劇作家

駆ける馬、舞う砂塵、荒ぶる無頼、鳴り響く銃、薫る硝煙、そしてカウボーイハットの下から覗く鋭い瞳。アーティストのフェリス・ハウス(Felice House)...
ベルギー・アントワープで開催されたブックフェアの会場で人気を集めたのは、著名な作家8人によるサイン会でした。しかも12日間ノンストップで行われ、選ばれた作...
生きていく上で、最低限のお金は必要ですが、お金を追う毎日に縛られすぎて「人生を楽しむこと」を忘れていませんか?テレビで見た美しい絶景を自分の目で確かめたい...
あなたは、自分の息子に好きな相手ができたことを打ち明けられたとき、どう答え、何をアドバイスしますか?ここで紹介するのは、ショーン・アッシャーさん編集の『注...
ジョン・キム氏は作家だ。ただし、ただの物書きではない。自身の生き方に基づいた力強い言葉で、読む人を鼓舞する作家だ。輝かしいキャリアを振り返ることなく、自ら...
ホロコーストを生き延び、平和に至るまでの苦しみを長く世界に訴えかけてきた、ノーベル平和賞作家のエリー・ウィーゼル。2016年7月2日、彼はNY・マンハッタ...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、一皿でしっかり栄養の取れ...
せまい考え方に捉われず、柔軟な発想でものごとを見極める。どんな問題が起きても動じることなく、それを受け入れる心のゆとりがある。人生の4回の表のはじまりを孔...
 001.予想外から生まれる、面白い世界 目崎さんの経歴はとても興味深いですが、学生時代にいまにつながる体験はありますか?日本の大学に通っている時は、「日...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
特にお目当てがあるわけではなく、気に入った本を買おうと書店に行く。そんなとき、あなたはどうやってその一冊を選びますか?作家?それともタイトル?もしかしたら...
TABI LABOでは、月に一回「ReTHINK=考え直す、再考する」をテーマにしたイベントを開催しています。今回ReTHINKするのは「HOUSE=家」...
「I Heart Intelligence」において、ライターのEevee G氏が、クリエイティブな人の19の特徴について書いています。人とは違った視点で...
佐々木俊尚さんのインタビューは、前編・後編の2部構成です。前編の本記事では、佐々木俊尚さんの旅の経験や今の日本のマインドについてのお話を掲載します。 いま...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
「100 Books to Read in a Lifetime(生きてる間に読んでおきたい100冊の本)」は、アマゾン編集者が投票で選んだ「100冊」の...
Q「あなたが一番影響を受けた本はなんですか」A「銀行の預金通帳だよ」by バーナード・ショー (劇作家)金は世界で一番重要なことではない。愛こそ一番重要で...
『INNOVATION OF WORK』~あなたと共に「働くを新しく」する、1日限りの限定トークイベント~presented by CRAZY × TAB...
イスラム国(IS)の収容施設に、米特殊部隊が急襲作戦を展開、人質救出の一部始終を捉えた映像が、クルド人自治区治安委員会(KRSC)によって公開された。小型...
20世紀を代表する作家、アーネスト・ヘミングウェイ。代表作は『武器よさらば』や『誰がために鐘は鳴る』、『老人と海』などで知られています。彼が残した言葉は、...