上司との関係性が向上する「心の声」との付き合いかた

とかく人間関係とは、ストレスを抱える要因になるものです。学校でも、会社でも。

風通しさえよくなれば、ストレスを抱えることなく他人と付き合えるようになると説くのは、エグゼクティブ・コーチ(相手の能力を最大限発揮させるため会話を通じて引き出すこと)を務める和気香子さん。ポイントは、自分の生き方を縛る「クセ」を見つけ出すことだとか。

近著『人間関係の整理術』(クロスメディア・パブリッシング)で、「上司と働きたくなくて毎日が憂鬱」と悩んでいるK子さんにスポットを当てている章を紹介します。著者とK子さんの対話を通して、どのようにこの状態をプラスにしていくのか……思考術がまとめられています。

目標を失いかけている
K子さんの状況

86c014c2f175140531abcc3e6461886e6617f83a

努力家のK子さんは、学生時代、柔道部で県大会の上位に食い込むほど部活動に猛烈に打ち込んだ人物。就職後も持ち前の努力で憧れの上司の元へ配属となりました。けれど、いざ一緒に働いてみると、休みなく働かないとついていけないし、仕事のクオリティーに対するハードルがどんどん上がるしでウンザリ。今では毎日会社に行くのが憂鬱です。

K子さんとの対話

頑張り屋の性格は長所ですが、能力が発揮できる状況でないと自分を追い詰めるばかり。以下は、私(著者)とK子さんの会話です。

著者:今までの人生を振り返って、今回のように心身共にキツくて憂鬱だったってことありますか?

K子さん:運動部だったのでキツいことは多かったけど、こんなに長く続くことはなかったです。でも、私ならできるって証明したいし、上司にも認められたいです。

今までK子さんはプライドを原動力に頑張ってこられたようです。でも今回は、それだけでは足りないので、壁にぶち当たっているのかもしれません。

著者:部活の頃とは何が違うと思う?

K子さん:部活もかなりハードでしたが、キツくても楽しかったです。今は朝起きるのも、仕事からの帰りも辛くて。でも、仕事なら当然だし、上司に失望されたくないし……。

どうやら、原動力だったはずのプライドから「上司に失望されるかも」という不安が出てきて、ムリすることを止められず、こんがらがった頭はフリーズ状態になっているようですね。

著者:このままずっと続けているとどうなると思う?

K子さん:ムリですね。体が持たないか、先に心が折れそう。そうでなくても、大きなミスを出して周囲に迷惑をかけそう。

著者:ではどうしたら良いかな?

K子さん:要領がいい先輩や同僚に相談してみます。それで解決できなかったら、上司に直接相談してみようと思います。

どうやら解決策は見えているようです。これからどう動くべきか見えているのならば、後は実行に移すべきです。

プライドを“断捨離”して整理する

Acacc63543f598b9961cc11fe6f9981481aca718

「頑張らなきゃ」でフリーズしてしまったときは、いったんそれを横に置き、心の声を聞いてあげましょう。次の問いを自分に投げかけてみてください。

【このままずっと続けたらどうなる?】

「ムリ」という心の声を認めると「私なら今回も頑張れるはず」と自分を鞭打っていたプライドが薄まります。すると、頭が心に協力して「あの上司のようなやり方ではなく、どうやったら自分がうまくいくのか」について考えることができます。

心の声に耳を傾け「自分に鞭打つプライド」というジャマなものを捨ててしまえば、視野が広がるに違いありません。K子さんのように周囲に悩みを打ち明けることも打開策になります。そうやって「上司と私」以外の人たちに頼ると解決することも多くあります。

ムリを認めても、あなたの能力は変わりません。自分らしく頑張れるやり方で仕事を成し遂げれば、ちゃんと評価されますよ!

コーチング(相手の能力を最大限発揮させるために会話を通じて引き出すこと)で、多くのビジネスパーソンを救ってきた和気香子さんの著書『人間関係の整理術』では、...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
職場でもプライベートでも、人間関係は難しいもの。最近はSNSの登場でさらにその関係は特殊になってきました。そんな中、人と人との関わりあいを円滑にするのが「...
「マインドフルネス」という言葉を耳にしたことあるでしょうか。その定義を簡単にまとめると「今この瞬間に、価値判断をすることなく、注意を向けること」。心の病に...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp明治安田生命が2月22日に発表した「理想の上司」アン...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
三浦将さんの著書『相手を変える習慣力』では、「部下の考えていることが分からない」「結婚していた当初のように夫婦関係を良好にしたい」と、人間関係がうまくいか...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
「上司がこういう言い方をしてくれたら」「部下がこんなふうに行動してくれたら」。働いていると、目の前の人に変わってほしいと思う場面に何度か出くわすことがある...
エグゼクティブ・コーチ(相手の能力を最大限発揮させるために会話を通じて引き出すこと)として活躍中の和気香子さんの著書『人間関係の整理術』(クロスメディアパ...
「上司は選べない」「職場環境は上司しだい」なんて言われることもありますが、自分がいざ「上司」と呼ばれる立場になってみると、自分が本当に理想と言える存在なの...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
なんとかして、上司の期待を超える結果を達成したいと願っているビジネスパーソンの皆さんに向けて、その具体的な方法を7つに厳選してご紹介していきます。正しい方...
コミュニケーションにおける、勘違いポイントのひとつがボディタッチ。さり気なくサラッと決められてしまうと、嫌とも思わないのに、ぎこちなさが体温を通して伝わっ...
統計によると理想の上司がいる人は3割程度だそうです。これを多いと思うか少ないと思うかは、理想の上司が周りにいるかいないかによって変わってくると思います。人...
いつも誰にでもニコニコしていて「愛想の良い人」は、一見すごく人付き合いがうまそうに見えます。でも、その笑顔のウラには「人に嫌われたくない」という恐怖や不安...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
人間の感情や、心理学に関する本を14冊も書いている作家のRobert Augustus Masters氏。彼が書いたセックス以外に恋人との関係を近づける7...