物語のヒロインと旅する24カ国

世界を旅しながら絶景を撮り続けるフォトグラファーTerrence。これまでに訪れた国は24カ国。どこへ行くにも恋人Victoriaと一緒。なぜなら彼の写真に必要不可欠なモデルだから。

ドレスを身にまとい美しい景色の中を歩く彼女は、この世でたったひとりのお姫様(のような存在)。童話よりもメルヘンなふたりだけの世界は、“リアルおとぎの国”を連想させます。

アイスランド編

87a3938682f80f849ff60b1d4ba0963aabf4fed7E3aaef48e3ed9cea2262456452b902113f837be227779bbcb8f4789741c68bad75db158cf7a7d7e0822ffa405f7e62992545fbcdafeac3482c2a1dc6De26900636d849ae7672fe7c46fcffc23548d85b

ペルー編

311edcef2636f480322b6dd51e3bc95b65a1a0b9Fc77cdcd8a6805177c40cd118c5c0c833e63cefdEeb8e6b6ac069aef1ca5075f5677997c9ba4b548

アメリカ編

Cc6643e6dd3eb0988bae2f4f2b26bc51f7a2bb94Abf48f372682e3593b62a483b8ec98878bdead5262e1e0e5fba082f0803545ee8443e3fff6e874ccE0220098f9f9ac555e67aee82555138579a8feb6043a5563d4c6c998feb872954559d081eec7b26f

アイルランド編

5eabc7eab03028429a6ea3451ecc355ce62ef47aC18fa6e6db754462de9a4c8febdfa15ab9545e16Cad7cec53f97e58bc621efcfa61a7d2dcd59b70e

Terrenceのお気に入りはアイスランドだそう。「美しい自然が広がる楽園のような世界」だと表現します。

にしても、愛する恋人との絶景の旅なんて、羨ましすぎるっ!

Licensed material used with permission by TJ Drysdale
行きたいところを自分のペースで周れる「ひとり旅」。大勢で行ったら知り合えなかったかもしれない「仲間」と出会えるのもひとつの醍醐味ですが、女性ひとりで行くと...
「ワイルドな頼もしさ」すら感じてしま女性を撮影するのは、フォトグラファーのKarevа Margaritaさん。彼女たちには、白馬に乗った王子の助けなんて...
この地球に、「大地のヘソ」と呼ばれるている場所がある旅に出る理由は、人それぞれだ。疲れを癒したい時。自分を見つめ直したい時。世界が見たい時。悲しい恋を忘れ...
大昔に比べれば、海外に行くこと自体はかんたんになりました。実際に現地に行けなくても、インターネットで各国の情報にアクセスできます。ただ、その時・その場所だ...
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
今まで訪れた中で、一番心に残っている国はどこですか?3年半に渡って世界中を旅してきたJacob Laukaitisさんにとって、それはニュージーランドでし...
ヴィクトリアとテレンスは、モデルと写真家のカップル。2人は、ヨーロッパ9ヶ国とアメリカ国内の5州を旅しながら、まるで「おとぎ話」のような写真を撮影してまわ...
「一度はこんなところに行ってみたい!」思わずそう唸ってしまうような、美しい写真の数々。リトアニアで生まれたカロリナ・ヴァレイカイテさんは、ボーイフレンドの...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふ...
ノマドワーカーと一口にいってもイメージは様々だ。中にはPCから離れられない!なんて悩みもありそうだが、彼の場合は飛び抜けている。米・メディア「Elite ...
アイスランドに行ったら、昼間はブルーラグーン、夜はオーロラ観測へ出かけましょう!……なんて優等生すぎる観光情報は、もうお腹いっぱい。そう感じている人は、決...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
最愛なる恋人との別れは、心がとても痛むもの。でも、いつまでも悲しみにふけるよりも、思い切って旅に出てしまえば、意外と早く立ち直れるかもしれません。女性ライ...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
ひとりレストラン、ひとり映画。自分では快適なつもりでも、「ひとりで海外旅行に行く」って友だちに言ったら、「なんでひとりなの?」と驚かれることも。でもやっぱ...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
GWも中盤に差し掛かりましたが、みなさんいかがお過ごしですか?そろそろ旅行の疲れが出てきた頃でしょうか。痺れを切らすほどの渋滞のなかでこの記事を読んでいる...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...