きされる。

07.
悪いことをした時は、徹底的に叱ってくれる。

08. 
くだらない話でも、最後まで聞いてくれるあたり。

09.
たとえ3日間連続で同じ服を着ていても、察して理由を聞いてこない。

10.
どんな時でも的確なアドバイスをくれる…たとえそれが耳が痛い話だとしても。

11.
いつだって、あなたが最優先。

12. 
あなたを騙す男性を絶対に許さないと察した時。

13.
携帯料金を立て替えてくれる時。

14.
食事をつくる時、あなたの好き嫌いを覚えていてくれる。

15.
ケンカをしても気まずさを引きずらない。

16. 
「あんたコレ好きでしょ」、頼みもしてないのに買ってきてくれたり。

17.
太ってしまった時でさえ「キレイよ」と言ってくれる。

18.
たとえ興味のない映画でも一緒に観てくれる。最後は寝落ちしちゃっても。

19.
毎日、母からのメールが届く時。

20.
酔っ払ってどうしようもない時、迎えにきてくれる。

21.
成功も失敗もありのまま共有。

22.
具合が悪くなった時に、看病に来てくれる…たとえ軽い風邪だとしても。

23.
あなたの「夢」の一番の応援団。

24. 
あなたの「何でもない…」に異変を感じる。

25.
他人からは嫌がられるクセも、母だけは許してくれる。

26.
毎朝の「愛してる」が自然なコミュニケーション。

27.
浮気者の彼氏を怒鳴りつける勇気がない時、母はあなたに代わってそれをしてくれる。

28. 
残りのクッキーが1枚だけになる瞬間に、決まって「お母さんもう、お腹いっぱい」

29. 
あなたの幸せのためなら、どんな時でも母は能力以上のことしてくれる。

30. 
全人類があなたを見限ったとしても、唯一あなたの味方でいてくれる存在。 

  逃げたかった“存在”が
「最高の親友に」なったワケ

9d21668fa45b11a85963144a119e88f1f8f50bba

娘たちはまず母親を敬い、そばから離れることを拒みますが、やがては対立し、母からの助言や警告に腹を立てはじめる。けれど、すぐに恋しがり、理解や共感を通して最終的には再び母の存在を敬って、助言や知恵を心から求めるようになるのものです。

子供の頃、多くの人が私にこう言いました。「思春期のうちは、お母さんのことを嫌いになるだろうし、存在自体を忌み嫌う日が必ず訪れる」って。その日は確かにやってきたし、何年か続きました。でも、大学生の時、母親の存在が感じられないことで息苦しさを覚えたことも…。これまでさんざん「逃げたい」と思ってきた人に、新たな敬意が生まれた瞬間でした。

「傘を持っていきなさい」とか「靴の紐を結びなさい」と、母が言い続けていた理由をようやく理解できました。宿題のことを気にしていた理由や、私をくだらないサマーキャンプに送り出した理由を悟ったんです。私の部屋に男の子の出入りを禁止した理由や、私と私の友人をプンタ・カナへの旅行に連れていってくれた理由も。それもすべて私のことを愛してくれていたから。 

恋愛や人間関係の失敗が
母親の大切さを教えてくれた

52077e443246c9fe73434f29e476074200dbadfa

育った巣から離れる時、私たちはより良い方向へ飛び立っていると思い込んでいるけれど、結局は親切とは程遠い誰かにしがみつき、そこで初めて母親の愛の素晴らしさに気づくものです。欠点も含めあなたのすべてを喜んで受け入れて、あなたを無条件で愛してくれる人は、そう見つかりません。偏見もなく無条件の愛を与えてくれるものなんて。

恋愛や人間関係での失敗を経て、「簡単に信頼できる人などこの世には一人もいない」ことに気づきました。どんなに絆が強く思えても、友人達は姿を現しては消えて行きます。男性だってこちらの意図するように愛してくれるわけではないし、秘密を守れる人だって絶対にいません。 

二人の絆は一生もの

Fec19abf02bc57febedb8c3b4b1d67e7495681d3

友情は必要だけど、この世であなたが手にできる不変の愛は、やっぱり母親からの愛だけ。真夜中の電話にいつでも応えてくれるのもその人だけ。あなたが嫌いな食べ物を熟知していて、レストランを選んでくれる。あなたの話に耳を傾け、あなたの買い物に平気で4時間もつき合ってくれる、たった一人の存在。

