わかってる。連休明けなんて、出勤しただけでエライ。

通勤中のみなさま、おはようございます。連休はリフレッシュできましたか?

「あ〜、仕事行きたくない」。

0d260a534324970c34c83143ef5a4ba389a0c934

連休は楽しいけれど、たまっているであろうメールの受信ボックス、どことなく顔を合わせたくない、休日出勤をしていた上司。スーツケースの中身を片付けているときに、明日のことを考えるとどんどん気が重くなって来る。

もしもそんな昨夜があったのであれば、今日はこれを実践してみて。

01.
ゆるめのスケジュールにする

もし連休が長かった場合は、最後の1日は復帰の「リハビリ日」にした方が格段に楽になる。ギリギリまで、オフモードでいたい気持ちは分かるんだけど、例えば月曜日が出勤なら、日曜日の夜に帰って来るのは遅すぎる。

とは言っても、すでに出勤日を迎えてしまったなら、せめて午前中はゆっくりできるように。可能なら、重い仕事は次の日に変更するのもアリ。

02.
今夜こそ「お楽しみ」をつくる

629ec2c6419e43db3e396ea384455ff244b25704

こういう日こそ、夜には楽しみにしていたNetflixをみたり、家族や友達とご飯に行く予定を立てて、今日の仕事を頑張る理由をつくるのが効果的。

好きなことが待っている、と思えば笑顔にだってなれるでしょ?

03.
疲れたらデータフォルダを見る

仕事のお供に、連休中に飲んだようなコーヒーや、ランチを再現してみると、ちょっと元気が湧いて来るかも。

それが難しい場合は、データフォルダにある楽しかった瞬間を見返してみたり、編集したり、アルバムにまとめてみて。「よし、みんな頑張ってるもんね」って、前向きになれるかも。

04.
遠慮なく、自分を甘やかす

E2badfd00c9f942a324d1a6022ba62399d904668

どうにも気分が上がらないなら、自分を甘やかすのがイチバンの治療法。今日なら、エステや、スパの予約をしたっていい。マッサージしてもらったり、ネイルしてもらったり、いつもは我慢しているところにお金をかけてみる。

食事もすごく大事。豪華なレストランに行く、高めの食材で料理をする。カロリーを気にせず、飽きるほどケーキを食べても許そう。

休み明けだから仕事をバリバリしないと、って気張るんじゃなくて、自分に優しくする日にしてもいいんだよ。

05.
次の休みの計画を立てる

これが、究極の治療法になる人もいるでしょう。さあ手帳を開いて。次の休みはいつ?どこに行く?

すぐに思いつかないなら、リサーチする時間だって楽しいから、試してみたかったアクティビティや、行きたかった場所のワクワクを、パソコンの画面いっぱいに広げてみよう。


無理にテンションをあげるなんて難しいから、そんなに気張らなくたっていいと思うんです。自分でお金を稼いで、自分の力で生活をしている。大人として当たり前だと言われるけれど、その「当たり前」は、いつも頑張っている証拠なのだから。

Licensed material used with permission by Elite Daily
アメリカの一部企業には、生後6ヶ月までなら赤ちゃんと一緒に出勤してもいいというルールがあるんですって。「MarketWatch」で紹介されているカラ・クリ...
休み明けってどうしても憂鬱になりがち。でもリフレッシュしながらやっていけば大丈夫でしょう。世界中の人がどのように息抜きをしているかがまとめられた記事がここ...
連休が終わりに近づいていて、憂鬱に感じている人も多いだろう。しかし、こうポジティブに考えてみてはどうだろうか?これまでの生活習慣をリセットすることができる...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
Presented by ZEPPELIN × TABI LABO※イベントは終了致しました。いつまで「会社の言いなり」で働くの?10年前に当たり前だった...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...
自分の仕事を振り返ってみて「最近なんだか、生産性が落ちている」。そんな気がしたら、日曜の夜の時間の使い方を見直してみる必要があるかもしれません。ウィークデ...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
会社にイケメンは必要なのか否か。「そんなのいたほうがいいに決まってるでしょ!」という声も聞こえてきそうなものだが、改めてそんな疑問を詳しく調査した統計結果...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
国内外に5つの法人を抱える岩佐大輝氏。同時にそれだけの会社を回すことは不可能ではないかと考えてしまうが、複数の会社を運営することは、逆にプラスの効果を生み...
あなたは、今の会社で、はたらき始めたときのことを覚えていますか?不安と希望を胸に、あたらしい仕事に向き合ったときのこと。たとえば、誰よりも早く出社したり、...
あす9日とあさって10日の夜明け前は、金星と土星が大接近します。太平洋側の地域ほど観察のチャンスあり。連休中の朝は寒さに負けず早起きをして、寄り添って輝く...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...