いま、火星の生命体と接触するのが危険な理由

ここ10年で地球外生命体が存在しうる天体はいくつも発見されている。なかでも、その可能性が高いと言われる火星には、世界各国が探査機を打ち上げている。

探求が進むとともに進化するのは、サイエンス・フィクションの世界も同じらしい。間もなく公開となる『ライフ』は、火星で見つけた恐ろしい生命体と向き合う宇宙飛行士たちの悲劇を描いたSFホラーだが、「このような未来があり得るかもしれない」と注目が集まっている。

未確認生物を見つけたとして、それが人類に影響を及ぼす可能性はあるのか。太陽系の地球外生命体について研究している東京大学の関根康人准教授に映画を観てもらい、くわしく話を聞いた。

関根 康人(せきね やすひと)

東京大学准教授。地球惑星科学を専攻し、地球や太陽系内外の天体について、特に生命が存在する、もしくは存在しそうな天体が、どうやって今のような姿になったのか、どのように誕生し進化してきたのかについて研究している。

火星に生命はいると思う

F18750be85251f0725d50a0af27bde56128f66f6

ーまず最初に。この宇宙空間に、生命がいる可能性のある天体はどれくらい存在するのでしょう?

関根:それは数え切れませんね……。

ーえっ、そんなにも!?

関根:はい。ただ、可能性はそれくらいあるんですけど、実際に証拠を発見できるかどうかがポイントで、やはり誰が見ても「これは生命だ」って言えるような証拠が得られる天体となると、その数はガクッと減ります。

ーやはり太陽系に限られてしまう?

関根:そうですね。いま現状の科学技術では、太陽系外の天体に行ってサンプルを持って帰ってくるには、一番早いロケットを飛ばしても数十万年かかります。着いた頃には、出発当初いた人はいません。というような状況なので、行って、サンプルを持って帰ってきて、確かめられるのは太陽系に限られるんじゃないかなと思います。

なかでも火星は行くのに1年、帰ってくるのに1年。十分検証ができます。

21ba648ce7311548d6a1ac0e722996d6f3865a4d

ー火星上の生命に関する研究はどこまで進んでいるのですか?

関根:ある天体で生命を育むためには3つの要素が必要です。1つは液体の水。2つ目は有機物。我々の体の部品のようなものです。最後はエネルギーで、我々が、食べた物を酸素と同時に燃やした時に得られるものです。

液体の水の存在は30年以上前から分かっていたんですけど、有機物とエネルギーについては明らかではありませんでした。でも、5年ほど前、火星上にキュリオシティというNASAの探査車が降りて、むかし湖だった場所の泥を採取し、調査したところ、有機物と、火星の大気にエネルギーを作るのに不可欠な酸素があった形跡を示す酸化物を発見しました。ただ、有機物については、生物の起源なのか、何か別のものの起源なのか、そこまでは分かりません。

ーいま、火星に生命はいますか?

関根:その可能性はあると思います。火星の大気にメタンガスが噴出しているということも最近明らかになっていて、それは、微生物が二酸化炭素と水素を反応させて作るものなんです。現在進行系で作られているのかもしれないし、かつていた生き物が作ったメタンが氷で固まっていて、いま溶け出しているのかもしれない。現状は、どちらの可能性もあります。

いまは、事実究明が許されていない

32861ff5d42fe25c76f3fa0ecf2b2dd3e54fcc8f

ーむかしいた痕跡なのか、いま存在する証拠なのか、それが分かるのはまだ先の話ですか?

関根:そうですね。火星上でも、いまでも水が流れていると思われる場所もありますが、そこには、キュリオシティは近づけないんです。

ーそれは、どうしてですか?

関根:火星でもそのような場所では、地球上の微生物が生き延びられる可能性が高いです。ほかにも、太陽系の探査が進んできたなかで、地球から持っていった微生物が、ピンピン生きているどころか繁殖までしてしまう可能性のある天体がいくつも見つかっているんです。

で、キュリオシティに微生物が付着していないとは限らない。というより乗用車くらい大きなキュリオシティから1体残らず微生物を駆除するのはまずムリです。地球の生命が他天体で繁殖してしまう可能性があるので、それを避けるための惑星検疫という取り決めが、NASAや国際宇宙機関を中心に、急ピッチで考えられています。

ー惑星検疫とは?

