絶対に踏み込んではいけない、「よその家」の夜の秘密

覗く気なんて全くなかったのに、道を歩いているとふと目に入った他人の家の中。見えたのは、部屋でキャッキャッと楽しそうに遊ぶ2人の男の子と、静かに洗濯物をたたむ母親らしき女性の姿だった。その時は、全く知らない人たちの平穏な暮らしぶりに、不思議と和んでしまったことを覚えている。

JACK ADAMの「Doll House」シリーズは、人々のプライベートを覗きみるような写真ばかり。窓の向こう側にあるのは、他者が決して踏み込んではいけない領域だからこそ、妙に惹きつけられてしまう。

想像ふくらむ窓の向こう側

B9042503ce53e02c545fe49ffecfc2fbde802099Db3642cb1e1e412ee00c83a4d51896a1c33f603a18d54430612141e11acc2415504fb1bd25903afcDc7f00cfeeae320fb7afc6c220908887eee1457bC72defe336a1d01b2ad53edc7a8ba122feac28c12e897fa523f1d41242c96e0ce2dff2716ea8418d8aa09efb50f9fc3a16ab1440332d6c657db20c2aC60f81351f89aab2001edbe70c49bf6f6a16593cC4b2e5de05166c2bf977fcf14d096c9857560595A21f5bbb7582d6bab278196a883293658008483b6594a511c3fa87e4a1276dce9784c640ed91cd9dDbd8d5a32934b44e73b10fb0166afd3adeacffa77eb6035368e5e9272def6d2adf8607ed1fe65723280db474ff50adf8860b14dcff8f108f674a74c6

もちろん盗撮ではなく、すべて演出。もしもこれがノンフィクションだったら、本人たちも他人である私たちも大切にしなければならない“秘密の姿”。

この作品を見ていると、好奇心と罪悪感が入り混じる複雑な気持ちになるけれど、自分たちの「大切なプライベート」はカーテンを閉めてそっと隠しておこう。

Licensed material used with permission by JACK ADAM, (Instagram)
屋根のある場所まで急いで走ろうと歯を食いしばるかわりに、肩の力を抜いて辺りを見渡す。すると、こんな景色が見えてくるかも。写真は、ポーランドのフォトグラファ...
「早起きは三文の徳」など、早寝早起きをする人は働き者でデキる人で、夜更かしをする人は不摂生で仕事もデキない人、というイメージはいまだに根強いものがあります...
何とも不思議な話に聞こえるかもしれない。全ての建造物には「肖像権」がある。しかし、ほとんどの場合、50年以上経過したお城などの古い建物の権利というのは消滅...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
北欧の降ってくるような星空を見事に切りとったのは、フィンランドを拠点とするフォトグラファーMikko Lagerstedt。水面に反射した光によって、なん...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
チェコ生まれで、現在はノルウェーで暮らしているエヴァさん。今年で69歳になった彼女に、パートナーはいません。ここ数年間相手を探し続けているのですが、なかな...
被写体、衣装、背景、小道具のすべてがシンクロ。風変りでありながら、どこかモダンさを感じさせる家族写真である。ポーランド出身のNatalia Wiernik...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
さっきまで一緒にふざけて笑っていたのに、じゃあねってひとりになった瞬間、気づいてしまった—。夏の終わり、好きなひとができた夜。そんなあなたに聴いてほしい5...
「I Heart Intelligence」で、ライターのChase Holik氏が、夜ふかしする人は早起きする人よりも賢いという内容の記事を書いています...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園…。思わず見上げてしまう観光名所ひしめくバルセロナで、あえて目線を足元に落としてみたら、そこにしかない特別なア...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
アメリカ・マサチューセッツ州北部に位置する、ナンタケット島で、"凍った波"が撮影された。Looks like rolling slurpees! Froz...
これまでも様々な奇抜な企画を繰り返してきた「CUT」が新たに送るのは「100人の秘密」。共感できるようなものから、絶対にマネできない過激なものまで。あなた...