今日は、キンキンに冷えた「アイスティー」でお祝いする日

もしかしたら、日本でもごく一部の人しか知らないネタかもしれませんが……、毎年6月10日は「アイスティーの日(National Iced Tea Day)」です。と言ってもアメリカだけのお祝いのようですが。

アイスティー大好きアメリカ人
夏を迎える儀式みたいなもの

D2ce8e5f7eec9cfb1696aceeb7aacc693bda789c

そもそもイギリスではなくアメリカで、このお祝いの日があるというのも妙な話と思うでしょ。ところが、アメリカ人は大のアイスティー好き。なんでもミネラルウォーターの次に飲まれているのが紅茶(ホットも含む)だそう。

2014年のデータですが、約136億リットル近くが消費されていたんだとか。その85%近くがアイスティーというんだから、暑かろうが寒かろうが、確かに彼らが好んでそれを飲んでいることが分かります。

しかも、そのほとんどが加糖した甘〜いもの。 

「ウソ」から始まった?
「本当」のお祝いの日

で、肝心のこの6月10日という日にち。これが……よく分からない。夏の始まりをアイスティーで祝う、みたいなキャッチコピーも散見します。

タコス記念日や、チキンウィング記念日、ナチョスDAYといった具合に、あらゆるフード記念日で盛り上がるアメリカ。それらの起源をていねいに解説するサイト「Party Excuses Network」が唯一、真相に近づいていました。

曰く、2003年にジョージア州の下院議員が、紅茶を提供していたカフェやレストランに対して、「加糖で提供すること」を義務付けようとしたそうです。でもこれ、エイプリルフールのどっきりでした。

ところが、それを鵜呑みにしたわけじゃないでしょうが、街の人たち、「アリじゃね?」とでも思ったのか、以後、どこの店も甘い紅茶がデフォルトになったんだとか。

もしかしたら、その始まりの日が6月10日だった?

無料アイスティーゲットなるか!?

というわけで、この日に合わせてスタバが展開する「TEAVANA」をはじめ、ハンバーガーチェーンや、コーヒーショップなどで無料のアイスティーが配られたりもするそうですよ。

こちら日本は、とくだん何かイベントがあるわけじゃなさそうだけど、ジリジリする太陽の下で今日だけは、キンキンに冷えたアイスティーをどうぞ。

それが第3週の日曜日「National Ice Cream Day」、つまりは「アイスの日」。知ってた?単なるアイス好きの国民だから、なんて結論付けるのは...
今やコンビニでもどれにしようか選べるまでになったクラフトビール。もちろんこの夏もクラフト熱は冷めやらない。キンキンに冷えたビールも確かにうまい。けれど、今...
スターバックスに通うようになってもう何年も経つが、そのホスピタリティの高さには毎回感心してしまう。通勤途中にある店舗では、ブラックエプロンを身につけた、店...
アイルランドで最大規模のお祭り「セント・パトリックス・デー(St Patrick's Day)」。この日の主役セント・パトリックとは、不況のためにアイルラ...
「海の日」といえば、毎年7月の第三月曜日。ですが、世界各国ではそれより1ヶ月近く早い、6月8日。つまり今日。「World Oceans Day」と呼ばれる...
暑い夏の定番カクテルといえば、キンキンに冷えた「モヒート」をおいて他にありません。ライムとミントの爽快な味わいは、この上ないベストマッチングですが、ライム...
女性に例えると、きっと「あざとい」タイプ。フリルをたくさん纏った、いかにもぶりっ子って様子ではないのだけど、しっかり"胸きゅんポイント"を捉えていて、絶妙...
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
そんなこと、普通は考えもしません。それならば、この機会にちょっと思いを巡らせてみませんか?以下は、オーディションで選ばれた実在する一組の家族。全員で...
今日、7月4日はアメリカの「独立記念日」です。昼間はBBQ、夜は花火を見るというのがトラディショナルなお祝いの仕方。全米のどこもだいたい一緒。でも、ここで...
水分補給が欠かせない、夏ーー。とは言っても「なにを飲むか」は、仕事中でもバケーション中でも、つねに頭をめぐるテーマですよね。ここで紹介するのは、海外で話題...
スウェーデン北部の都市ルレオで開催されている「ICE MUSIC」は、氷で作られた楽器による演奏会。アイスバーやアイスホテルなど、“氷でできた◯◯”は数あ...
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
「2016年は、紅茶の年だった」そう言ってしまいたくなるほど、この1年で目覚ましい活躍を見せた紅茶。中でも、スターバックスが展開する専門店「TEAVANA...
どんなビジネスにも少なからず決まりがあるものだけど、紅茶の製作にも型があるそうで。「CTC」と呼ばれるその製法は、「Crush、Tear、Curl」の略。...
子どもの頃や学生時代はあれだけ盛大にお祝いしてもらっていた「お誕生日」。でも大人になるにつれて、お祝いしてもらえる機会って少なくなってきますよね。ここで紹...
通常の思考なら、ただのゴミでしかない使用済ティーバッグ。しかし、Ruby Silvious氏がアーティストたる所以は、そこに新たな命を吹き込めることにある...
自分の誕生日会に、招待した友達が1人も来なかったというアメリカ・テキサス州に住む8歳の男の子、Graham Day君。ケーキやピザを用意して待っていたのに...
明日は「父の日」。でも、僕にはもう父親はいません。6年前に他界したからです。毎年どんな風に過ごそうかと悩んでいましたが、「Elite Daily」の女性ラ...
蓋を開けた瞬間に広がる香りは、上質な素材と焙煎したての証拠。「HAPPY NUTS DAY」は、いま話題の千葉県九十九里発ピーナッツブランドです。こちらは...