5組の家族のためだけに用意された、「縄文時代にタイムスリップする旅」

食欲の秋、芸術の秋、文化の秋。秋にはたくさんの楽しみがあるのに、過ごしやすい季節はとっても一瞬。あっという間に過ぎ去ってしまうのもまた、秋ですよね。

今年は家族で何しよう?と考えているうちに、秋がどこかに行ってしまわないように、楽しみをギュッと詰め込んだ特別なツアーが行われました!

その様子をおさめた動画はこちら。

秋の恵みを
家族みんなでいただきます!

15b050ddf906514e3387e0b81eb724ead329cf03

日本まるごと家族で遊ぼう”をコンセプトにした「ASOBO JAPAN」による企画の第6弾は、「アート体験」「食育体験」「文化体験」を、家族みんなで楽しみ尽くす『AUTUMN CANVAS』。

舞台は、新潟県十日町市。応募総数約10万人の中から選ばれた、とってもラッキーな5組の家族が参加しました。一行が最初に向かったのは、『蒲生の棚田』!車を降りると目の前には、まるで絵に描いたような棚田が広がります。

F24b3d5d273daacf51e41bad13b1ba03ac72d74b

最初の体験はやっぱり「食」!『蒲生の棚田』で、この秋穫れたばかりの棚田の新米をいただきます。が、炊きたてのごはんをただ食べるだけじゃぁ、特別な旅にはなりませんよね。

なんと、会場に用意されていたのは「千歯扱き」に「足踏み脱穀機」、そして「かまど」!収穫後、乾燥させた稲穂から、お米を取るところからのスタートです!

227c57a4972d11ce0f5cdaa74d559fc356552c33B4626bf29f27e2d3cba38030e0d17aad70d80738

見たこともない道具にぽかんとしていた子ども達も、いざ実践となると頼りになります。どんどんコツを掴んでゆきます。お父さん、お母さんも一緒に家族で力を合わせて脱穀していきますが、 「あれ?まだこれだけしか取れてないの?」「自分の食べる分くらいは出来たかなぁ?」なんて言いながら、大昔の苦労を体験していました。

286ec589fe2d739b5a94fb3c8ed3c6739a2aea57401350ef802dd49f81bd3ef8c63926e2fb34fb4b

そうそう、ここではCANONの一眼レフカメラが一家族に一台ずつ貸してもらえたのですが、初めて手にするカメラに皆も大興奮!子どもでも簡単に操作出来るから、皆手放しません。タッチパネルのあまりの便利さに「スマホみたい!」と驚くお母さん。だけど「スマホとは一味違う写真が撮れますよ」とコツを教えてもらっていました。

棚田の新米が
おいしすぎる!

E4c63ce115a60580ad0d167f034e8bf39aa18d31

お米が炊きあがったら、待望のお昼ごはん!メニューは、炊きたての新米と、クックパッドさんが今回の新米のために特別に開発したおかず、「妻有ポークのかぐら南蛮味噌生姜焼き」「カレイとトマトのブイヤベース」です。

80f27bb80ecc51efec31e71cd9f19b39a648d3d4Cb6c264ce6ef338cafd2d2bf9e13efcc53a49162

いただきますをした途端に聞こえてきたのが、大人たちの「お米、おいしい!!」という驚きの声。「お米だけで永遠に食べられそうだ…」なんていう感嘆の声も。それもそのはず、「棚田の新米」は、お米が美味しくなる魔法の要素を兼ね備えているのだそう。山の養分が田んぼに溜まり、機械が入れないから人の手で手間を掛けて育てられる棚田のお米。実は高級料亭によって指名買いされているなんていうエピソードも。

Dd3bd0591013527764d3fb6514f26274e924f0d8

初めて稲穂を触ったという子がほとんどで、まだもみ殻に包まれているお米をむいて、生米を食べてみたり、匂いを嗅いでみたり……毎日当たり前に食べているお米のこと、もっと好きになってくれたみたいです。

子どもも大人も全力アート!
巨大お絵描きで個性を爆発だ!

066e733c7deae340dc3453f1d61eff7f6b4fe55b

お腹がいっぱいになった後は、棚田をバックに巨大お絵描きが始まります!このアートを監修してくれるのは絵本作家「La ZOO」の皆さん。

おーっきなキャンバスに、全身を使って「ふしぎな海の中の世界」を描いていきます。水を張った棚田に青空が映ると、綺麗な青い海のように見えるそうで、そこから着想を得たのだとか。

E6b2be9c210069ae4abe2be23526d59e9bbe0324959e5f47ef235edbc4ef05965032b6cd4bd5fbd1

 タイヤ、ビニールプール、黒板消し…これどうやって使うの!?という道具がズラリ。だけどルールは一切なし!真っ白だったツナギにひとたび絵の具がつくと、みんな吹っ切れたように大胆になっていきます。

「家でやったら絶対に怒るけど、今日はOK!」と、顔にも髪にも絵の具をペタペタ!一番はしゃいでいたのは、実はお母さんたちかも(笑)。

Bee5d64ab0f7d20ca81b04d0da7dff9722bf6284

10m×50mの巨大お絵描き、最後のシメはみんなで巨大クラゲを描き上げます!なぜか持ち寄った色は赤やピンクが多かったけど、「せーの!」で引き始めた線は個性そのもの。みんなの筆はこびにはもう全然迷いが無くなっていて、クラゲらしい足を上手に描いたかと思いきや、信じられないほど長い線を描き上げる子、ローラーを上手に使う子、点線でオシャレな足を描く子。思いっきり、個性を爆発させていました。

