今を生きる、白いうつわ。

こういう仕事をしていることもあり、毎日いろんな情報にふれる。気になる情報はたくさんあるものの、そのなかで記事化するものはごくわずかだ。そしてそのボーダーラインは私のなかでは明確で、それは、そこに物語があるか、ということである。

以前、D&DEPARTMENT監修の佐賀ツアー「シェアトラベル」に参加した、という記事をアップしたのだが、そのときとりわけ気になったお店があった。それで、いつか記事を書きたいなあ、と思っていた。

そのお店は、今村製陶 町屋。有田焼の新ブランド「JICON」の直売店だ。私はここで、すてきなうつわと、すてきな物語に出会った。

有田焼といえば
青白っぽい感じだけど...

「JICON」のうつわは、クリーム色っぽいあたたかな白色だ。

E552bb9a5f27303347f4b45a73fc50bb8fd2966673d47fdf299ff5a1c3e2f21d8d8b2cb1c87b0ec6

「有田焼というと、こういう色はあまりよくないとされるんですけどね(笑)」

そう語ってくれたのは、代表の今村肇さん。
今村さんは創業350年の窯元「陶悦窯」の次男だ。多治見市陶磁器意匠研究所で陶磁器を学んだあと、多治見にある美濃焼の問屋で3年間勤めた。その後、実家の窯元で修行を積みながら、2012年には手工業デザイナーである大治将典さんと初めてオリジナルの有田焼を作った。2014年に独立し、現在は奥さんの麻希さんとともに直営店を経営している。

「正直でうそのない暮らしを実感したいという思いから、“素材感のある暮らし”のためのうつわにしたいと思いました。そして、ありのままの陶石の白・釉薬の白を大切にして、生成りの白を作り上げたんです」

私は、1枚のうつわをいろんな用途に使う。和食にはこれ、中華にはこれと決めている人がいるならそれはそれで感心するけれど、現代の暮らしを営む私たちに必要なのは、孤高の1枚というよりは、日常によりそってくれる1枚なのでは、と思っている。

そして、それは白ければなんでもいいというような話ではなく、そのなかでちゃんとお気に入りの1枚であってほしいのだ。とりだすとき、料理を盛りつけるとき、食べるとき、毎回「ああ、大好き!」と思いたいのである。

「JICON」のうつわは、西洋・東洋・和、どんな料理にもしっかりよりそってくれる。そして、陶石や釉薬の素材感がのこったナチュラルな質感には、「私のうつわ!」と思わせる愛おしい表情がある。

「釉薬は、天然の灰をベースに使っています。合成の灰を使ったほうが均一のものができるし、値段も10分の1ほどにおさえられますが、天然だからこそできたムラはうつわの雰囲気につながると思いました」

それでも「日用のうつわであってほしい」という今村さんの願いから、うつわはすべてお手頃な価格。中皿やスープ皿などは2000〜3000円くらいの価格帯。おみやげにもおすすめな箸置きは2個入で1200円だ。

92b853d82f1178eab33de6c850e6610f3f6b764d

だけど、この白には
大変な物語が...

その物語を紹介する前に、そもそも有田焼はなぜ青白いのか、という話。

磁器を焼くときには、還元焼成と酸化焼成という2つの焼き方がある。

一般的に、有田焼は還元焼成で作られる。
還元焼成は、炉のなかに燃料を大量に入れ、酸素濃度が低い状態で焼くことをいう。燃えるためには酸素が必要なので、酸素は焼き物の原料から引き抜かれていくのだが、それによって鉄分が青く変色していく。それがあの青白さの理由だ。

一方、JICONのうつわは酸化焼成で作られる。
こちらは、炉のなかに酸素が十分含まれた状態で焼いていく。それによってうつわの鉄分が酸化し、茶色に変わる。JICONのうつわがクリーム色っぽいのはこのためだ。

「JICONのうつわに使っている陶石は、そもそも鉄分が多いんです。こういった石はよくないものとしてうまく活用されず、それが問題となっていました」

よくない石、というのは、低火度で磁器化してしまう陶石のことだ。
有田焼のほとんどの窯元では、高強度の青白いうつわを焼くため、1300度の火に耐えうる石を使っている。これより低い温度で磁器化してしまう石は、有田焼には使えないものとして他産地に安く販売されてしまう。

現在の採掘環境でいい石を採掘するには、よくない石も大量にとれてしまう。採掘コストは上がり、陶石を採掘する会社からは「もうやめようか」という声もあがっていた。

「そのよくない石をちゃんと使えるようになれば、むだに山を掘ることもない。そして、陶石を採掘する人たちも助かるんじゃないかと思いました」

JICONでは、この鉄分の多い陶石を1240度でも焼けるよう独自にブレンド。これまで使えなかったものを活用し、さらにそこで生まれる「生成りの白」はブランドの付加価値となった。

