「日はまた昇る」って、ポジティブな意味じゃないからね。

音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしている作品があるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。前回につづいてロック・バー『ジャニス』のマスターおすすめは、ヘミングウェイの小説『日はまた昇る』です。え、知らないって? では、梅村さんにその魅力を聞いてみよう。

フェイバリット紹介者:梅村 勉 さん

東京・阿佐ヶ谷にあるロックカフェ・バー『ジャニス』のマスター。

昔、軽井沢のレンタル自転車屋さんでジョン・レノンと遭遇した過去あり。

(声をかけたものの、ジョンは颯爽と自転車で走っていってしまったそうです)

#FAVORITE 02.
アーネスト・ヘミングウェイ
『日はまた昇る』(小説)

 

梅村:高校生のとき、英語の授業の一貫で映画を観たんです。それがヘミングウェイの『誰が為に鐘は鳴る』だったんだけど。これだけ短い期間の話を、圧倒的なスケールに広げて映画にしているのがすごいなと思ったし、おもしろかったんだよね。すぐにその原作の小説も読んで。それからヘミングウェイの小説にハマったんだよね。

 

——その流れで『日はまた昇る』を読んだわけですね。

梅村:そう。彼の作品のなかでも、一番好きな作品。高校生のころに読んだんだけど、勉強もせずに、自堕落な生活をしていた当時の自分に重ねて読んでいたんだよね(笑)。自分より全然大人のひとたちの話だったんだけど、主人公に共感できるところがあったのかな。彼も自堕落な生活を送っていて、好きになった女性ともうまくいかなくて。そういうところで終わっちゃうんだけど、なんかね。わかるような気がして。あんまりハッピーエンドじゃないんだけど、かといって絶望的でもないところも好きだったな。

 

 ——この作品に限らず、そういう作品が好きですか?

梅村:わりとそうだね。なんだろうね。なんかね、ひねくれてるところがあったのかな、昔からね(笑)。なんとなくね。だから、三島由紀夫の『午後の曳航』とかも好きだし。ずっと記憶に残るのはそういう作品が多いかな。

 

 ——作品のタイトルからは、ポジティブな気配を感じますが。

梅村:『日はまた昇る』ね。このタイトルって、物事が再生して良くなっていくようなイメージがあるでしょ? でも全然違う。自分の生活を変えなきゃいけないなと思いながらも、それができない。そして日々はつづいていく、と。そういう意味での “日はまた昇る” なんです。この終わり方も、なんか気に入っちゃったんだよね。やっぱり、ひねくれているところがあるからね(笑)。

 

今日のみじかいことば。

「ヘミングウェイの作品ってちょっとキザなところがあるんだけど、ハマるとハマるんだよね。藤竜也が作詞、エディ藩が作曲の『横浜ホンキー・トンク・ブルース』っていう歌の中にもでてくるんだよ、“ヘミングウェイなんかにかぶれちゃってさ”っていう歌詞が(笑)」

『陽はまた昇る』〈特別編〉 

DVD発売中(20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン)

©️2013 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved. 



※今回のフェイバリットは “小説” ですが、上記作品より画像をお借りしました。

次回につづきます。前回のファイバリットはこちら

音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしている作品があるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週はロック・バー「...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
20世紀を代表する作家、アーネスト・ヘミングウェイ。代表作は『武器よさらば』や『誰がために鐘は鳴る』、『老人と海』などで知られています。彼が残した言葉は、...
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
自分が生まれた日に、何の映画が全米で興行収入一位だったのかを簡単に調べられるサイト「Playback.fm」が話題になっています。自分が生まれた日の全米N...
近年は、星空の下から空港まで、一風変わった場所で開催される映画祭が注目を集めています。が、今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持...
正月気分も薄れ、いつも通りの日常に戻った今日この頃。楽しかった年末年始の出来事を懐かしみ、まだ気持ちを切り替えられていない人も多いかもしれませんね。さて、...
脳は、"最も有益な情報"を伝達するために働いている。日々新たな情報が入ってくるなかで、物忘れをするということは、質の高い情報を残すための脳の機能とも言える...
明日は「父の日」。でも、僕にはもう父親はいません。6年前に他界したからです。毎年どんな風に過ごそうかと悩んでいましたが、「Elite Daily」の女性ラ...
中秋の名月に「スーパームーン」が重なった、あの興奮する夜空が記憶に新しいところですが、この10月も天体ショーが目白押し。なんでも、明け方の空が大変なことに...
それが第3週の日曜日「National Ice Cream Day」、つまりは「アイスの日」。知ってた?単なるアイス好きの国民だから、なんて結論付けるのは...
七夕の短冊よりも、願いを叶えてくれるものの代名詞といえば流れ星。今年は、7月にもう一度お願いごとをするチャンスが残されているんですよ。7月28日にピークを...
映画『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』が6月18日より順次公開される。これは、2015年に日本で公開された伝記映画に次ぐ、ミッ...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
12/1(火)、2(水)の2 日間、東京国際フォーラムで開催される「アドテック東京」。デジタルマーケティングをテーマに100社以上が参加します。業界トップ...
「もしかすると『素敵な日』ではなく、『素敵な瞬間』を見つけることが重要なのかもしれない。ましてや、素敵な瞬間が一日中続いて欲しい、なんて贅沢な願いなのかも...
子どもの頃や学生時代はあれだけ盛大にお祝いしてもらっていた「お誕生日」。でも大人になるにつれて、お祝いしてもらえる機会って少なくなってきますよね。ここで紹...