フェスで見ず知らずの人と盛り上がれる服

もし、自分の感情を洋服が表現してくれたなら…。

それを実現させたのが、スマートコミュニケーションウェアの「-A-C-T-」だ。この服は、特殊な電子回路を搭載。抱き合ったり、肩を組んだり、ハイタッチを交わすことでキラキラと光るという特徴を持っている。

これなら、フェスで見ず知らずの人とも盛り上がれるはずだ。多くの人とつながって、光の波を生み出せば、最高の思い出にもなることだろう。

音楽×ファッション
×テクノロジーの融合

A1430b36a8a44f678159d99bae122a23c97ed96d

この-A-C-T-を手がけたのは、ファッションテックデザイナーのOlga。デジタルツールを使った新しい服づくりに積極的に挑戦している1人だ。

今回の彼女の取り組みは、音楽フェスやイベントでもっと楽しむためにはどうすればいいかを具現化したもの。会場にいる人と人が触れ合うアクションを視覚化することに成功した。-A-C-T-を着用するだけで、誰もが、音楽、ファッション、テクノロジーが融合した未来を実体験できるだろう。

「いいね!」が見える服

933e955697256865e2ad1fb680a6e4c0a7839792

「スマホの小さな画面に向かって、いいね!と押すのでなく、もっと身体で表現しようよ。もっと、この場をみんなで楽しもうよ」

Olgaの想いは、どこまでもシンプルだ。

確かに、僕たちはスマホによってとても自由になれた。しかし、1人でスマホに向かう時間が増える分、人間らしいコミュニケーションは減ってしまっている。

誰かと触れることでつながり、電流が流れ、服が光る。身体を使って「いいね!」が見えるというコンセプトは、大切な何かを思い出させてくれる気がするのだ。

ただいま
コラボレーション募集中

Aa7fad46ba350e0b6beccf008d0489b92744449a

今後は場所、アクションの回数、時間などを記録して、人々がどの程度コミュニケーションを行ったかをデータ化して蓄積するとのこと。また、各イベントの「高揚指数」を測定できように技術展開していくようだ。

Olga率いるチームは、音楽フェスやイベント、スポーツ観戦などを舞台として、さらに強い連携体制を望んでいる。演出家、制作会社、広告代理店などとのコラボレーションも募集中とのことなので、興味のある人は、こちらへ連絡をしてみてはどうだろうか。

あなたのアクションが、スイッチとなり、未来を光らせることができるのだから。

制作協力:富士通クラウドテクノロジーズ / 撮影協力:デジタルハリウッド大学院 / 音楽:henlywork

Licensed material used with permission by Etw.vonneguet
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々か...
音楽フェスの楽しみ方は人それぞれ。超ノリノリではしゃぐのも良いし、静かに音楽を楽しむのも良い。今回紹介する男性の場合は、こうだ。  頭を振りすぎて脳震盪を...
夏はもうすぐそこまで来ているし、野外フェスのシーズンはもう始まっている。ライターのChris Riotta氏は「ELITE DAILY」で、音楽フェスが人...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
来る8月17日からアメリカはオレゴン州にて「Oregon Eclipse 2017」が開催。これはオレゴンの大自然の中、音楽やアートに囲まれて1週間にわた...
とても不思議で、とても自由なフェスだった。フェスなのに、中心がない。ステージもなければ、売店もない。木で組まれた大きな不死鳥がシンボルのように浜辺に立って...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
子どもの成長は早く、スクスク育つことは周りの大人にとっても幸せなこと。ただ、買っても買っても服のサイズがすぐに変わることに悩む人も多いと思う。そこで、「P...
この「宙フェス」を簡単に説明すると、星空の楽しみ方を一堂に集めた野外イベントで、2014年から開催。アートやサイエンスはもちろん、宇宙にまつわる雑貨を揃え...
子どもの成長はとにかく早い。すぐに服のサイズが合わなくなっちゃうから、ほとんど使い捨て状態になってしまうことも…。だからと言ってそのたびに買い換えるのはお...
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...
7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。照りつける太陽に恵まれ、オーディエンスも、ワークショップも、ビーチも盛り上...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
ニューヨークに住んでいた時思ったのが、おしゃれな女性が多いということ。ベーシックなアイテムでも、なぜかかっこいい。どうしてかな?と観察していて「その人の身...
本日、2015年2月22日でTABI LABOは1周年を迎えました。昨夜は、前夜祭としてパーティーを開催!本当にたくさんの方に祝っていただきました!ありが...
場所はグアテマラ。世界一美しい湖と呼ばれ、その湖底にはマヤ文明の古代都市が沈んでいるとも言われるとんでもないロケーションにて開催されるのが、年末年始4日間...
男の子=電車やロケット、女の子=花柄やハート。色でいえばブルーにピンク。大人のもの以上に、子供服にはこれら定着したイメージが、今も色濃く反映されています。...
もしも、無人島でシネマフェスが開催されるとしたら…。極上の自然に飛び込んで、その夜は映画に酔いしれる。じつはそんな体験をカタチにした「MUJINTO ci...