「くせのあるものだから使いづらいところもあるんですけど(笑)、それでもちゃんと使ってあげたい。それが僕の誇り。そしてJICONの意義だと思っています」

ブランド名の「JICON」は、仏教用語の「爾今(じこん)」からきている。「爾今」、それは「今を生きる」という意味だ。有田に長く続く白磁の技術を活かし、その問題と真摯に向き合いながら、今村さんは「今を生きるうつわ」を作り続けている。

A6fce494656add520ac3821b379c6196b9c35439
Licensed material used with permission by JICON
有田焼をはじめとした日本有数の焼き物の名産地「佐賀県・有田町」。その伝統を存分に活かした、新しい製品が話題になっています。その製品とは…コーヒーフィルター...
一脚ずつバラバラの椅子が揃うダイニングテーブル。あ、これ我が家の話です。わざわざすべて同じモノで統一しなくても、お気に入りの椅子を見つけては買い足していく...
金継ぎは、海外でもそのまま「KINTSUGI」と呼ばれ愛されている日本文化。壊れた器などを金で装飾しながら修繕する方法です。ここで紹介する画像は、陶芸家・...
注いだ飲み物によって色が変ってしまうほど薄く、まるで「照明器具?」と疑いたくなってしまうような有田焼磁器を知っているでしょうか。江戸時代から明治時代にかけ...
1828年に誕生して以来、皇室御用達の高級フレグランスメゾンとしての地位を確立し、数々の名品を世に送り出してきたゲラン。この秋発売した新作『フォール フラ...
400年の伝統を誇る「波佐見焼」を、現代のコンセプトで革新するテーブルウェアとして誕生した「HASAMI PORCELAIN」を紹介する。日本の伝統漆器「...
D&DEPARTMENT発行『d design travel』の編集部が厳選したスポットをチャータータクシーで巡る新たな旅のかたち、「シェアトラベル」。第...
食卓には欠かすことの出来ない器の存在。ひと口に器といっても、手触りも、重みも、質感も、色味も、ほんとうにいろいろとあって、どれを買ったらよいのか迷います。...
金閣寺と五重塔をイメージしたテーブルウェアセット「古都うつわ」。これを紹介しようと思ったのは、決して見た目のインパクトだけで勝負しているわけではなく、実用...
周りから一目置かれる「器の大きい人」。上司や部下からも頼りがいがあると信頼されるタイプです。そういう人にはどんな特徴があるのでしょう?また、どうすれば器の...
卵焼きのために作られた、日本ならではの調理器具「卵焼き器」。じつはいろいろな料理に使える万能器具なんです。いつもはオーブンや専用の鉄板で作っていた料理も、...
〈GLORIA(グロリア)〉の「Pro5 スプレーボトル」は、ちょっとカッコつけて噴霧器と呼びたくなります。いかにもプロツールといった外観のせいだけじゃあ...
『bills(ビルズ)』と言えば、あのふっくらまあるいパンケーキ。それから、口のなかでとろけるなめらかなスクランブルエッグ。世界一の朝食が食べられると謳わ...
どこか有名店のクリスマスケーキをあらかじめ予約するのも楽しみのうち。ですが、手づくりで誰かをもてなすのもいいですよ。オーブンがなくても、ケーキ型がなくても...
ケチ、自意識過剰、つねに上から目線。これらは付き合いたくない男性の特徴としてよく挙げられていますが、要するに「器が小さい男はヤダ!」ってことですよね。彼女...
ひとくちに「器の大きい女性」といっても、どのような女性のことを指すのでしょうか。具体的に説明しようとすると難しいですよね。ここでは8つの特徴をまとめてみま...
ファミレスの定番メニューのひとつとして、日本人の舌にも受け入れられた米ケイジャン料理の「ジャンバラヤ」。でもこれ、ピラフなのか炊き込みごはんなのかイマイチ...
水を入れて置くだけで機能する加湿器がコレ。寒暖の差が激しい季節には、風邪予防対策するためにも重宝しそうです。岡田心がデザインしたeco加湿器「マスト」は、...
天草には大小120の島々が広がるとともに、島々には個性豊かな橋がかけられています。海、空、島、そして橋が織りなす美しい風景が広がっています。ここでは、天草...
このプロジェクトの大きな目玉となるのは、佐賀の歴史と地理を語る上で欠かすことのできない、佐賀県がもつふたつの海「有明の海と玄海」をモチーフにした夜景プロジ...