人気すぎて品切れ!? 「ノートみたいに使えるホワイトボード」。

GUEST SELECTOR
ハイロック/メディアクリエイター
アパレルブランド「A BATHING APE®」のグラフィックデザインを経て2011年独立。表現の場を選ばないメディアクリエイターとしての活動中。身近な友人たちに「ねえねえ、これ知ってる?」と話しているようなことを少しきれいに整えて発信する情報メディア「HIVISION」が人気!

以前も紹介させてもらった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。

あまりの人気にしばらく欠品が続いていたけれど、アップデートしてリローンチ。しかも、新しく防水機能もプラスされ、さらにA4とA5と2種類のサイズも用意されたので、再度レコメンドしたい。

この〈BUTTERFLYBOARD2(バタフライボード2)〉は、“書く”という行為からクリエイティブな作業をスタートする自分にとって最適なツールだ。

じつはこういったモバイル用のホワイトボードは、他のメーカーからもいくつか発売されている。なかでも、自分が〈BUTTERFLYBOARD〉を選ぶのは、「マグネティックスナップバインディング」という仕組みによるところが大きい。

1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけることができる。もちろん、必要に応じて切り離しても使える。マグネット式なので、会議室のホワイトボードに貼ることだって可能だ。つまり、ただホワイトボードが小さくなった、という以上の機能が備わっている。

また、付属のペンも便利だ。一般のホワイトボード用のペンはA4サイズの〈BUTTERFLYBOARD〉には太すぎる。ゆえに、0.5mmと1mmという細さの専用ペンが付いているのだ。これが文字や図版を書くのにとても使いやすい。

現在、『HATCH』の自分のチャンネルにて世界最速の先行発売中

売り切れる前に、ぜひ!

71dfacd4c478e65af80d22059c85594e296b60ceAe1e271e07c744f302277b5132f7dfb8fb53a517D48af755c178d257d3af4baab32d64a5d9a23292

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

A4サイズのホワイトボードが4枚セットになった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけ...
いつかもっと気軽に、そして手軽に、いわゆる「電動キックボード」で公道を走れる日がくることを期待するほかないのですが、この手のスマートビークルの進化って、ホ...
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
見た感じスタンドアップパドル(SUP)とも違う、この乗り物…。歩くように“漕いで”進むという、まったく新しいコンセプトのサーフボードなんです。右、左、右、...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
ジェットスキーヤーのフランク・サパタ氏が考案し、GoogleのCMでも話題となった、水噴射圧を利用して水上を飛んだりはねたり。あのフライボードの進化版とも...
「波に乗らなきゃサーフィンじゃない!」なんてお叱りを受けたとしても、水面をすべる疾走感を味わってみたいのですよ。一度くらいは。だけど、どこか聞こえる心の声...
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
スロベニアからまったく新しい概念のSUP(スタンドアップサドル)ボードが誕生。なんでも、スクリューモーターを搭載した電動アシスト機能付きだとか。さらには、...
個性的な先生の話って、学校の思い出を語る時に欠かせません。いざ振り返ると、みんな一生懸命頭をひねって、学校生活が楽しくなるように工夫してくれていたんだな、...
サーフィンの動きを取り入れたフィットネスがいまアメリカで流行中。しかも、ちゃんとボードの上で行うそうです。カリフォルニアやハワイといったサーフィンのメッカ...
パドリングしながら、波を待つ男女ーー。実はこの2人、“超人的な身体能力”の持ち主なんです。サーフボード上で、次々に繰り出される「スゴ技」に、ただただ見とれ...
スケートボードに四角いウィール?何だそれ。ウィールは、丸いものでしょう。四角かったら、ガタガタして乗りにくいだろ。プッシュしたって、すぐに止まっちゃうよ。...
カーペンターとサーファー。2つの顔を持つPeterのビルドアップスタイルは、オールハンドメイド。その出来栄えは、自宅のガレージでつくるレベルをはるかに超え...
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
スケーターなら一度は夢見るという「ウォータースライダー」でのセッション。曲がりくねったウォータースライドを、まるでハーフパイプのように使いながら滑っていく...
やっぱり文具は定番品がいい。長年愛されて存在し続ける理由がそこにはあるのだ。僕が使っているメモのセットは、メモパッドの定番中の定番、〈ロディア〉の「NO....
アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...