カミソリでセーターをやぶった私が洋服ブラシを買いました in 浅草

これ、私物です。
写真を撮った時点ではまだ使ってなかったので、新品。ちなみにこれは、洋服ブラシと毛玉取りブラシだ。

実は、洋服ブラシも毛玉取りブラシも、今回初めて買った。そのきっかけは、今年の初めに経験した、ある出来事だった。

ある金曜日の夜のこと...

翌日の友達とのランチに着ていこうと、ニットセーターを床に広げたところで、毛玉が気になった。それで、まずは台所に行った。

よく知られている毛玉取りの裏ワザは、おそらく2パターンあると思う。

ひとつめ、食器用スポンジの硬い面でやさしくなでる。
けれど、台所に行った私は「しまった」と思った。さっき食器を洗ったばかりで濡れていたのだ。毛玉取りのために新しいスポンジをおろすのは……と思った私は、次に洗面台へ行った。

これが、ふたつめ。カミソリで軽くこする。
本当はT字がいいのだけど、目につくところにI字のものしかなかったものだから、それを手にとって部屋に戻った。

毛玉取りという作業は実に単調だ。手を動かすだけ。
最初は慎重にやっていたものの、だんだん面倒くさくなり、飽きてきて、集中力が途切れた——まさにその瞬間。

セーターを、カミソリで見事に引っかいてしまったのだ。

で、問題は何だったのかというと、なんだかすごく絶望してしまったのである。「私、何やってんだろ...」と、しばらくぼーっとしたまま動かなかった。

それは別に、特別思い入れのあるセーターでもなかった。高いものでもなかったし、代わりに着ていく服なんていくらでもあった。だけどそこには、単にセーターを傷めてしまった、という事実以上の何かがあったのだ。

そこから季節はすぐに暖かくなり、私はその虚しい記憶を心のどこかで寝かせたまま、時を過ごした。

そして、季節は秋になり、もうすぐ冬になる。
この前知人と渋谷を歩いていると、「冬の匂いがするね」と言われた。なんとなく、ああ、と思った。そしてちょうどその日、D&DEPARTMENT PROJECT TOKYOのFacebookで、偶然これを見つけたのだ。

ブラシ一筋 103年

81b43e209c7d11d3c0bf2f0797fb22dadcf36f58

この商品を作っているのは、1914年創業の浅草アートブラシ社。時代、そして人々のライフスタイルに合わせた商品の開発・改良を心がけ、ものづくりのまち・浅草で、ブラシ一筋でやってきた。

毛玉取りブラシが開発されたのは、今から約15年前。もとはクリーニング店に卸すためのものだったが、一般の方が家庭でも使いやすいようにと改良された。使用されている毛は猪毛で、毛先をT字に加工することにより、小さな毛玉をしっかりキャッチしながらも衣類を傷めることなく使うことができる。ちなみにこの特殊加工は企業秘密で、特許をとっているのだそう。これまでに累計45万本を売り上げたという人気商品だ。

洋服ブラシは、浅草アートブラシのベーシックかつスタンダードな商品。一般的な洋服ブラシと違い、毛先が密集するように植毛されていることから、ブラシが衣類に当たる面積が広くなり、衣類についたホコリなどを払いやすい作りになっている。

一生 使っていける

「ブラシってどれくらいもつものなんですか?」。購入時、販売担当の菊地さんに尋ねると「もちろん使用頻度にもよりますけれど、大切に使ったら、きっと一生使っていただけると思います」と返してくれた。私はその返事に、なぜかとても幸せな気持ちになった。

そして、撮影が終わって、ブラシを持って帰って、実際に家で使ってみた。
カミソリやスポンジより使い心地がいいのなんてもちろん当たり前。だけど、そこには、もうセーターを傷めなくていいという事実以上の何かがあった。

これからずっと、大切に使っていきたいと思います。

Photo by Nao Shimizu
壮絶な人生を送ったにも関わらず、そのほとんどは歴史に名を残すこともなく、永遠の眠りについた女性たち。彼女たちの尊い命は、一瞬の輝きを放ったもののすぐに消え...
最近、黒い服を着るようになりました。かつて花屋さんに勤めていたころは、花に色があるから白い服を着なさいと、先輩方から言われていたんですけれど、年齢を重ねて...
多くの人が経験していることだとは思いますが、髪の状態はブラッシングによって大きく左右されます。でも、自分のブラッシング方法が正しいかどうかなんて、なかなか...
2015年12月、浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中でふと感じ...
それが世に必要とされる商品かは分からない。けれど、そのアイデアや熱意に投資したいと思わせる。これもクラウドファンディングのいいところ。ギリギリではあるもの...
日本の伝統技術は進化している。金魚の姿をリアルに再現したガラス細工のような作品だが、実は食べることができる「飴細工」だ。伝統飴細工店「浅草飴細工アメシン」...
自宅でできるレザーシューズのお手入れ方法とは?せっかく高価な靴を手に入れても、ケアを怠れば靴の寿命を縮めてしまうことに。 紳士淑女たるもの、日々の正しいお...
ド派手なタトゥーを全身にびっしりと入れた子どもたちが、ニュージーランドを中心に急増しているそう。一体なんで…。もう気づいた人も多いかもしれない。これは、エ...
シンプルで潔ぎよい。東京・浅草にある老舗パン屋「ペリカン」には、たった2種類のパンだけ。食パンとロールパン。それは、ずっと変わらない。それでも、焼きあがっ...
大自然のなかで食べるごはんのおいしさといったらない。そのために山を登る人だっている。道具や素材が限られているのに、食べ慣れたものでさえいつもより感動してし...
車イス生活を送る男性のためのファッションブランド「Rock The Wheel」。彼らの目的は、オシャレができて、機能性も兼ね備えた洋服を届けることです。
男性の朝の日課。それはシェイビングクリームをつけて、髭を剃ること。剃り残しをなくすため、何度も剃ることでカミソリ負けした人も多いはず…。そんな悩みとは無縁...
オーストラリア南西部の老人施設に暮らす、Alfred "Alfie" Dateさん109歳。オーストラリア最高齢としても有名なおじいちゃんですが、もうひと...
2017年になってから、早くも1ヶ月が過ぎようとしています。年始に誓った目標に対して、まだ努力できていますか?すでに心が折れてしまった人は、もう一度奮起す...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
ポートランドの街を歩けばしょっちゅう目にするのが、豊かなヒゲを蓄えた男たち。あのヒゲ、手入れはしているのか?それとも伸ばしっ放しなのか? 今回は、全米で2...
なんとなく捨てられない、着なくなった古いセーター。その素敵な再利用を実践しているのが、野良犬を保護する米保健所「Washington County Ani...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
代々木公園での「Aozora靴磨き教室」や自由大学での講義「20年履ける靴に育てる」など、靴磨きに馴染みのない人たちに、そのハウツーを広めている明石優さん...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...