子どもしか購入できない「本物の自動車」が登場・・・しかも燃料代はメーカー持ち!?

タイトルに興味を持ってこのページを読んでくれたアナタ。ご安心ください。タイトルは煽りではなく、事実です。
信じられないことに「15歳以下の子ども」にしか購入資格がないという自動車が発売されたのです。

し・か・も

①ナント日本のお話です!

こういった「トンデモ情報」。時々ネット上でも見かけるけれど、たいていは海の向こうのニュース。でも、これは日本国内のお話なんです!!

150214_nissan001

②15歳以下に限定しているのは、
「夢と希望を持っているから」

ちゃんと理由があるんですね〜。蛇足ですが、実年齢が16歳以上でも「夢と希望を持っている」と証明できれば、購入資格は認められるそう(笑)。

③その車は世界に
9台しかありません

めちゃくちゃプレミアム! 購入の権利は厳正なる抽選によって決められるそうです。

150214_nissan002

④お値段は
325万円(消費税込)から

当然高価なのかと思いきや、お値段はごくごく一般的。ちなみにファミリーカーに最適なミニバンタイプとなります。

150214_nissan003

⑤購入者には
「世界一周分のガソリン代」を
プレゼント!

世界一周は約4万km、ガソリン代は130円/リットルで計算。つまり、約40万円のプレゼント付き。そこには「家族で冒険心を持って、ドライブして欲しい」という想いが込められているのだとか。

最後にちょっとだけヒントを
誰もが知るあの海賊たちとドライブできる車です(笑)
ピンときたら、下のボタンをタップ!

※このキャンペーンは終了しています

Sponsored by 日産

ビジュアルは完全にあの名車。でも、実はこれ、ポルトガルのCircu社が開発したもの。あれ、VWじゃないの?屋内に設置されているところを見ると、どうやら通常...
総合旅行サイト・エクスペディア(Expedia)が、セント・ジュード小児研究病院で小児ガンとたたかう子どもたちの「夢の冒険(Dream Adventure...
入院中の子どもたちにも、クリスマスを。オーストラリアの写真家、Karen Alsopさんは、ついにその思いをかたちにしました。「病室から出ることのできない...
林 季一郎 Kichiro Hayashi平岩 隆 Takashi Hiraiwa世界一周の旅のテーマは、本物の冒険を共有すること。林さんは慶應大学、平岩...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
閉店後のノースカロライナ州のショッピングモールで、自閉症の子どもを持つ家族向けの、サンタ記念撮影会が“ひっそり”と開催されました。多くの人が行き交う場所、...
大人と子ども。どちらの自分により幸福感を感じるでしょうか。年齢を重ねればできることも増え、好きなものだって買えるようになるかも。しかし、統計結果からみても...
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
夢に出くる「車」は人生におけるあなたの原動力を示しています。車の種類や色、状態、シチュエーションによって、夢の示す意味が変化します。同じ夢でも、夢の印象に...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
2015年12月25日(金)、サッカー日本代表の本田圭佑が『ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA』にてイベントを開催。子どもたちと一緒...
タイムマシンがあって、子どもの頃の自分にアドバイスができるとしたら、あなたはどんなことを伝えたいですか?恋愛や人間関係のアドバイス、大人になったからこそ気...
カナダの企業「Carbon Engineering」が開発したのは、空気をフィルタリングすることで二酸化炭素濃度を削減することができる新しいシステムだ。加...
どの国にとっても、クリスマスは特別な季節。街中に魔法がかかったような冬のひと時に、ポーランドのIwona Podlasińskaさんは、自分の2人の息子と...
旅行に何を持って行く?この写真を撮ったKim Leuenbergerの答えは、ミニカー。彼女はある日、両親からフォルクスワーゲン・ミニバンのレプリカをプレ...
イエローの車体色が統一されている台湾のタクシー。初乗り70元はランチ代と変わりませんが、MRT(地下鉄)の普及もあり、空車は対向車線からUターンするなど客...
バカな事もたくさんやったり、悲しい経験もしたり、いろんな思い出が詰まっている10代。多感な時期に経験したことは、誰でも忘れがたいものです。「Elite D...
結婚したら、次は子ども…なんてステレオタイプなイメージは未だに根強くありますが、子どもを持つかどうかは夫婦にとっても重大な選択。経済的に難しいと考える夫婦...