風が吹くたびに、1600年前のイギリスにタイムスリップできるアート。

何年も前に聞いていた音楽を久しぶりに耳にすると、ふと当時の思い出が蘇ってきたりします。視覚や嗅覚と同様、聴覚にも記憶と結びつく不思議な力があるのかもしれません。

さて、イギリスのとある街に出現した「CAVALRY 360°」は、そんな力を利用したインスタレーションです。

目を閉じて耳をすませば
そこには駆け回る馬の姿

Beb54b6d32394a95de2c6b3c1a8c44edac0f67f0D09ae310b9ca659b73ab4ee3795275e037dd1de2

この円形の作品は、馬が歩くときに発する音を奏でます。仕組みは、先の丸い部分が風をとらえて風車のように回るたびに蹄の音を出す、というもの。

製作者Mark Nixonは、訪れた人にぜひインスタレーションの中に入って欲しいと言います。目を閉じれば、馬が駆け回る様子が思い浮かぶから。

82fb57b5e56d94514aa2c22b00854167fba3778a00d2ee64865526774bbf29c5cbf40f344735e1ea

Markがこの作品を手がけた理由には、リアルな歴史を感じてもらいたいという想いがありました。

このインスタレーションが設置された「Chesters Roman Fort」は、1600年前に建てられた古代遺跡。かつて、ここでは多くの人が暮らしていたようです。生活水準は高く、戦士たちが休める浴槽があったというほど。そんな彼らの足となっていたのが、500頭以上の馬。

3d45bc57193daaf8a646090068107b3afb93995853dec7a006350577ab97c5c47d095b2dfa0bd46316ebaf1d9af8e5d5831c0c3008303b25297b09ad

今は静かでも、当時は人と馬の活気であふれた場所だったはず。しかし、文字だけで歴史を伝えるのは難しい、と彼は考えたそう。そこで思いついたアイデアが、蹄の音を奏でることで当時の情景を蘇らせることでした。

Markは言います。

「Cavalry 360°は、観光客に新たな形で歴史を見せることができます。ちょっと変わった方法をお楽しみください」

Licensed material used with permission by NEON
世界で初めてスーツを着ている競走馬がお披露目されたのは、「Cheltenham Festival」。毎年イギリスで開催している、競馬の障害競走のイベントで...
ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。そんなとき「Airbnb」を使えば、...
1989年公開の映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』で、主人公マーティが向かった30年後の未来。それが2015年だったって知ってました?タイ...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
マンチェスターとバーミンガムの間に位置する歴史の深い産業都市ストーク・オン・トレントは、ファンタジー映画に出てくるようなレンガ造りの大釜などが特徴的で、観...
足跡ひとつない雪原を踏みかためて図柄を描く「スノーアート」の第一人者。イギリス人アーティストのサイモン・ベック氏は、たったひとり10時間以上かけて、これら...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?ハリー・ポッター?ベネディクト・カンバーバッチ?それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
飼いはじめたばかりのペットが新しい環境や家族に慣れるには、それなりの時間が必要ですよね。とくに日中、家で独りぼっちになる時間が多ければ多いほど、心配事は尽...
片付けても片付けても、部屋を散らかすルームメイト。使ったものもそのまま置きっぱなしでイライラ…。もはや「片付けろ!」と言うのにも飽き飽きしてきたので、アー...
動物と人との関わり合いをテーマに、長く写真を撮りつづけてきたシャルロット・デュマ。彼女の写真と向き合うとき、そこには、ただ「言葉なく見つめる」時間だけが流...
ネズミのための遊園地、ハムスターのための一軒家、と動物のための施設を今までも紹介してきたけれど、今回はひとあじ違う。4月の3日間限定ではあるが、世界初「ネ...
もし自分が一国の王なら、何を使って権力を示すだろうか。金やダイヤモンドを使ったジュエリー。とてつもなく大きな城。いや、マヤ文明の出土品のコレクション、なん...
国民投票によるEU離脱が決まったイギリスでいま、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えているといいます。再投票を求めるアピール?ではありません。これは、...
「使える」かどうかは分からないけど、イギリスの不思議なスラングを紹介しましょう。英語の勉強に疲れたとき、少しでも役に立てばいいのですが…。ちょっぴり皮肉屋...
パリにあるCitéInternationale Universitaireの学生寮は、老朽化対策でリノベーションされることになりました。その取り壊し前に、...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
イギリス出身のアーティストDan Rawlingsさんの作品は、標識や車、ノコギリ、タンクなどといった生活に根付く金属類から驚くほど繊細な草木、人のシルエ...