BBQグリルのなかでも「チョイ焼き」に最適なのはコレ

キャンプ場や河原に限らず、ビーチ、公園、さらにはバルコニー。いまやBBQが楽しめる場所は意外と多い。

けれど、年に数回のために収納庫からグリルを出し入れしたり、準備や後片付けのことまで考えると、決してラクではない。かさばったり、重かったり、女子にだってハードワークだろうし。

もし、片手でひょいっと持ち運べるBBQグリルがあったなら…。こんな想像、きっと僕だけではないはず。だから、この「UNA Grill」を見つけた時に心が踊ったんだ。

原点は、
「焼け焦げたテーブル」にあり

3096744b5d662eb536308b85276750e98e4d9e99B8d3f0fdb8ffb73d3cd04b178f30281d2bfa6fcd

とにかくコンパクトなこのBBQグリル。そのアイディアは、ある失敗から始まった。

ある日、世界中に散らばる家族が久々に実家で集まった。BBQでお祝いしよう!ところがグリルが手元になかった。そこで、父はグリルを即興でDIY(これがスゴい)。こうして、美味しい夕食と家族水入らずのひと時を楽しめたそうだが、問題は片付けで発覚。なんと、グリルを設置していたテーブルが焼け焦げてしまっていたらしい。

父から子へ、
受け継がれた創意工夫

しかし、父親は、“その事件”を反省材料にしてBBQグリルの試作品を完成させる。それは、テーブルを焦がすことがないように工夫されたもの。さらに、別々に暮らす家族のことを考慮して、どこにでもラクに携行できるよう、見たこともないほど小ぶりなサイズとなっていた。

息子でUNA創設者のSherif Soubraは、バージョンアップした父のグリルに多くのインスピレーションを得たという。そう、まさしくUNA Grillの原型がここにある。父親の創意工夫(すなわちDNA)は、しっかりと息子に受け継がれていたのかも。

Bda34f753f39c80e756649b1b79f3dec1369f9c882651dea012d235fad2d004ee50d26fb645c46c9

“チョイ焼き”具合がちょうどいい

重量は約3.7kg。女性が無理なく持ち運べることを前提に設計されている。手軽さは使う場所を選ばない。バルコニーや庭でちょいと何かを焼きたい時にもちょうどいい。セッティングや後片づけのことまで想定された使い勝手の良さから、いくつかの特徴をPICK UPしてみた。

■持ち運びに車なんていらない

Afa578e21c7b60db87158eb90a3fb49f9f18b43a

■セッティングも手間いらず

Ded3a884471b599c3a1c82ebf1016436b4595b9b

■このサイズでも、トーゼン炭焼き

B848cabf69825124402c294784beeaeee3ecfbe9

■焼き加減が微調整できる

047089d36a62cbd4004f60917f6d180bef5a9a38

写真に注目。グリルの網を天地逆にセッティングすることで、ほんのちょっとだけど直火との距離を開けることも。

■食洗機OKでラクラク

A4d800709a355b23724be5c4ae79b2671066631a

■収納も省スペースでGOOD

38bd9e59e64e3794f5b96cd93a8f5437ee9e3258

気分もアガる
鮮やかなカラバリ

924ef80efbc1b8f71c12c19f5717d0ec52ea13f6

結局のところ、BBQグリルってほとんどがシルバーやグリーンといった、お決まりカラーで地味なものが多い印象。でも、せっかくのアウトドア、道具の色にだってこだわりたい僕みたいな人間には、5色のカラーバリエーションがうれしい。色鮮やかなグリルなら、気分もアガって盛り上がれること間違いなしだろう。

すでに「Kickstater」での資金調達を終え(目標額の2倍ゲット)、現在の小売価格は149.5ユーロ(約19,300円)というプライスに、少々割高感を覚えるけれど、これだけコンパクトに持ち運べれば、1年間で元が取れちゃうかもね。