一夜限りの特別な宴
縄文レストランでタイムスリップ

5164251427f694f0d96b9bd56ac56bc12793f696

巨大お絵描きでヘトヘトになったカラダを、十日町の名湯『松之山温泉』でちょっと休めてあげた後は、お待ちかねのディナー!『笹山遺跡』を舞台にした一夜限りの縄文レストランです。

ライトアップされた竪穴式住居、煌々と燃える松明、ロケーションは縄文時代さながら。テーブルセッティングはオシャレ仕様で、素敵な夜を演出してくれます。

D63d7b3aaf72699c492281effe2a2569a5e3466aD7eecd9f3889c7107537e90286a0b9a1e9c061e6

本日のメニューは、4500年前の縄文人も食べていたと言われている、どんぐりや、ニジマス、稗・粟を随所に取り入れた特別なもの。「どんぐりって、食べられるの?」と目を丸くしていた子どもたちも、ぺろりと平らげていました。

C6b41552b596d85a94ff9f36f096271d5f2a7f62

あいにく、小雨が降りはじめた夜。少し冷えてきた身体を温めてくれるスープも用意されていました。案内人に誘われて竪穴式住居の中に入ってみると、なんと、国宝の『火焔型土器』(のレプリカ)が炉のなかでぐつぐつと音を立てているではありませんか!

Ff580b197ef0a99c84dcb150e0228d306b692508

「昔の家なのに、暖かい!」「土器って本当に料理が作れるんだ!」と、昔の生活にも発見がたくさんあったみたいです。具だくさんのあったかスープで、みんなの顔と身体がほころびました。

芸術の街・十日町
今昔のアートをハンティング!

3abe7a3b1ef78cc79ba3aa4df7c69de774061bb2

2日目のスタートは、十日町博物館。目玉はやっぱり何と言っても国宝の『火焔型土器』です。「昨日見たやつだね!」と縄文レストランのことを思い出しながら、子どもたちも興味津々でした。

最後はSERENAに乗って、『大地の芸術祭』の舞台となっている十日町市のアートハンティングに!想像力をかきたてるようなインスタレーション作品も多く、思い思いの芸術鑑賞を楽しみました。

家族に嬉しい充実設備で
移動もストレスフリー!

Beeddc549917ba50319bdf50ec45a8e4cd1eef86

今回の旅も、家族の移動をサポートしてくれたのは日産SERENA。車内はとっても広々としていて「助手席から後ろまで、ぜーんぶ歩けるね!」とお子さんも大興奮!

USB電源ソケットも完備しているから、スマホの充電をしたり、タブレットで動画を見たりすることだって出来ちゃいます。

4a14184606ff92dc3294d71c0f04bc14b40c2dd4

もう一つ、安全運転を支える技術も。日産SERENAに搭載されている「プロパイロット」という技術は、車速を設定すると、自動で前の車や白線を認識して運転サポートしてくれるというもの。

「おまかせで最適な走行をしてくれるから、無理に追い越したりする必要を全然感じなかったんですよね」とは、実際にトライしてくれた藤吉さんのコメント。「運転手って早く着きたい!とどうしても思ってしまうけど、10分早く着くよりも、無理な運転をしないことの方がストレスがないってことがわかりました(笑)」と話してくれました。

次回の「ASOBO JAPAN」は…

A7533178ba42d7f269c0a9de1638edd2ca5a70e7

クリスマス特別仕様のツリーハウスに泊まる特別なキャンプ体験「Xmas Treehouse」。応募の締切は11月17日(金)17:00となっているので、気になる方はお早めに!

「ASOBO JAPAN」プロジェクト参加一覧

「ASOBO JAPAN」プロジェクト協力一覧

「ASOBO JAPAN」には、これらの企業やブランドが参加しています。それぞれの特徴を活かした“遊び”をぜひ楽しんでくださいね。

夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
人生は旅のようなもの。旅で大切にしたいのは、どこに行ったかよりも、何を感じ何を考えたか。だからこんな「トリップ体験」ができたら、どんな国を訪れるよりもよっ...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
GWも中盤に差し掛かりましたが、みなさんいかがお過ごしですか?そろそろ旅行の疲れが出てきた頃でしょうか。痺れを切らすほどの渋滞のなかでこの記事を読んでいる...
28歳のGarrett Geeさんは、共同創業でScanという会社を立ち上げたのですが、2014年には会社を売却し、その売値は5,400万ドル(約60億円...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
ScottとEmilyのManning夫婦は、大の旅好き。ふたりは大学を卒業してから新居を探していたのですが、ちょうどいい家がなかなか見つかりませんでした...
旅行の写真って、見返していますか? Instagramにアップしておくだけだったり、撮って満足して1回も見返さない、なんて人もいるかもしれません。旅先で感...
旅好きのあなたに一つ質問を。旅行に持って行くシャンプーのサイズって、結構悩ましくないですか?大きすぎると荷物になるし、持て余すのもイヤ。かといって、小さす...
旅行に行きたい、と言いながら早半年…。ずるずると予定を先延ばしにしたくないなら、旅行上手な友だちに頼ってしまいましょう。「Elite Daily」のKri...
モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。夜は巨大なディナー会...