3年間、毎日同じ服装で出勤。「それがなにか?」

日常のなかで選択することを最小限に抑えたい。それがクリエイティビティを保つ秘訣と語ったスティーブ・ジョブズは、毎日同じ服を着て生活したことで知られています。

ここに紹介する女性、Matilda Kahlも同じ思想。ジョブズのように、仕事に集中するためのスタイルを貫いたのですが、これが結構おしゃれ。今や、インスタではファッショニスタ的扱いを受けるほどに。 

Une publication partagée par Matilda Kahl (@lilltrill) le

Photo by Matilda Kahl

白いシャツに細い黒革のリボンタイ、そして黒パンツ。

3年間、彼女が貫いたスタイルです。上司が他の洋服を買えるように昇給を申し出ても、決して変えようとはしないほど、彼女の意志は強いものだったとか。

では、なぜ?その理由はいたってシンプルなものでした。

朝、仕事に着ていく服を選ぶのが煩わしくて、その時間とエネルギーがもったいなかっただけ。生活をもっとシンプルにして人目を気にせず仕事に集中したかったんです。

広告代理店で働く日々は、かなりの時間とエネルギーを割かれるようですが、より仕事をクリエイティブなものにしたいと考えた結果、毎日この服装をすることにたどり着いたそう。

仕事を快適にする環境を整えるためなら、周りにどう思われようが気にしないという点に、プロ意識を感じませんか。

ファッショナブルな作業着

Une publication partagée par Matilda Kahl (@lilltrill) le

Photo by Matilda Kahl

いくら毎日同じ服装といっても、ブルーワーカーと同じ作業着では意味がない。つねにクリエイティブの第一線でいられるよう「職場にふさわしい装いを」と、考えてこのスタイルを貫くMatilda 。

多忙ゆえ、毎日洗濯はさすがにキツい。そこで同じ白シルクのシャツ15枚、黒パンツも5本買い揃えたそうです。ファストファッションに走らなかったのも彼女のこだわり。毎日を快適に過ごすためのモチベーションなんですって。

逆に増したファッションへの情熱

Photo by Matilda Kahl

ところで、平日に同じスタイルを続けることで、逆にファッションへの情熱が高まったとMatildaは言います。たまに仕事が早く終わった日や、週末には違う服を着て楽しんでいるんですって。以前よりもっとファッションを楽しみながら。

こういうのって勇気がいるし、周りの人の目もありますよね。それでも、余計なことに気を使わず、仕事に集中したいって人は、試してみるのもいいのかも。

Licensed material used with permission by Matilda Kahl
今朝、洋服を選ぶのに何分かかりましたか?5分、10分、もしくはそれ以上…?その時間や労力を捨て去ることができれば、人生が大きく変わるかもしれません。世の多...
中国の海南航空は、制服を一新することを発表した。注目すべきは、そのスタイル。まるでファッション誌に登場するくらいにスタイリッシュなのだ。デザインを担当した...
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
店内をぐるっと一周しては、気になった洋服をいくつかピック。試着室とフロアを行ったり来たりしながら、どうしようかとお悩みモード。そんな買い物の形はこれから少...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア現役慶應大学院生モデルであり、エシカル・ファッションの情報発信、途上国支援...
2014年夏、全米で話題となった99歳のおばあちゃんLillian Weberさん。当時、彼女にはある目標があった。「100歳の誕生日までに1,000着の...
『DOIY』が売り出したこのアイテムは、Instagramビジネスを始めたい、ビギナーの人にはとくに使えるアイテムのように思う。このBOXはインスタで、「...
毎日めくるのが楽しい「日めくりカレンダー」。でも、よく考えてみると似たような内容が続いているものが多いですよね。毎日が特別で違う日なはずなのに、そんなのお...
車イス生活を送る男性のためのファッションブランド「Rock The Wheel」。彼らの目的は、オシャレができて、機能性も兼ね備えた洋服を届けることです。
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
黒のタートルネックにデニム、足元ニューバランスはジョブズお決まりのスタイルだった。同様に、無地グレーのTシャツ姿は、ザッカーバーグの専売特許。見た目で自己...
近年、密かにブームとなっている“ワンちゃん用着ぐるみ”を知っていますか? 百聞は一見にしかず、ぜひとも下の動画を再生してみてください。ただ着ぐるみを着て走...
このおしゃれなトラック、なんだと思いますか?実は、下着屋さんなんです。オンライン下着ブランド「True & Co」が行っている「Try-On Tr...
世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言...
噂の「スイカドレス」現象。インスタで「#watermelondress」と検索すると、現在6,000件以上のスイカを洋服に見立ててポーズをとる人たちを見る...
ビジネスを始めたい!など、何か目標があるからといって、大学を中退するのは大きな賭けとも言えます。4年間も大学に通うなんて無駄だな…と感じながらも、そうしな...
 "プロセスリッチ"過程を楽しむ、ひと手間かける、しあわせ。CANVAS(キャンバス)都会がすき。だけど自然もすき。体を動かすのがすき。だけど食べるのもす...