母親のことを軽視したり、誤解を抱いていた時、周囲の人々は私にこう言いました。
「いつか、お母さんの素晴らしい友人になれる。まるでダイアン・キートンの映画に出てくる母と娘のように、二人はいつか一緒にお酒を飲みながら、お互いの話を共有できるよ」と。

なのに当時の私は、こう言い返したものです。「そんなんじゃない。私達の関係は、物語の中の親子関係とは違うの!」ってね。

年を重ねるごとに私達は知恵を得ます。知恵は感謝の心を生み出し、感謝の心は敬意へと成長し、やがては友情として開花するもの。時間が経過し、家族の絆よりも強いと思い込んでいた友情関係が壊れるにつれて、私はようやく人生の真実に気づくんだと思います。

これまでに出会った最高の友人は母親であり、これからも彼女は私の親友であり続けるってね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「お姉さんですか?」これまでお母さんと出かけた時、何度かそう聞かれたことがあった。お母さんは照れ臭そうに「違います」と言っていたけど、私は「姉妹に見える」...
アメリカの人気メディア『Thought Catalog』で紹介された、「結婚する大好きな親友へ伝えたい30のこと」。親友だからこそ、彼女の結婚式の日には伝...
いつも側にいてくれる大切な存在、それが親友。移ろいやすい男女の関係とは違って、友情は時を経ても大きく変わることはありません。そんな親友の素晴らしさを「El...
「Elite Daily」でライターのGigi Engle氏が、親友だけがあなたに言ってくれる言葉を書いています。 他の人に指摘されたら嫌なのに、どんなこ...
反抗期まっただ中の10代は、「お母さんはあなたのことを考えて言ってくれているのよ?」なんていうセリフには耳も貸さずに、「ふんっ」と聞き流していたのでは?で...
他人に言われて初めて気づくことって、たくさんありますよね。で、人生における大事な気づきを与えてくれるのは、だいたいが親友からの指摘。ときにはグサっとくるも...
友達ならたくさんいるというあなた。その中に親友と呼べる人はいますか? そもそも親友と友達の違いはどこにあるのでしょうか?ここで紹介するのは。友達と親友の間...
「自分」のアイデンティティが生まれる上で、とても重要な役割を担うのは、母親の存在。Robyn Reischさんが「I Heart Intelligence...
新年度が始まり、早いもので3カ月が経ちました。職場や学校で新しく出会い、いつのまにか一緒にいるようになった人はいるでしょうか?もしかしたらその相手、一生を...
米ライターのChrystina Noel氏が書いたこの記事には、人付き合いにおけるちょっとした気遣いがまとめられています。でも、これらは誰にでもやるべきマ...
オーストラリアに住むSarah Janeさんは、8歳の息子がいる一児の母親。かつては様々な場所を旅していたのですが、事故により歩くことができなくなってしま...
ミステリアスなちょっと悪い男性になぜか惹かれてしまう…。そういう女性も多いかもしれませんが、そのときめきは最初だけ。長く付き合っていくことを考えるなら、思...
親友は、人生で大切にするべきかけがえのない存在。それなのに、肝心なときに限って感謝の言葉が出てこないのは、よくあること。楽しいときは一緒に笑い、つらいとき...
仕事に行くのが憂鬱だと思っている人は多いはず。それでも頑張れる理由はさまざまですが、きっと「同僚の存在」もその一つなのではないでしょうか。Liz Rae氏...
一番親しい友人との「価値観の違い」、感じたことはありますか?私はイギリス留学中、寮で親友と相部屋でした。基本は楽しかったのですが、意外なところで衝突が。相...
山や川、砂漠をも越えて500マイル(約800km)のトレッキング…と聞いたらそれだけでも大変そうですが、もしもそれを車椅子で達成するとしたら?米・アイダホ...
「愛は最高の奉仕だ。みじんも自分の満足を思ってはいけない」太宰治の『火の鳥』には、愛についてのこうした表現が登場します。これは紛れもなく「真実の愛」と呼ぶ...
子どもにとってお母さんは、最初に心を許した人、そして初めて出来た友だち。あなたの成長も、夢も、失敗も、全部近くで見てきたお母さん。あなたの一番のファンで、...
私は様々な恋愛をしてきた。ちょっと他ではないようなハードな体験も。そんな中で、「恋愛とは一体なにか?」を考えてきた。ここからは、私の特異な恋愛経験をもとに...
あなたの家族や恋人、親しい友人・知人に感謝や祝福のメッセージを贈るとき、いつもとは趣向を変えて「ハワイ語」を送ってみると、相手に驚きと感動を与えられるに違...