シラフの時間を増やすと、人生はこんなに充実する(5つの理由)

お酒好きにとって「断つ」というのは、ドクターストップでもかからない限り、なかなか難しいのではと思います。社会人になる前は付き合いで飲みに行くとか「面倒くさそうだな」と思っていたのが本音ですが、今では、お酒はコミュニケーションツールにもなるのだと実感しています。

しかしそれは、上手く付き合えればの話かもしれません。「Elite Daily」のライターAbbey Finchさんは、青春時代にお酒に溺れてしまい、断酒を決意した過去があります。彼女が、完全に飲まない生活をした20代の経験から学んだことを紹介します。

01.
「やなことあった。飲み行こ!」
の代替案はたくさんある

C14c497f0be2e32bb2ef176e7ec45e884ff98d31

人生で起こる金銭や人間関係のトラブル。ストレスが溜まっていくけれど、どんな局面にもきちんと向き合う方法を覚える必要があったの。お酒を飲まなくても、運動をしたり、体に良いものを食べたり、信頼できる相手に相談したり。

セラピーだって、素晴らしいこと。ボランティアに参加するのも良いわ。自分のマイナス面にばかりこだわっていないで、周りの人が抱えている問題解決の手伝いに集中できるから。

02.
恋愛について
「正しい判断」ができる

頭がスッキリしていると、今自分がどんな状況にいるかがよくわかる。最悪な恋愛関係の場合もそう。酔いに任せて関係を始めると、6カ月後に相手のことを好きでもなんでもないと気づいてしまうことも…。

お酒に身を任せなくなってからは、2~3回デートして相手の反応をみて、もしお互いがそれ以上興味なさそうなら、すぐに次へと進むの。勢いに任せず考えて行動することができるわ。

03. 
友達と過ごす時間が
濃厚になる

9bd21997a3c8281364be88851f94fe060735db28

本当の友達と、飲み仲間には大きな違いがあるの。お酒を飲んでいない私は、自分の時間を誰と一緒に過ごすのか、慎重に選ばなければいけなくなった。友達というのは、一緒にいて楽しいだけじゃなく、同じような目的を持って行動をして、自分にとってプラスの影響になる人のこと。

確かに、お酒を飲まないと話せない事って、よく考えてみるとそんなにないのかもしれない。

04.
「10年後、実になっている」
生産性ある日々を送れる

二日酔いがなくなったら、時間がたくさんできた。エネルギーが湧いてきて、もっとやりがいのある事に向けて努力し、仕事で目標を達成するために力を使うようになったの。

仕事でも昇進し、会社を始め、修士号を取り終えるまであと少し。本の執筆や、憧れのジャーナリストとしてのキャリアなど、とても大きなプロジェクトにも挑戦している。

「とりあえずの楽しみ」を諦めることで、ずっと続く幸せを手に入れることができると学んだわ。結果、クラブやパブのはしごができなかったりしたけど、10年後にはそんなこと気にもならないはず。

05.
感情を無視せず
しっかり向き合うようになる

3e16cb85a143c04648fed6afa0600cc514693b94

恋愛にとどまらず、人間関係に疲れ果てた時、いつそれを終わらせて次へ進むべきか、見抜けるようになったわ。仕事で解決できないことに直面したら新しい職場を探す。恋愛関係でマンネリに陥ったら前へ進む。

シラフでいることで、何か上手くいっていない時というのを、敏感に感じ取れるようになった。

そして、お酒で自分の感情を曖昧にするような事はしないから、ストレスの原因になる人や状況を捨てるきっかけになるの。

Licensed material used with permission by Elite Daily
大学を卒業、初めて就活をして、初めて社会に出る20代には、悩みや不安が常につきまとっている。解決しても、すぐ次の悩みが押し寄せてきて、うまくいかなくて逃げ...
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
長く生きていると、昔の色んな失敗を思い出してはチクッとすることもいっぱいあります。今回紹介するのは、「Elite Daily」に掲載されていた30代女性ブ...
少しでも大人に近づきたくて、精一杯背伸びしていた高校時代。そんな多感な時期をともに過ごした友だちと当時の話をすると、甘酸っぱい記憶が甦ってなんとも言えない...
今の時代、私たちの生活環境は、めまぐるしく変化しています。昨日の常識が、もしかしたら今日には非常識になることもある。そして、その変化に順応していける者しか...
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
20代ほど人生設計に悩み、多くのアドバイスが必要なときはないかもしれません。まだ大人になりきれずに悩み、落ち込むこともありますが、信頼できる友だちがいれば...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
仕事も人間関係も順調なのに、何だか気分が上がらない。そんなときは、面倒くさいと思っても自分をハッピーな気持ちにしてくれる人やコトを、いま一度振り返ってみま...
20代のうちは誕生日があんなに楽しみだったのに、30歳を超えると「筋肉痛が二日遅れで来た」だの「お肌の曲がり角」だの、何かとマイナスなイメージ。だけど、2...
年を重ねるにつれ、変わっていく両親との関係性。若い頃は無鉄砲なことばかりで心配をかけていても、ある日、親の存在のありがたさに気づかされるもの。「Elite...
Ashley Fernは、NYのライフスタイル情報を発信するメディア「Elite Daily」の編集者として活躍する女性。ここでは、彼女が20代に向けて書...
20代から30代へと変わるうちに、親友と楽しむことをまとめました。ダンスパーティへ行ったり、知らない土地へ旅行したり、一緒に本読んだりと、20のチェックリ...
若くてエネルギッシュな20代。勢いにまかせて、ときには理性を失った決断をして取り返しのつかない失敗をすることも…。もちろん「失敗を糧にする」ことは大事です...
そばを食べながら日本酒をいただくというのは、江戸っ子に愛された由緒正しいスタイルのひとつ。でもじつは、そばって地域によって味も食べ方も全然違うんです。山形...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
「日本に眠る愉しみをもっと。」をコンセプトに据え、「地方と食」にフィーチャーした様々なプロジェクトを展開する「DINING OUT(ダイニング・アウト)」...
社会に飛び出して、自信をつけた人もいるでしょう。逆に、周りから差をつけられて焦っている人もいるでしょう。30代に向けてのステップアップでもある20代…。「...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
私たちは何か目標を立てるとき、何か「する」ことを考えがちですよね。おそらくみなさんも「今年は絶対にこれをやる!」と抱負を決めたことでしょう。でも「Brit...