働くことは、生きること。「境界線」をなくした暮らし。

5年前、小豆島に移住してきた三村さん一家の毎日はいそがしい。

月:野菜の収穫、出荷日
火:みんなで畑作業、島の友人とみんなで働く日
水:畑・事務仕事、マイペースに働く日
木:野菜の収穫、出荷日
金:カフェ営業日
土:カフェ営業日
日:お休み(と言っても諸々の準備)

たまには、自由に遊ぶ時間が欲しいな〜なんて思ってしまう時もある。と、笑いながら受話器越しに届いた言葉。ぶっちゃけ話に「そうですよねぇ…」と納得していると、ひかりさんの言葉はこう続いた。

「でもね、自由にいそがしいっていう毎日が、すごく幸せなの」

F5a5c1564918c60c53f0589a7391659ff2886335
拓洋さん・いろはちゃん・ひかりさん

住処を“ひらく”

F43990c0169a800e3e351f0cdef5ce20eac5fb1f

島のちょうど真ん中あたりにある、肥土山(ひとやま)という里山。そこの小さな集落で暮らしている三村さんは、住んでいる家の一部を金曜日と土曜日は解放して、カフェを営業している。

HOMEMAKERS』。食べ物、洋服、家具など、身の回りのモノを色々つくるという意味を込めて、名付けられたお店。

本業は農家で、毎日の畑仕事だけでも大変なのに、週に2回はカフェのオーナーとして、畑で採れた野菜を新鮮なままお客様にふるまっている。

85091c00e3fba19bfc84cf09610108df18c40d6e39f31bf8afb79a22b3f414f632c109eec63b3f801921728cb87066d3e6efbc0f91d04e685bbd504d

暮らしをひらいて、お客様を招き入れる。近所のママ友だったり、都会から来た旅人だったり、地方創生の勉強をしに来た人だったり。

自分たちが毎日暮らしている「生」の居場所で、誰かの心が育まれたり、新しい気づきが芽生えたりする。ふるまって・吸収して、呼吸みたいな循環が家のなかにあると、生命力はどんどん強くなるのだ。

「時間の主導権」は、
いつでも自分が持っている

旦那さんは建築関係、ひかりさんはIT企業勤めと、家族そろって夜ご飯を食べられる日がほとんどないような生き方を変えたくて、島に移住することを決めた3人。

肥土山でも相変わらずいそがしく過ごしてはいるけれど、<家>を拠点に動いている今の生活は、当時とは180度違うもの。毎月決まったお給料が入ってくるわけじゃないし、天気は脅威になる。まだ不安定ではあるけれど、「自分たちでコントロールしている暮らし」は、どうしても治らなかった心のカサブタみたいなものを、きれいに取り払ってくれたのだろう。

“ひらく”をキーワードに、ここで命を根付かせている。

働くことは、生きること

75b1507d47ab171e52c6e038cd7839cf7d8c7602

夏だっ!パワフルな太陽が野菜たちをぐんぐん育ててくれる。

E6a8401f77a12f87a4ce6327e8272d56bdc0a302

今日は友人のイズライフ・堤さんとこでオリーブ収穫お手伝い。

A0cd0752a24c35987db7e6c0c07b7d10f6a1f9bf

いろんな人が来てくれて畑作業。
水曜日はみんなで畑をする日です。癒しのお茶休憩。窓の外は春の陽射し。

98cc01b19be563cc2a6c77bf7694581b4093756d

今週はカレーのかわりに野菜たっぷりのタコライス!デザートは、旬のスモモジュレパンナコッタ。

年間80種類くらいの野菜を育てているので、旬の野菜は次から次へと変わっていきます。1年は約50週だから、週に1、2種類新しい野菜が登場する。そう考えるとワクワクします。来週のまかないの主役はどの野菜かな。

0d0befe7716c2b03b48cf8a20d0d67a314a998e6

里山に、ひっそりと佇んでいるHOMEMAKERS。今日もひらかれた暮らしのなかで、新しいものがこの場所でつくられている。

HOMEMAKERS」 
住所:香川県小豆郡土庄町肥土山甲466-1
TEL:0879-62-2727
営業時間:11:00〜17:00
(ラストオーダー 16:00)
営業日:金・土

Licensed material used with permission by HOMEMAKERS, (Instagram)
カリブ海に浮かぶロアタン島(ホンジュラス)で生活する、フリーライターAmanda Walkins氏は、ワシントンD.C.からの移住組。南の島での実体験を綴...
「この島で彼と生きてゆけば、私は絶対に幸せになれる」そんな直感に突き動かされ、日本での何不自由ない生活を捨て、世界最貧困レベルに属するフィリピンの小島へと...
例えば、もしあなたが喧噪とした今の生活を離れて、島で暮らすとしたらどうだろう? そんな夢想をしたことがあるだろうか?「島」ということばを聞くと、無性に心が...
「あれ、今、私って幸せなんだっけ?」もし、都会のビルの狭間で自分自身を見失いそうになったら、ぜひとも訪れてほしい島がある。フィリピンのセブ島から小舟で約1...
以前、TABI LABOでも紹介した「guntû(ガンツウ)」。瀬戸内海を周遊する宿泊型の客船で、ついに10月17日(火)に就航するそうです。最近、なにか...
海外で暮らしたら、さぞかし楽しいだろう。漠然とそう思ったことがある人も多いでしょう。でも現実は、そんな単純なものじゃなさそう。独・ベルリン在住の女性ジャー...
ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅の中から3つピックアップしたもの。「のんびり、ゆったり、まったり」。波の音でも聞きながら、ビール片手に、い...
本田直之さんと四角大輔さんの共著『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには』では、仕事とプライベートを分ける「ライフワーク・バランス」ではなく。「...
アウトドアが魅力的なのは、なぜでしょうか。自然に触れられるから?美しい風景を眺め続けられるから?食べ物が美味しいから?ノルウェー北部に暮らす5人家族は、2...
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
家に置けるものは、たったの「108個」だけ。そんなコンセプトの家・マイクロハウスをつくっている会社が福岡にあります。ものを持たない、つまり丸腰であることか...
ひとり暮らしは、自由の象徴。全裸で踊り狂ったって誰もあなたを咎めません。ただその分、責任も発生します。「Elite Daily」のライター、Laura A...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
誰の目も気にすることなく、のんびりと生活できる「ひとり暮らし」。頼れる家族やルームメイトから離れ、すべてひとりでこなしていくのはちょっと不安かもしれません...
亜熱帯に属する西表島は、自然が猛威を振るい続けたがために、結果として美しい自然を現代に残している。島を巡るための道路は半周しかなく、自然がありのままの姿で...
ハワイ・オアフ島には、地元のロコしか知らないビーチがまだまだたくさん。そのひとつがここ。金曜日のお昼から週末限定でオープンする、隠れ家的スポット。ため息が...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹...
一人暮らしをはじめて、「丁寧な暮らし」に憧れていても、何をすれば理想の生活に近づけるのか、わからない人もいるでしょう。そこで、一人暮らしで実践しやすい丁寧...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...