ホンモノの北欧家具の魅力を伝える「隠れ家」。

日本から直行便に乗ると、およそ10時間ほどで着く北欧。「あっ、それくらいで行けちゃうんだ」と思う一方で、せっかくなら長期休暇を取れる時に行きたいと思ってしまう。となると、実際にはなかなか行けないのが現実なわけで。

でも実は、関東周辺に住んでいる人であれば電車に乗って行くだけで、北欧を感じられる場所がある。

現地調達した家具が
倉庫を埋め尽くす

B95a9c57f9de7089f9690f6df0ae2975979c56db

小田急小田原線の伊勢原駅よりバスで約10分。住宅街に200坪もの面積をもつ倉庫が建っている。

ここは「北欧家具talo」。2007年にオープンし、フィンランドやデンマークの家具や雑貨などを中心に販売している。

0e559b9b0f8fe7420db93aa6c4426825e4cad5600d8341d1cb23525f4fb28bee610ae93779133938

驚きなのは、倉庫内の隅から隅まで並べられている家具。ほとんどは、オーナーの山口太郎さんが、現地のアンティーク市場をめぐって直接買い付けているもの。北欧家具の魅力に気づいたのは、以前フィンランドへ旅行に出かけた時のことらしい。

「シンプル」は
複雑の先に存在する

055d4b660eb86508cd3bfdfa0db157f29f5fb8d2

倉庫内に併設された部屋には、食器もズラリ。

北欧家具といえば、「シンプルで洗練されている」というイメージを抱いていた。が、年に10回も買い付けをしている山口さんが語る魅力はもっと深い。

「北欧といっても、フィンランド、デンマーク、スウェーデンなど様々です。言語や生活習慣などの違いから生み出される家具はまったく違うので、各国の面白さや魅力を感じることができます」

2af9fc327e98ecdda61b94668dae5a627666dc18

北欧各国の生活様式の違いが、家具の意匠に表れているという事実は、ほとんど知識がない私からすると目からウロコだった。そして、さらに深い言葉が。

「シンプルさは、複雑を超えたからこそ生み出され、手間と時間がかかる作業の結晶なのです」

買い付けを始めた頃、フィンランド人に教えてもらった概念とのことだ。このフレーズが、それまで抱いていた北欧家具への価値観や物の見方に大きな影響を与えた、と山口さんは強調する。

93e9d5a75a4a94bcb48d3fc17c3a5def3df327e2

北欧家具の深さを体感してきたオーナーが、目で見て触れて、現地でセレクトした家具が詰まっている倉庫。北欧に興味がある人もこれからもっと知りたいという人も、ホンモノの魅力を確かめに、週末足を運んでみてはどう?

【店舗情報】
北欧家具talo
・住所:神奈川県伊勢原市小稲葉2136-1
・営業時間:10~19時
・定休日:火

Licensed material used with permission by 北欧家具talo
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
いい家具があると空間が華やぎます。いいデザインで環境に配慮していたら最高。「We Do Wood」はそんなプロダクトを提供しています。同社が採用する素材は...
北欧の降ってくるような星空を見事に切りとったのは、フィンランドを拠点とするフォトグラファーMikko Lagerstedt。水面に反射した光によって、なん...
地表や岩の上ではいつくばるように成長する苔。深緑色の絨毯が広がる様は、古くから日本人の美意識の中にある苔のイメージですよね。ところが、北欧フィンランドの苔...
イタリアの家具ブランド「arflex(アルフレックス)」によるこのソファ。日本の伝統的な様式美「盆栽」と「床の間」にインスパイアされたものだとか。
気づけば2月も終盤。さあ、春がやってきます。そんなタイミングで暖房機の紹介をするのは、時期外れだと思う人もいるかもしれません。でも、そこにはちゃんと理由が...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだ...
ポルトガル・アブランテスで行われたインスタレーション「DomestiCITY」は、公共の場に家族団らんの場と同じような空間をつくったもの。プロジェクトオー...
香港のデザインスタジオLim + Luがデザインした「荷台」は、ただ車輪がついていて、取っ手を持ち上げて運ぶだけものではありません。これ、棚にもソファにも...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
キャッシュより電子マネーのほうが早いし便利!スーパーでの買い物で毎日使ってるよという人も多いかもしれませんが、北欧ではその利便性をもう一歩先に進めようとし...
美しくも短い北欧の夏。陽光の下に身をおいてこの季節を楽しむためのアクティビティが目白押しのコペンハーゲンで、新たにこんなサービスが始まりました。これ、日本...
デザインとは絶え間ない更新、再整列、成長を意味する──。これは、モダンコンテンポラリーチェアの名作のひとつとして、1963年に製作された「ボールチェア」の...
学校ではみんな国語・算数・理科・社会など、各科目ごとに授業を受けたものですよね。でも、教育水準の高さで知られている北欧では、そんな科目ごとの授業には重きを...
NYの女性デザイナー2名が始めた「Nightwood Ny」は、街を徘徊して家具や木材、織物などの廃品を拾い集め、修理したりつくり直して販売しています。口...
「人気再燃」なんてニュースを目にすることが増え、パナソニックが発売した35万円のプレーヤーが30分で完売するなど、ブームが加速している感のあるレコード。で...