空港での「トランジット難」を解決する、出来すぎカプセルホテル

世界の空の旅に新たな選択肢をもたらしたローコストキャリア(LCC)の台頭で、格安旅行の醍醐味は増した。

コストパフォーマンスを考えれば、機内食の削減も、手荷物の制限にも目をつむれるけれど、意外と気になって仕方ないのが乗り継ぎの悪さだったりするのは、僕だけだろうか。旅程とうまいこと合えばいい、が場合によっては10時間近いトランジットを余儀なくされることも。

そんなとき、Wi-Fiポイントにアリのように群がるか、硬い椅子に横たわって、ただ時間を潰すくらいならば、こういうアイデアがもっと出てきてもいいんじゃないかな。

乗り換え時間の長さを
逆手にとった宿泊施設
「Bed & Boarding」

31b94ec0b05938c26875d1135b9c1bf19f4a978a854a9eaeadbb9108d7f9fca2267984de2f009a9f

ナポリ・カポディキーノ国際空港に新設された、リフレッシュルームとホテルのちょうど中間をいくカプセル型の宿泊施設がこちら。24時間365日、使いたいときに利用できる、その名も「BenBo」。意味はBed & Boardingから来ているらしい。

なんでも、日本のカプセルホテルに着想を得て、こぢんまりした1人用のハコを意識したんだそう。ところが独立したユニット型の個室は、本家のそれと比較しても明らかに大きく、楽チンそう。

さらに中がスゴかった。あらゆる旅行者(なかでもお金をかけずに空の旅を楽しみたい層)のニーズを叶えるべく、室内も、共有スペースも、ゴキゲンなファシリティが整っている。

A39236858176dcf5a863cbc056e0e7cb5ca19fcd

仮眠もシゴトもイケる
「カプセル」を超える汎用性

1892f03687d23a1e90451caccb3ee6d307347c12

カードキーをかざすと自動で扉がオープン、両手に荷物の旅行者にちょっとうれしい心づかい。壁はすべて防音壁だそう。

C803c33be2f3e62d432dced0cca3670891d7e1418b322559c1daf3d075ce49c7e0511e1d8d8fe0e2

室内はベッドだけにあらず。

落ち着いた空間で作業したい人のニーズにも合わせ、無線LANだけでなく、ドッキングステーションや、リクライニングテーブルを完備。さらには、フライトスケジュールを逐一チェックできるボーディングボード、アラームクロックと、これなら乗り遅れる心配も無用だろう。

個人的には、建てつけのスタンドミラーや、手荷物から旅行カバン、靴まで収納できるキャビネットがデフォルトだという点も、旅行者のツボを押さえた花マルポイント。

Eb9488fd00af2ef8ea2fa5bd259758d94f72fbeb

ちなみにトイレとシャワーも、利用個室1つずつに割り当てられた完全プライベート。そこもセキュリティやプライバシーに配慮してのことだそう。

コワーキングスペースも充実

97c5593a2469e13cd1e5f1a099a76e74b729f1d91b775bb0ac7010b9d2f68c26b51ed443686e4ac3

屋内とテラスの共有スペースも使い放題。カプチーノ片手にメールをチェックしたり、旅のブログをまとめたり、同じ旅行者と情報交換するなど、用途はさまざまだろう。

空港併設型のリフレッシュルームって、窓はあってもなかなか外の空気を吸うには至らないところが多かったけど、乗り継ぎの合間にほんの数分でも、ふわっと外気を浴びれるのはありがたい限り。

ナポリから開業したBenBoは、今後ローマ、パレルモ、ベルガモにも展開予定だという。最初の1時間がおよそ9ドル(約1,000円)、以降8ドル/時間ならば、リフレッシュ&仮眠の快適さには十分、値するんじゃないだろうか。

Licensed material used with permission by BenBo
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
キラキラの最新ホテルはもちろん大好きだけれど、独特な個性を放つ、ユニークな歴史を歩んできたホテルの魅力はまたとっておき。長い歴史の中で、様々な物語の舞台と...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!ここでは「T...
ホテルブッキングアプリ「As You Stay」が、ユーザー体験による独自調査をもとに未来のホテルのあり方を大胆予測。今後どこまでこれに近づくかは別として...
ホテルの寝具が心地いいのは、ビシッとセッティングされたベッドのおかげ。自宅でも簡単にプロのベッドメイキングを再現できるよう、分かりやすく写真と動画でみてい...
インターネットなしでは、もうまともな生活ができないかもしれない…なんて思うことはあるけれど、たまには完全に離れてみるのもなかなかいい。高速インターネット環...
夏もすっかり過ぎて、外の空気がクールダウンしてきたら、今度はちょっと知的な読書の秋を楽しみましょう。丸一日、読書に没頭するもよし。または、逸品カクテルで喉...
宇宙旅行は、かつて宇宙飛行士のみに許された特別なものでしたが、現在旅行会社がプランを取り扱うなど、民間人にも夢ではなくなって来ました。今度は「宇宙ホテル」...
寝具やバスアメニティといったゲストルームの設備は当然重要だけれど、いつまでも記憶に残るホテルの客室というと、けっこう外の景色がキーポイントになってくるんで...
本当に完成度の高いホテルを訪れると、見知らぬ人が手がけているのにも関わらず、瞬時に旅の疲れを癒し、ほっと心を落ち着かせてくれるもの。いつもとは違う空間でも...
打ちっぱなしのコンクリートに、剥き出しのパイプ。ここ数年、そんなインダストリアル要素をデザインに取り入れたホテルが増えました。確かに、味わいのある質感を持...
死ぬまでに一度は行っておきたい。そう思えるホテルが世界中にはいくつも存在します。ここで紹介するのもそんなホテルの中の一つ。タンザニアのペンバ島に存在する「...
海外ツアーの添乗員として働いていた頃は、お客様と一緒に高級ホテルに泊まる機会も多かった。主な顧客がシニア層だったこともあり、ツアーではだいたい4ツ星か5ツ...
フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。こ...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
日本では遺体を火葬することが一般的。海外では土葬するところも多くありますが、お墓参りというと墓石や十字架の並んだ風景が頭に浮かぶもの。しかし、イタリアのデ...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあったこれまでの旅の記憶をひっぱり出して、様々な...
ホテルになるべくして造られた新築の建物の中にも、あなたのお気に入りはあるはず。でも、もともと異なる目的で使われていた既存の建物を、ホテルとして生まれ変わら...