E5c941a223d2bf24dcff26284a1a5c42f8511437430e5d0d081d611bb50484d64573787ef4f60fb8
Licensed material used with permission by UNA Grill
1回こっきり使い捨てBBQコンロ「CasusGrill」。網もグリルも炭も、必要なものはすべて揃って、終わった後もこのままゴミとして捨てられる。しかも、こ...
キャンプ場や指定の河原、公園に行かずと気軽にBBQを楽しみたい。そんなニーズに応えるクッカーがあります。それも環境に配慮したイマドキのもの。なぜなら炭もガ...
直火で豪快に焼くのが楽しいBBQ。せっかくだからお酒もひとひねりして、直火を使うっていうのはいかがでしょう?BBQにぴったりの、自家製カクテルをご紹介。お...
アメリカにおいて、元祖ホットサンドといえば「グリルドチーズサンド」でしょう。映画やドラマのワンシーンでもたびたび登場する、とろ〜りとろけるチーズをこんがり...
三度の飯よりホットドッグが好き?ケチャップとマスタードをかけるだけじゃ味気ない?「Cool Matrrial」が紹介したホットドッグ12変化を紹介しよう。...
アウトドアの季節、外で何を食べますか?バーベキューでお肉?カレー?お決まりのメニューももちろんおいしいですが、さらに本格的な料理ができたらもっと楽しいと思...
嗜好の違いなんて結局のところ人それぞれ、べつに大した問題じゃあない。ところが、それが当たり前だと感じられるかどうかは、どうやらその「好み」によるというのが...
一般的に、ホットプレートといえば黒くて丸い“アレ”。ところが、この「Table Grill Pure」は純白でオシャレと話題沸騰中なんです。ご覧の通り、カ...
BBQのシメといえば、焼きそばが定番中の定番。だけどそこに行き着くまでにお腹は意外にふくれるもので。わざわざ網を鉄板に替えるのも手間。そんなときに「焼きフ...
BBQをただ焼くだけでは芸がない。でも、凝った料理は難しい…。というような場面で活躍必至の一品を紹介します。用意するのはベーコンと玉ねぎだけ。本場アメリカ...
キャンプやBBQなどのアウトドアでは、暑さだって醍醐味のひとつ。そういう考え方の人もいるかもしれない。でも、現実的な話をすれば、やっぱり涼しいほうが嬉しい...
電気、ガス、IH。炊飯器が進化しても求められるごはんといえば、「かまど」で炊いた“ふっくら”した炊きあがり。ならばいっそ、かまどでごはんを炊いてみてはいか...
備えあれば憂いなし。サバイバルが必要なシチュエーションなんて、さずがに人生の中でも想像できないだろうけど、この方法、知っておくだけで、何かとアウトドアシー...
Meathead Goldwynさんは、世界で最も有名なバーベキューサイト「Amazing Ribs」の編集者で、科学的な観点から調理法などを紹介する『M...
依存性のある薬物を摂取すると、その成分を「もっともっと!」と欲するようになる。それが一般的に考えられている「麻薬中毒」の認識です。しかし、ここで紹介する動...
BBQの鉄板「焼きトウモロコシ」。醤油を塗りながら焼いて熱々のうちに食べれば、気分も最高潮。でもこれでは“定番”の域から脱せない。そこで、さらにイマドキ感...
アウトドアシーンに欠かせないポータブルスピーカー。サイズもルックスも音質もいろいろあるなかで、この「UE Boom 2」を選んだのは、大きな音が出せるから...
「大麻より中毒性の強いものは、身近にたくさんあるんだ」。そう主張するのは、米メディア「WeedHorn」のCEO、Rick Bakasさん。Weedは草…...
50年以上前、アメリカ音楽界に衝撃を与えた「SUKIYAKI」。その数年後、日本の醤油メーカーが現地に乗り込みアレンジしてできたのが「TERIYAKI」。...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...