これまでの「パスワード流出対策」は、むしろハッカーの思うツボだった。

自分のTwitterで勝手に広告の投稿がされたり、ネットショッピングで頼んでもいないものが大量に送られてきたり。アカウントの乗っ取られ問題は、私の周りでもよく聞くこと。一番カンタンな対策は、「パスワードを複雑にする、定期的に変更する」が今や常識だし、ニュースでもそう報道されることが多い。

もともとこの対策を発表したのは、米国立標準技術研究所に勤めていた専門家Bill Burrさんで、それ以来世界中で使われるようになったのだとか。でも、考案から14年後の今年8月7日に、本人からまさかの告白が。

「この対策はむしろ危険でした」

9bf4a4e1bc9ca450107b8bb8523f15f14fb1774c

オーマイガー。なんてことだ。ついこの間、Amazonのパスワード変更しちゃいましたよBurrさん。ずっと面倒臭がって変えていなかったのに、やっと実行したら「THE WALL STREET JOURNAL」でのこの告白。

もう少し詳しく説明すると、Burrさんが推奨していたのは「大文字と小文字を併用する」「数字と記号を混ぜる」「90日ごとにパスワードを変更する」という方法。例えばこんな感じ。

possible→poSSiblE / possible→po$$iBle

だけど、2003年当時の現状を調査していたわけではなく、実は1980年に書かれた論文の内容をもとにしたもので、信頼性は高くないらしい。

パスワードの変更も、良くないどころかむしろやめたほうがイイとのこと。ハッカーに、変更のパターンを見抜かれてしまう危険が生まれてしまうからだとか。

72歳になったBurrさんは、「私がしてきたことの多くを、今は後悔しています」と、インタビューに答えていた。

本当に安全なのは…?

それなら、どうすればいい?過去の対策が間違ってたとしても、4桁の誕生日が安全だとは到底思えない。Burrさんは、「長くて覚えやすいものが適している」と言ってこんなパスワードを新たに提案したようだけど。

I want to go shopping→iwanttogoshopping

単純な言葉かつ正確な文法では、あまりセキュリティが強くない。できることなら二重で設定するか、めちゃくちゃな文法で、長い文章がイイのだろう。すると今度は、覚えておく自信がない。これはもう、自分の代わりにIDやパスワードを安全に記憶しておいてくれる、パスワードマネージャーのようなシステムに頼るべき?

ハッカーVSユーザー(研究者)の戦いは、今後も続いていきそうだ。

たった一つのパスワードから、人生がここまで変わるとは・・・彼のストーリーが、世界中で話題になった。※この記事は長文(5分ほど)ですが、あなたの人生を変える...
「人生一度、不倫をしましょう」との謳い文句で知られている世界最大の既婚者向け出会い系サイト「Ashley Madison」の3,300万人分の顧客データが...
パスワードの入力って地味だけど大変。スマホをポケットから出すたびに解除操作をしていると、一体1日に何回やってるんだろうと考える。さらに登録しているサイトの...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
2015年7月、突如メディアに投稿された1本の動画に世界中が目を疑いました。イスラム国(IS)による人質殺害の様子が収められた映像。それが、なんと映画スタ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
私たちが普段、何気なく使っているFacebook。写真、生い立ち、仕事や交際などの近況や、ふとしたつぶやき・・・私たちは実に様々なことをFacebook上...
モデル・タレントとして活動するマリエが、2017年6月、自身のブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカル マリエ デマレ)」を立ち上...
赤ちゃんにどんな名前をつけるかは、楽しみでもあり悩みどころでもありますよね。命名サービスをインターネットでも見かけますが、29,000ドル(約320万円)...
意中の人がいても、いつ告白していいか、そしてどんな告白の仕方をすれば良いか、悩んでいる方も多いでしょう。今回はそんな方たちに向けて、どのタイミングで、どん...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
年間約240万人が受験し、日本における英語力の「ものさし」ともなっているTOEICが、2016年5月29日のテストから、10年ぶりにリニューアルされます。...
皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまっ...
東京都杉並区でユニークな家を発見しました。びっくりするくらいにうすいんです!この住宅を設計した水石浩太建築設計室に連絡をすると、その理由が分かりました。な...
「私がやっているのは、愛の告白」——。 インタビュー前編では、セレブタレントとして一躍有名人となったマリエが、自分の夢を追い、自分自身に向き合ったそのライ...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
「相手に友だちだと思われていなかっただなんて、誰も聞きたくないでしょうね」。とは、研究論文の著者であり、MITでコンピューター・ソーシャル・サイエンスに携...
Wi-Fi、飛んでる?いつしか、そんな言葉が海外旅行へ行ったときの決まり文句になりました。とくに、現地に到着してすぐ、空港でインターネットを使いたい人も多...