「重り」を載せるだけで光るライトが登場!日本からも購入可能

近年はソーラーパネルを利用した自然由来の電力利用が次々と開発されている。しかし、蓄電機にかかる費用はまだ安いとは言えないのも事実だ。

ここで紹介する「GravityLight 2」は、重りを載せるだけで光を出力することができるライト。低コストで安全性も高いとあって、世界中の注目が集まっている。

85singo_s2zxqnalzmpakov0jttq

85singo_z1wen0tfvg4v7koai5ae

電気が十分に普及していない途上国では、これまで暗がりを照らすために灯油が利用されてきた。しかし、灯油から排出されるガスも有害だ。多くの人が、タバコに換算して1日40本吸うのと同じような影響を被っていたという。さらには、火災の原因になることもあり、なによりもお金がかかっていた。

85singo_fkvfqtamyyds6dylwspu

85singo_bvc6yyrs5wv81wgxasfk

しかし、このライトであれば、必要な作業は重りを載せるだけ。ゆっくりと重さで鎖が落ちていく30分ほどの間、明かりを手に入れることができる。重りは9kg程であればどんなものでも代用できる。

スイッチひとつで電気がつくのが当たり前の日本から見れば面倒な作業かも知れない。しかし、一手間で、お金をかけずに明るさを手に入れられ、他の機器へと電力を供給することもできるというのは確かな価値だ。

そして、製造が行われてているのがケニアというのもポイントだ。これまでも各国でテストが行われてきた製品だが、今回ケニアに工場を設置することで雇用を促進する狙いもある。便利さにプラスして現地の経済活性にも期待がかかる。

今のところ、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で資金を募っている最中で、10ドルから寄付することができ、日本からでも間接的に「GravityLight 2」をケニアの家庭へ贈ることができる。その他にも、自分用に購入できる選択肢もあるが、アイテムとしてのユニークさも手伝ってか、早くも売り切れに近い状態だそう。

順調に資金が集まれば、 2016年には出荷される予定。日本での利用を考えても、キャンプや緊急時など、活躍する場面は沢山ありそうだ。

Reference:INDIEGOGO
Licensed material used with permission by GravityLight

将来的には水田を発電所と呼ぶようになるのかもしれません。オランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“収穫”する技術。まさに...
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
光。それは人類の生みだした英知の象徴。先進国の都市ならば夜でも眩しいほどに明るいですが、別の国や山に登ったり、あるいは災害に見舞われたときなどは、闇夜を照...
会期を1日延長して、どうにか採択を迎えたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締結国会議)。アメリカ、中国、インドなどを含めた196カ国が温室効果ガス削...
「再生利用可能エネルギー」という言葉自体はよく見かけるようになりました。が、まだまだ有効活用しているよ、という人は少ないですよね。でも、世界的には着実にそ...
再生可能エネルギーで生活できる街をつくろう。という計画は、実験段階ではあれど世界中で始まりつつあります。フロリダ・フォートマイヤーズもそのひとつ。エジソン...
「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」が...
日本では「湯水のように使う」という言葉もあるように、水は気軽に使えるものの代名詞。でも、世界的に見ればそれはとっても珍しいこと。今回紹介するガーナの村も、...
米・企業「SolarWindow Technologies, Inc」が開発しているのは、建物の窓ガラスが太陽光発電できるパネルになる優れもの。その見た目...
タトゥーよりもビビッドで、ブラックライトで照らすと光る、ド派手なボディペイントとして話題になっているのがコレ。しかも、驚くほど気軽に遊べるのが特徴なんです...
「Co.Exist」の記事よると、フランス政府は「620マイル(約1,150km)のソーラーロード建設」を予定していて、もし実現すれば人口の8%にあたる約...
鹿児島県鹿屋市と大崎町にまたがる事業用地に、太陽光発電所を建設する計画が発表された。およそ200万m2の広大な敷地に設置されるのは、約340,740枚の太...
再生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそ...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
毎日、厳しい冷え込みが続く「冬」。でも「夏」はあんなに暑かったのだから、その熱が今あればいいのに…。誰もが一度は思うものです。四季があるのは素敵だけれど、...
昨年末、フランスはノルマンディーにある、Tourouvre au Percheという小さな町に、ソーラーパネルでできた道路が開通した。これまでに、太陽光発...
高架橋の柱と柱の間に見える時計の針のようなものがついたいくつもの丸い穴。かなり奇抜なデザインだが、それだけではない。その機能性に注目だ。「Solar Wi...
「Science Daily」に、中国海洋大学と雲南師範大学の科学者によって開発されている、太陽光と雨粒の両方から発電可能なソーラーパネルが紹介されました...
ブルース・ガードナーは、ニューメキシコ州アルバカーキにいる。どうやら究極の「光る泥だんご」を追い求め、日々研究と実験を重ねているようだ。きっかけはある人物...
これまでネガティブな印象しかなかった「貧乏ゆすり」を、まさかの逆利用で発電させてしまう、画期的な椅子が登場。あの無意識のストレス発散が、周囲の人にもエネル...