A2ce7bb40937628591b16cb2711f7914928b00d3

関根:はい、英語では「Planetary Protection」と言うんですが、地球上の生命で他の天体を汚染しない、あるいは他の天体から生命を持ってくる時も地球上の生命が逆に汚染されないように、きちんとした枠組みを作ろうというものです。

ーたとえばどのようなルールがあるのでしょう?

関根:できる限り滅菌するのがひとつ、あとは、さっき言ったように実際に液体の水が流れている場所に探査車はむやみに近づかないというルールがあります。

基本的には、以前湖だった場所とか、いまは泥が乾いてしまっている場所とかを調べるので、むかしの環境を復元するとか、生物の痕跡を探すとかはOKなんですが、実際に水が流れている場所に探査機を送るのは、かなり厳しい取り決めがあります。
これらは火星についての取り決めですが、木星の衛星エウロパっていう天体だと、着陸自体にもかなり厳しい規制があるとか、ほかにもいろいろ。

いま挙げたのは向こうを汚染しない取り決めで、向こうからサンプルを持って帰ってくる時の取り決めもたくさんあります。

ー向こうからサンプルを持って帰ってくる時の具体的な取り決めは?

F003f20af8082034689f88602a85c8b422bafb0b

関根:他の天体のサンプルを採取した時に、そのまま地球に持って帰ってくるのではなくて、一度、地球の環境から完全に隔離された場所に持ち帰るというのが基本方針です。ISS(国際宇宙ステーション)もひとつの候補です。

ー隔離は、どれくらい厳重なのでしょう?

関根:地球上でも、感染性と致死性の高い細菌・ウィルスに関してはバイオセーフティーレベルという基準が定められていて、レベル4がマックスなんですが、エボラ出血熱がレベル4。人類にとって危機的なものが繁殖しないよう、もう何重にも隔離された実験設備になります。

それと同等に隔離された場所でなければ、火星のような生命がいる可能性のある天体から持ってきたサンプルは開封してはいけない、と取り決められています。

火星上の生命が、人類に影響を及ぼすかもしれない

Cfac6f56896c63e720069cf857a5d50b2655122e

ー今回、関根先生にも『ライフ』を観ていただきましたが、この作品をどうご覧になられましたか?

関根:まず、先程、惑星検疫の取り決めが急ピッチで進められているとお話しましたが、そういう部分では非常にタイムリーな映画です。

あとは、内容がリアルですね。現状、宇宙に生命を探してそれをどう持って帰ってきて、我々がどう扱ったら良いのかという方法論がないんです。その事実をまざまざと見せつけられた気がします。地球外生命にとって、別に、あちらは地球に持っていかれることがウェルカムな状態じゃない。きちんとした方法論を取らないといけないというのは言葉では分かっているんですが、映像という形でリアルに見せられると、宇宙生物学に携わっている人間として本当に考えさせられます。

ー具体的にどこの辺がリアルでしょう?

関根:これまでは、ある種の楽観論に基いて探査が進められていて、最悪のケースに備えてどう対処をすればいいかまでは考えられていません。

というのも、火星本体からサンプルを持って帰ってくるのはバイオセーフティーレベル4なんですが、火星の衛星から持って帰ってくるのはレベル2くらい。地球の月と同じように大気もなければ水もない天体から持って帰ってくるサンプルは、ほとんどバイオセーフティーがかからないんです。

Eded58922fe65e34b7335bc766e76f832d345a48

 日本は火星衛星の探査を計画しています。我々は、その衛星表面に火星本体から飛んできたサンプルも含まれていると思っているんです。火星衛星からのサンプルをレベル2で開いた場合、そこに火星本体由来の生命が含まれていれば、人類に影響を及ぼす可能性もあります。この映画では、そういう実際に起こらないとは100%言い切れない最悪のケースが描かれていて、観ながら怯えてしまいました。

0e151edc094d351f5e7947b280e02025d752c54d

ー真に迫る内容だったのですね。ISSのセットも実物と近いですか?

