亡くなった有名作家の「サイン」をロボットが完全再現。欲しい?欲しくない?

ベルギー・アントワープで開催されたブックフェアの会場で人気を集めたのは、著名な作家8人によるサイン会でした。しかも12日間ノンストップで行われ、選ばれた作家の中には、90年以上前に亡くなった人もいるそうです。ひょっとして…幽霊?いいえ、そうではないんです。

本人の筆跡を分析して
ロボットがサイン

9d4c189a168b07e4f6620bd1048692a5892ac99d

このサイン会、じつはロボットによるものなんです。著者の直筆から筆跡を分析し、目の前で本人と同じサインを書いてくれるというもの。著者を選んで名前を入力すれば、約90秒でちゃんと自分の名前入りサインがもらえます。

050113175c54a827fb23bc646798556064730e736b5ca9f07c4c187a6db9586779edc32285f7282c

権利もクリアした
正式な「ロボットサイン」

いくらすでに亡くなっているからといって、本人のサインをロボットにさせてしまって大丈夫なのかって?そこに関しては、きちんと本人や権利を持っている団体と協力し、あくまでも“ロボットによるもの”として販売しているので、大丈夫なのだそう。

また、ヨーロッパは長く続くサイン文化から、筆圧などを組み合わせた鑑定の技術も進んでいます。権利トラブルなどが気になるところですが、まだまだロボットが完全に人間と同じサインをするのは難しい、というわけです。

ファンなら欲しい?
欲しくない?

F6d972628bee60dfad4a371df5910b828a157b88

でも、亡くなった作家の筆跡まで保存されていて、いつでもロボットにサインしてもらえるとしたら、今後「サインの価値」って一体どうなっていくんでしょう。もちろん、その場でサインしてもらえたという体験はオンリーワンですが、オークションなどの価格は暴落したりして…。

とはいえ、もう亡くなってしまった作家であれば、ファンとしては「自分の持っている本にサインが欲しい」という気持ちは捨てがたいのかも。

Licensed material used with permission by DDB Brussels
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
従事者不足や負担軽減が慢性的な課題とされてきた介護現場に、テクノロジーが変化を与えようとしている。という話題は、もう数年前から耳目にしてきたことだけど、そ...
頭に風車をつけて砂浜をテコテコ。一見するとオモチャのようですが、実はAI(人工知能)を搭載した、立派なロボットなんです。事前にプログラムされた詩ではなく、...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
人間の言うことをきかないロボット。と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか?実際に見てみましょう。男性「座って」ロボ「オーケイ。(ウィィイィンン…...
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
健康のことを思ったら、毎日サラダを食べるべきなのは分かってる。でも、自分で作るのは意外に手間だし、飽きないように工夫しようと思ったら、けっこう大変。だった...
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
単調な仕事、のしかかる負担、過重労働。そして、その先に待ち受けていることとは…。映像クリエーターMichael Marczewski氏が監督した、3分ほど...
「天使」の存在を感じる人がアメリカには多くいるようです。でも、それを証明するのは難しく、なかなか理解してもらえない…。そりゃそうですよね。じゃあ、「天使な...
ドイツの企業「Festo」によって開発された蟻型のロボットが凄い!最新のテクノロジーニュースを取り扱うメディア「PSFK」の記事によれば、なんとインターネ...
世の中に便利なデバイスは数多い。とくにウェアラブルカメラやドローンのジャンルは、ここ数年で一気にブレイクした感があります。が、ここで紹介するのはもう一歩先...
「ロボットがメッセージを書き出して、誰かに伝えてくれる」。これを聞いたときに、そんな時代がやってきたんだなって、ちょっとトキめいてしまった。現在、ロンドン...
先日、NASAは「PUFFER」の試作機を発表。この調査ロボット、パタっと折り畳まれたり開かれたりと、自由自在に変型可能。実はこれ、日本の「折り紙」にイン...
飛行機に乗っていると、客室乗務員同士でハンドサインのやりとりをしている様子をよく見かけます。その内容が気になったあるユーザーが「easyJetのハンドサイ...
ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各...