関根:はい、採取した火星のサンプルを調査していた隔離部屋の構造も、実際のISSに非常に近いですね。ふだん地球外のサンプルの分析方法なんて見れませんから、自分が当事者になったような気持ちで観れるというのは新鮮だと思います。あそこに立つことこそ僕の夢で、もし叶うなら、映画のような恐ろしい目に合うのも本望ですね(笑)。

『ライフ』
無重力の国際ステーション(ISS)という限られた空間の中、未知の恐怖と向き合う6人の宇宙飛行士の恐怖を描いた“最強SFホラー“。「生き残る」ことが本能の<未知なる生命体>。ヤツを「地球に行かせない」ことが6人のミッション。無重力のISSから<惨劇>が始まる──。

公開日:2017年7月8日(土)
出演:ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、レベッカ・ファーガソン、真田広之
監督:ダニエル・エスピノーサ

856f0d7294156e470b240fe226ef134b887c0972
2015年9月29日(日本時間)、NASAは火星の表面に「液体の水」と「塩の結晶」が存在していることを裏付ける観測データを発表した。複数の場所で水が流れた...
2015年7月23日、NASAは地球と非常に近い環境を持った惑星を発見したとの発表を行いました。「Kepler-452b」と名付けられた惑星は、太陽系外で...
科学が発達した現代においても、あたかも解明できない超常現象のように語られる「宇宙人存在説」。いないと、よほど困る理由でもあるの?このモヤモヤに挑む「Spi...
僕たちが今、当たり前のように生きていられるのには、様々な要因が関わっている。地球、水、オゾン層の誕生、さらには人間そのものの肺、脳機能の進化など。でも、そ...
2016年2月19日「AFP」は、NASAによる火星環境を想定したジャガイモの栽培実験の結果が翌月明らかになる、ことを報じました。ペルーの首都リマにあるイ...
地球以外の惑星に人類が住めるようにする、テラフォーミング。現在は火星が一番適していると考えられていますが、そんな火星には数十億年前には「大気と水」が存在し...
地球から遠く離れた深宇宙。その探査研究情報をまとめているポール・ギルスター氏は、自身が運営しているwebサイト「Centauri Dreams」で、宇宙か...
2020年代に人類が火星に移住する計画があることは、多くのメディアが伝えています。ここで紹介する「Asap Science」の動画は、それにまつわる様々な...
2030年の火星移住プロジェクトにむけ、NASAが「火星での植物栽培」を本格的に考えている、というニュースは何度か見かけたことがあるかもしれません。地球以...
火星移住計画──。それがフィクションでなくなってきた印象は確かにある。民間ロケットがテスト飛行をし、これまでエイリアンや惑星衝突に固執してきたハリウッド映...
火星の表面──。そう言われなければ、これが地球のどこかとも思えれば、マクロ撮影した鉱物にも思えてしまいます。「Red Planet」に形容される、赤く荒涼...
今から紹介するビデオは、『Kurzgesagt』で紹介されたもの。それがものすごい反響で、たったの4日で330万回再生、すでにFBで10,000以上のシェ...
2015年12月16日、豪・ニューサウスウェールズ大学研究チームの天文学者たちが、生命が居住できる可能性をもったハビタブル惑星を新たに発見した、と発表。地...
土から芽を出して、ぐんぐんと天に向かって伸びていく植物。地に根を下ろして、静かに育ち続けます。この写真は、木が生い茂る自然の中で、目を閉じている時の感覚に...
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
宇宙に行きたい人、手をあげて!2015年12月14日、NASAが「求人募集」を開始します。どうやら火星探査に必要な300名以上の宇宙飛行士を集めようとして...
近く重大発表をするらしい…それが「太陽系外惑星についての内容」とだけ含みを持たせるNASAの先行発表に、数日前から噂や憶測が海外メディアで飛び交っていた。...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
アメリカ国防総省の高等技術計画局「DARPA」が、火星の環境を地球に近づける方法についてコメントを行った。同局の生物学研究室、アリシア・ジャクソン次長が発...
「もう少し体が柔らかければ…」 YouTubeの運動初心者向け健康チャンネル「MuscleWatching」には、そんなあなたに向けた効果抜群ストレッチが...